新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ / navi

クルマニュース

【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ / navi

(2020/01/10)


▲BMW 1シリーズ
▲1シリーズとして初めてFF(前置きエンジン・前輪駆動)を採用した118iとM135i xDriveに、自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が試乗した(写真は118i)

初の前輪駆動となった1シリーズ

前々からわかっていたことだが、BMWの1シリーズもFF化の波に飲み込まれてしまった。

BMWの走りの基本はFR、と信じていたファナティックには少々寂しいかもしれない。

何を隠そう、私もその一人である。

BMWはすでに、2シリーズのアクティブツアラーとグランツアラーでFFを採用している。

一方、先代の1シリーズのようなコンパクトボディのFRでは、フロントからリアへと動力が行き渡っているように感じられたものだ。

グッとリアから押されるトラクションは、もう新型車では味わうことはできないなぁと懐古的なことを考えながら、刷新したFFの新型1シリーズの試乗を迎えた。

最初に乗るのは、エントリーモデルである118iだ。

BMWの方程式に習った、1気筒あたり500ccのキャパシティをもった3気筒ターボユニットである。

4600回転で140馬力を発揮し、最大トルクは1500回転以下から2Lクラスをゆうに超えた実力をもつ。

BMWは3気筒ユニットの経験値を豊富に有しており、そのためか新たなプラットフォームとのマッチングはよい。

静粛性も振動も申し分のない様子だ。


BMW 1シリーズ エンジン
▲3気筒とは思えないトルクフルなエンジン
BMW 1シリーズ
▲FFにしたことで、これまでより車内空間が拡大した

ストレスを感じさせない乗り心地

3人乗車で神奈川県の大磯プリンスホテルから、箱根ターンパイクへと向かった。

7速DCTによるATは小気味よく、パワーバンドを捉えながら最適なセレクトでストレスがない。

採用されているツインクラッチシステムは、効率の良さが決め手になる。

こちらもギクシャク感がなく、よくできたツインクラッチ式のATである。

またFFのためフロントヘビーな乗り心地と思いきや、前後がバランス良くダンピングされ心地よい。

加速時でも、フロントが浮き上がったトラクション不足は皆無である。

フラッットな路面では、ボディ剛性も十分で完成度の高さに驚いた。

乗り心地と静粛性は大切だが、BMWにはドライビングした楽しさも重要である。

そこはアップダウンとワインディングの続く、箱根ターンパイクで図ることにしよう。


BMW 1シリーズ
▲キドニーグリルが大きくなり見た目からも力強い印象を受ける
BMW 1シリーズ
▲リアはテールライトが細くなったことでよりシャープに

力強さを感じる3気筒エンジン

料金所をくぐると、トルクが決め手の長い上り坂だ。

3気筒特有のサウンドとともにグイグイと引っぱる。

全くパワー不足ではない。

エントリーモデルの118iではあるが、思いのほかサスペンションの粘りがフラットな姿勢を維持する。

これは安全性においても大切なスペックである。

下り坂でのブレーキングはさすがにフロントに荷重が集中しやすいが、ブレーキングを終えて負荷を加えたコーナーリングではヘ ビーな印象はグッと少なくなる。


BMW 1シリーズ
▲上り坂でも力強い走りを体感できる

軽快さが愉しめる四輪駆動のM135i

連続して試乗した1シリーズのフラッグシップと言うべき M135i 楽しいxDriveにも試乗した。

これは300馬力を超える猛者で、四輪に動力を積極的に配分しないとプレミアム性すら損ねるじゃじゃ馬と化すに違いない。

グッと踏み込むと加速は素晴らしい。

フロントもしっかりと路面を捉えてスタビリティも万全だ。

フロントヘビーの要素すら忘れてしまう程、軽快で速い。

走りがあまりに愉しいので横置きエンジンということをすっかり忘れそうになるほど、入念にチューニングされたユニットだ。

ブレーキング時のストラットの剛性感もしっかりとしていて歪んだようにならないので、走りに徹していることが理解できる。

この2つのコンパクトシリーズを試乗していると、FR至上主義が薄れてしまう。

特にM135i xDriveは、もっと箱根を走りたくなった。

パワーを有効にスタビリティ高く四輪に伝えようとする意図によって、タイトなコーナーが連続すればするほど面白みが感じ取れる。

M135i xDriveは、そんなホットハッチ4WDなのである。


BMW M135i xDrive
▲メッシュ状になったキドニーグリルがスポーティな雰囲気を引き立てる(M135i xDrive)
BMW M135i Xdrive エンジン
▲最大306psを発生させる2Lターボエンジン(M135i xDrive) 文/松本英雄、写真/尾形和美

