新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン / navi

クルマニュース

【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン / navi

(2019/11/17)


▲トヨタ カローラツーリング
▲2019年9月にカローラフィールダーが担っていたステーションワゴンのポジションを引き継ぎ、新モデルとして登場したトヨタ カローラツーリング。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏による公道試乗の模様をレポートする

ツーリングが帰ってきた

カローラには初代からワゴンタイプはあったものの、荷物を載せる用途としてのいわゆるバンのイメージが強かった。

完全な脱却となったのはハイメカツインカムを搭載した、6代目カローラあたりではないかと思われる。

グレードにも“Gツーリング”というものがあった。

しかし本当の意味で、まったく新しいスポーティなワゴンとしてのカローラは、8月に登場した3ナンバープラットフォームを用いた “カローラツーリング”のみである。

セダン同様、ボディサイズが日本仕様に変更されているというアナウンスは、今さらもう必要はないだろう。

ハッチバック系の弱点は、セダンに比べリアの開口部の広さによって剛性が低くなるという点だ。

しかしカローラスポーツでは、剛性に対してはホットハッチらしいパフォーマンスがしっかりと付与されていた。

すでに試乗記でも記述しているが、リアの剛性感は申し分ない。

カローラスポーツの試乗記はこちら

今回は同じハッチバックでも、スポーツとワゴンタイプであるツーリングとの違い。また、4ドアセダンとの差もご報告したい。


▲トヨタ カローラツーリング 荷室
▲奥行きも確保された大きな荷室スペース

スタイリングを重視したリアデザイン

我々が試乗したモデルは、ツーリングのハイブリッドモデルだ。

スタイリングは、今までのカローラとは決別したスポーティな装いだ。

個人的に好きな、ルノー メガーヌスポーツツアラーの雰囲気もある。

リア部分をスペースパフォーマンスにこだわらず、スタイリングで勝負したところに新しいカローラを感じる。

シートに収まる。他のカローラとの大きな差異はない。

ただ、Bピラーからクオーターウインドウまでしっかりとガラスで見やすいようになっているので、カローラセダンよりも開放感がある。


▲トヨタ カローラツーリング 後方
▲フロント方向から流れるようにリアに向けて収束していく造形は、流麗かつスポーティでもある
▲トヨタ カローラツーリング 内装
▲広い視野が確保されているフロントビュー
▲トヨタ カローラツーリング 後席
▲セダン同様、スペースにゆとりのある2列目

形が変わることによる難しさ

正直、ドライビングもあまり変わらないのではと思っていた。

しかし、ハンドルを握ってから100m走るか走らないかの距離で、すぐにわかる部分がある。

それは静粛性だ。

プラットフォームは同様でも、リアの空間ひとつで変わってしまうことがよくわかる。

走行中のタイヤハウスからの音が、セダンやスポーツに比べると大きい。

後席に乗る編集者とも、会話がしずらいのである。

ちょっとした空間ひとつではあるが、ここまで違うとは、兄弟車種を手がけるエンジニアの苦労も感じとれる。

後部に人を乗せていないと、セダンと比べてリアの振幅する収まりが速すぎるため、乗り心地は幾分ハードだ。

スポーツツーリングだからこのくらいも良いのかと感じるが、しなやかさはセダンとスポーツの域まで届いていない。

スポーツは1年でダンパーの変更もしてきた。ツーリングも年次改良で改善することを楽しみにしたい。

より需要があるモデルには、必ず改良版が出るはずである。


▲トヨタ カローラツーリング
▲今後も進化を続けるスポーティな走りに注目だ 文/松本英雄、写真/篠原晃一

【試乗車 諸元・スペック表】
●1.8ハイブリッドS

型式 6AA-ZWE211W 最小回転半径 5.3m 駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.5m×1.75m×1.46m ドア数 5 ホイールベース 2.64m ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.51m/1.52m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 1.8m×1.51m×1.16m 4WS - 車両重量 1370kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 1645kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.13m マニュアルモード - 標準色

スーパーホワイトII、シルバーメタリック、セレスタイトグレーメタリック、ブラックマイカ、ダークブルーマイカメタリック

オプション色

ホワイトパールクリスタルシャイン、スパークリングブラックPクリスタルS、スカーレットメタリック

掲載コメント

※T-Connect標準サービスは5年間無料です

型式 6AA-ZWE211W 駆動方式 FF ドア数 5 ミッション CVT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 スーパーホワイトII、シルバーメタリック、セレスタイトグレーメタリック、ブラックマイカ、ダークブルーマイカメタリック オプション色 ホワイトパールクリスタルシャイン、スパークリングブラックPクリスタルS、スカーレットメタリック シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード - 最小回転半径 5.3m 全長×全幅×
全高 4.5m×1.75m×1.46m ホイール
ベース 2.64m 前トレッド/
後トレッド 1.51m/1.52m 室内(全長×全幅×全高) 1.8m×1.51m×1.16m 車両重量 1370kg 最大積載量 -kg 車両総重量 1645kg 最低地上高 0.13m 掲載用コメント ※T-Connect標準サービスは5年間無料です エンジン型式 2ZR-FXE 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー 過給器 - 燃料タンク容量 43リットル 可変気筒装置 - 燃費(JC08モード) 35km/L 総排気量 1797cc 燃費(WLTCモード) 29km/L
└市街地:27.8km/L
└郊外:32.2km/L
└高速:27.7km/L 燃費基準達成 R02年度燃費基準
+50%達成車 最高出力 98ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 142(14.5)/3600 エンジン型式 2ZR-FXE 種類 直列4気筒DOHC 過給器 - 可変気筒装置 - 総排気量 1797cc 最高出力 98ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 142(14.5)/3600 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 使用燃料 レギュラー 燃料タンク容量 43リットル 燃費(JC08モード) 35km/L 燃費(WLTCモード) 29km/L
└市街地:27.8km/L
└郊外: 32.2km/L
└高速: 27.7km/L 燃費基準達成 R02年度燃費基準 +50%達成車
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『は50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

トヨタ カローラツーリング(現行型)の中古車はこちら トヨタ カローラツーリング(現行型)のカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027