新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う / navi

クルマニュース

【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う / navi

(2020/01/07)


光岡自動車 ロックスター
▲アメリカンな雰囲気が漂うロックスターに自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した

マツダ ロードスターにかの名車のエッセンスを加えた1台

光岡自動車をご存じだろうか。個性的なモデルを造っている自動車メーカーだ。

このメーカーの車は英国車にそっくりのモデルが主流だが、壊れにくくクラシカルな雰囲気を味わうことができ、様々な人から支持されてきた。

その光岡自動車が創立50周年記念モデルとして、2018年の11月に200台限定の新型モデルを発表した。それが今回試乗する“ロックスター”である。

光岡の車は、往年の名車の佇まいを既存の車で表現する手法を得意とする。

このロックスターのベースは、マツダ ロードスター(ND型)。“往年のアメリカ車”がデザインテーマだ。具体的には、1963年から67年まで製造されたシボレー コルベット(C2型)がモチーフだと思われる。


光岡自動車 ロックスター
▲写真右の車がベースとなった現行型のマツダ ロードスターだ
光岡自動車 ロックスター
▲フロントまわりのみならず、リアフェンダーやテールランプなどにもコルベットの要素が含まれている

外観を見た限りクオリティが驚くほど高い。さすがハンドメイドで造られているだけはある。

ベースのロードスターよりもフェンダーのアーチの処理のかたちが薄くできていて良い。

ボディ全体がボリュームがアップしたにも関わらず、車重はベースのロードスターから80kgのみの増加で済んでいる。


光岡自動車 ロックスター
▲搭載されるエンジンはロードスターと同様の1.5Lの4気筒ユニットだ
光岡自動車 ロックスター
▲内装を見てみると、シートには光岡オリジナルの装飾がされている

座った感じはロードスターそのものであるが、フロントフェンダーの膨らみがいい感じに見えて幅感がつかみやすい

走り出して気づいたのは、乗り心地がしっとりとして落ち着いていること。恐らく重くなった車重のせいだろう。

だがその乗り心地は、頑張って走らせる感が強いロードスターに反し、ゆったりとクルージングを楽しむゆとりをもたらせてくれる。

ファイバー製のボディにも関わらず、ギシギシしたり変な振動がすることも今回の試乗では感じられず、考えていた以上に造りが良かった。

残念ながらロックスターはすでに完売しているが、後々中古車で出てくるとすれば、注目したい1台だ。


光岡自動車 ロックスター

光岡自動車 ロックスター

光岡自動車 ロックスター
文/松本英雄、写真/篠原晃一

【試乗車 諸元・スペック表】
●1.5 S スペシャル パッケージ

型式 5BA-ND5RC改 最小回転半径 4.7m 駆動方式 FR 全長×全幅×全高 4.35m×1.77m×1.24m ドア数 2 ホイールベース 2.31m ミッション 6MT 前トレッド/後トレッド 1.5m/1.51m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 0.94m×1.43m×1.06m 4WS - 車両重量 1100kg シート列数 1 最大積載量 -kg 乗車定員 2名 車両総重量 -kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.14m マニュアルモード - 標準色

ロサンゼルスブルー、ニューヨークブラック、シスコオレンジ

オプション色

シカゴレッド、ワシントンホワイト、アリゾナイエロー

掲載コメント

-

型式 5BA-ND5RC改 駆動方式 FR ドア数 2 ミッション 6MT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 ロサンゼルスブルー、ニューヨークブラック、シスコオレンジ オプション色 シカゴレッド、ワシントンホワイト、アリゾナイエロー シート列数 1 乗車定員 2名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード - 最小回転半径 4.7m 全長×全幅×
全高 4.35m×1.77m×1.24m ホイール
ベース 2.31m 前トレッド/
後トレッド 1.5m/1.51m 室内(全長×全幅×全高) 0.94m×1.43m×1.06m 車両重量 1100kg 最大積載量 -kg 車両総重量 -kg 最低地上高 0.14m 掲載用コメント - エンジン型式 P5-VP 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 - 燃料タンク容量 40リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 1496cc 燃費(WLTCモード) - 燃費基準達成 - 最高出力 132ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 152(15.5)/4500 エンジン型式 P5-VP 種類 直列4気筒DOHC 過給器 - 可変気筒装置 - 総排気量 1496cc 最高出力 132ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 152(15.5)/4500 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 40リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) -km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

光岡自動車 ロックスターの中古車はこちら 光岡自動車 ロックスターのカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027