【試乗車 諸元・スペック表】
●BMW 118i プレイ DCT

型式 3BA-7K15 最小回転半径 5.7m 駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.34m×1.8m×1.47m ドア数 5 ホイールベース 2.67m ミッション 7AT 前トレッド/後トレッド 1.57m/1.57m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS - 車両重量 1390kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 1665kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.16m マニュアルモード ◯ 標準色

アルピン・ホワイトIII

オプション色

メディテラニアン・ブルーメタリック、メルボルン・レッドメタリック、ミネラル・グレーメタリック、ブラック・サファイアメタリック、ミネラル・ホワイトメタリック、ストーム・ベイメタリック

掲載コメント

※納車時期を2019年10月以降の予定としているため、車両価格(税込価格)は消費税10%が適用された金額を掲載しております

型式 3BA-7K15 駆動方式 FF ドア数 5 ミッション 7AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 アルピン・ホワイトIII オプション色 メディテラニアン・ブルーメタリック、メルボルン・レッドメタリック、ミネラル・グレーメタリック、ブラック・サファイアメタリック、ミネラル・ホワイトメタリック、ストーム・ベイメタリック シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.7m 全長×全幅×
全高 4.34m×1.8m×1.47m ホイール
ベース 2.67m 前トレッド/
後トレッド 1.57m/1.57m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 1390kg 最大積載量 -kg 車両総重量 1665kg 最低地上高 0.16m 掲載用コメント ※納車時期を2019年10月以降の予定としているため、車両価格(税込価格)は消費税10%が適用された金額を掲載しております エンジン型式 B38A15A 環境対策エンジン - 種類 直列3気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 ターボ 燃料タンク容量 50リットル 可変気筒装置 - 燃費(JC08モード) 16.8km/L 総排気量 1499cc 燃費(WLTCモード) 13.7km/L
└市街地:10.7km/L
└郊外:14.2km/L
└高速:15.1km/L 燃費基準達成 H27年度燃費基準
+5%達成車 最高出力 140ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 220(22.4)/4200 エンジン型式 B38A15A 種類 直列3気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 1499cc 最高出力 140ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 220(22.4)/4200 環境対策エンジン - 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 50リットル 燃費(JC08モード) 16.8km/L 燃費(WLTCモード) 13.7km/L
└市街地:10.7km/L
└郊外: 14.2km/L
└高速: 15.1km/L 燃費基準達成 H27年度燃費基準 +5%達成車

●BMW M135i xドライブ 4WD

型式 3BA-7L20 最小回転半径 5.7m 駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 4.36m×1.8m×1.47m ドア数 5 ホイールベース 2.67m ミッション 8AT 前トレッド/後トレッド 1.57m/1.56m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS - 車両重量 1580kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 1855kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.16m マニュアルモード ◯ 標準色

アルピン・ホワイトIII

オプション色

メディテラニアン・ブルーメタリック、メルボルン・レッドメタリック、ミネラル・グレーメタリック、ブラック・サファイアメタリック、ミサノ・ブルーメタリック、ストーム・ベイメタリック

掲載コメント

※納車時期を2019年10月以降の予定としているため、車両価格(税込価格)は消費税10%が適用された金額を掲載しております

型式 3BA-7L20 駆動方式 4WD ドア数 5 ミッション 8AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 アルピン・ホワイトIII オプション色 メディテラニアン・ブルーメタリック、メルボルン・レッドメタリック、ミネラル・グレーメタリック、ブラック・サファイアメタリック、ミサノ・ブルーメタリック、ストーム・ベイメタリック シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.7m 全長×全幅×
全高 4.36m×1.8m×1.47m ホイール
ベース 2.67m 前トレッド/
後トレッド 1.57m/1.56m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 1580kg 最大積載量 -kg 車両総重量 1855kg 最低地上高 0.16m 掲載用コメント ※納車時期を2019年10月以降の予定としているため、車両価格(税込価格)は消費税10%が適用された金額を掲載しております エンジン型式 B48A20E 環境対策エンジン - 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 ターボ 燃料タンク容量 50リットル 可変気筒装置 - 燃費(JC08モード) 13.6km/L 総排気量 1998cc 燃費(WLTCモード) 12km/L
└市街地:8.9km/L
└郊外:12.2km/L
└高速:14km/L 燃費基準達成 H27年度燃費基準
達成車 最高出力 306ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 450(45.9)/4500 エンジン型式 B48A20E 種類 直列4気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 1998cc 最高出力 306ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 450(45.9)/4500 環境対策エンジン - 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 50リットル 燃費(JC08モード) 13.6km/L 燃費(WLTCモード) 12km/L
└市街地:8.9km/L
└郊外: 12.2km/L
└高速: 14km/L 燃費基準達成 H27年度燃費基準 達成車
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

BMW 1シリーズ(現行型)の物件一覧はこちら(※物件の掲載がない可能性があります) BMW 1シリーズ(現行型)のカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027