新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う / navi

クルマニュース

【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う / navi

(2020/01/07)


光岡自動車 ロックスター
▲アメリカンな雰囲気が漂うロックスターに自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した

マツダ ロードスターにかの名車のエッセンスを加えた1台

光岡自動車をご存じだろうか。個性的なモデルを造っている自動車メーカーだ。

このメーカーの車は英国車にそっくりのモデルが主流だが、壊れにくくクラシカルな雰囲気を味わうことができ、様々な人から支持されてきた。

その光岡自動車が創立50周年記念モデルとして、2018年の11月に200台限定の新型モデルを発表した。それが今回試乗する“ロックスター”である。

光岡の車は、往年の名車の佇まいを既存の車で表現する手法を得意とする。

このロックスターのベースは、マツダ ロードスター(ND型)。“往年のアメリカ車”がデザインテーマだ。具体的には、1963年から67年まで製造されたシボレー コルベット(C2型)がモチーフだと思われる。


光岡自動車 ロックスター
▲写真右の車がベースとなった現行型のマツダ ロードスターだ
光岡自動車 ロックスター
▲フロントまわりのみならず、リアフェンダーやテールランプなどにもコルベットの要素が含まれている

外観を見た限りクオリティが驚くほど高い。さすがハンドメイドで造られているだけはある。

ベースのロードスターよりもフェンダーのアーチの処理のかたちが薄くできていて良い。

ボディ全体がボリュームがアップしたにも関わらず、車重はベースのロードスターから80kgのみの増加で済んでいる。


光岡自動車 ロックスター
▲搭載されるエンジンはロードスターと同様の1.5Lの4気筒ユニットだ
光岡自動車 ロックスター
▲内装を見てみると、シートには光岡オリジナルの装飾がされている

座った感じはロードスターそのものであるが、フロントフェンダーの膨らみがいい感じに見えて幅感がつかみやすい

走り出して気づいたのは、乗り心地がしっとりとして落ち着いていること。恐らく重くなった車重のせいだろう。

だがその乗り心地は、頑張って走らせる感が強いロードスターに反し、ゆったりとクルージングを楽しむゆとりをもたらせてくれる。

ファイバー製のボディにも関わらず、ギシギシしたり変な振動がすることも今回の試乗では感じられず、考えていた以上に造りが良かった。

残念ながらロックスターはすでに完売しているが、後々中古車で出てくるとすれば、注目したい1台だ。


光岡自動車 ロックスター

光岡自動車 ロックスター

光岡自動車 ロックスター
文/松本英雄、写真/篠原晃一

【試乗車 諸元・スペック表】
●1.5 S スペシャル パッケージ

型式 5BA-ND5RC改 最小回転半径 4.7m 駆動方式 FR 全長×全幅×全高 4.35m×1.77m×1.24m ドア数 2 ホイールベース 2.31m ミッション 6MT 前トレッド/後トレッド 1.5m/1.51m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 0.94m×1.43m×1.06m 4WS - 車両重量 1100kg シート列数 1 最大積載量 -kg 乗車定員 2名 車両総重量 -kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.14m マニュアルモード - 標準色

ロサンゼルスブルー、ニューヨークブラック、シスコオレンジ

オプション色

シカゴレッド、ワシントンホワイト、アリゾナイエロー

掲載コメント

-

型式 5BA-ND5RC改 駆動方式 FR ドア数 2 ミッション 6MT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 ロサンゼルスブルー、ニューヨークブラック、シスコオレンジ オプション色 シカゴレッド、ワシントンホワイト、アリゾナイエロー シート列数 1 乗車定員 2名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード - 最小回転半径 4.7m 全長×全幅×
全高 4.35m×1.77m×1.24m ホイール
ベース 2.31m 前トレッド/
後トレッド 1.5m/1.51m 室内(全長×全幅×全高) 0.94m×1.43m×1.06m 車両重量 1100kg 最大積載量 -kg 車両総重量 -kg 最低地上高 0.14m 掲載用コメント - エンジン型式 P5-VP 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 - 燃料タンク容量 40リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 1496cc 燃費(WLTCモード) - 燃費基準達成 - 最高出力 132ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 152(15.5)/4500 エンジン型式 P5-VP 種類 直列4気筒DOHC 過給器 - 可変気筒装置 - 総排気量 1496cc 最高出力 132ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 152(15.5)/4500 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 40リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) -km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

光岡自動車 ロックスターの中古車はこちら 光岡自動車 ロックスターのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
3
down
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
6
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
7
keep
【試乗】BMW 3シリーズツーリング 320d xドライブ ツーリングMスポーツ│軽快なハンドリングのワゴンにディーゼルの組み合わせは◎(2020/06/05)
8
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
9
up
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027