新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ / navi

クルマニュース

【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ / navi

(2020/02/25)


日産 スカイライン
▲今回は、2019年9月にマイナーチェンジしたスカイラインの中で、特にホットなモデルの400Rに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が、その様子をレポートする

エンブレムをインフィニティから日産へ付け替え、大きくマイナーチェンジ

13代目となる現行型のスカイラインが、6年前に登場した時には物議を醸した。

日産 スカイラインとして日本で販売するにも関わらず、北米のプレミアムブランドとして作られたインフィニティ Q50と同様のエンブレムを装着しているのだから。

しかし、ただ単にエンブレムを付けているのではなく、フロントグリルのデザインや質感の高い内装など、同社のプレミアムブランドにふさわしい車になっている。

日産ブランドのモデルに比べると、かなりのコストをかけて作られたことがわかる。

以前、他の記事でも紹介したが、オススメできる1台である。

もっと売れてもいいモデル スカイライン編はこちら


このたびのマイナーチェンジで、大幅なフロントマスクの変更と伝統的な丸テールを復活させ、インフィニティ スカイラインから日産 スカイラインへと生まれ変わった。

スカイラインは、昔から日本における他にはないスポーツサルーンだったという歴史がある。

ただ、サルーンであることだけにとどまらず、歴史的な日産のDNAを投入したモデルこそが“400R”である。

その名のとおり400psを超える3Lツインターボエンジンを搭載したFRは、まさに腕が試されるスポーツサルーンと言って良いだろう。


日産 スカイライン

日産 スカイライン

日産 スカイライン

国産らしさを残した職人の仕事場

ハイブリッドモデルには、手放し運転が可能な「プロパイロット2.0」が付いているが、400Rには付いていない。

シート位置を調整してスタートする。エンジンが冷えているときは燃料が濃く圧力も高いため、とてもイイ音がするが、温まってくると至って普通のサルーンといった感じだ。

ブレーキを踏むと、カシッとした剛性感あるフィールがあり、400Rが特別な仕様であるということを再認識できる。

Dレンジに入れて発進だ。ゆっくりとアクセルを踏んでいく。

ATが完全に温まっていないせいか、同じギアで引っ張るホールド気味であるが、極めてリニアな立ち上がりだ。

10分ほど市街地を走り温めたあと、少し深めにアクセルを踏み込んでみる。

ATの歯切れは良く、伝達ロスを最小限にとどめガッチリした印象だ。

エンジンの特性とATとのプログラミングもイイ。通常のスカイラインのV6ターボよりもレスポンシブだ。


日産 スカイライン

日産 スカイライン
▲カシッとしたフィーリングのブレーキ。まさに“特別な車”といった感じだ
日産 スカイライン
▲ダウンサイジングされたV6エンジンだが、重厚なサウンドを発生する

高速道路に入る。高速コーナーでもステアリングの修正なしにオンザレーンでトレースできる。

ステアリングの剛性も高く、S字のような道でも真っ直ぐな道に思えるような操作感だ。

直線でグッとアクセルに力を込めて加速した。この加速、どこまでも踏み込んでいきたくなる。

クルージングはBMW的なサルーンの味付けだが、サスペンションのストローク感は国産車らしいというところに愛嬌を感じる。

しばらく走り、続いては山間部へ入る。

タイトコーナーでもステアリングの反応は上々だ。

もう少しロールを抑えた感じの方が私は好みだが、400Rは路面とのコンタクトを大切にしている印象が強い。

少し荒めにアクセルをオンにすると、あっという間にリアのトラクションが失われそうになるところには、昔気質のFRっぽさを感じる。

何もかもを電子制御することで誰でも上手く操れるわけではなく、ドライバーの腕によって様々な挙動を示す。

この400Rというモデルは、職人が自分自身の技をもって製作に没頭できる仕事場のような車だ。



日産 スカイライン

日産 スカイライン
文/松本英雄、写真/尾形和美

【試乗車 諸元・スペック表】
●3.0 400R

型式 5BA-RV37 最小回転半径 5.6m 駆動方式 FR 全長×全幅×全高 4.81m×1.82m×1.44m ドア数 4 ホイールベース 2.85m ミッション 7AT 前トレッド/後トレッド 1.53m/1.56m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 2m×1.48m×1.18m 4WS - 車両重量 1760kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 2035kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.13m マニュアルモード ◯ 標準色

ダークメタルグレーメタリック、ブリリアントシルバーメタリック、スーパーブラック

オプション色

HAGANEブルーメタリック、オーロラフレアブルーパール2コートパール、ブリリアントホワイトパール3コートパール、メテオフレークブラックP 2コートパール、インペリアルアンバーパール、カーマインレッドカラークリアーメタリック

掲載コメント

-

型式 5BA-RV37 駆動方式 FR ドア数 4 ミッション 7AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 ダークメタルグレーメタリック、ブリリアントシルバーメタリック、スーパーブラック オプション色 HAGANEブルーメタリック、オーロラフレアブルーパール2コートパール、ブリリアントホワイトパール3コートパール、メテオフレークブラックP 2コートパール、インペリアルアンバーパール、カーマインレッドカラークリアーメタリック シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.6m 全長×全幅×
全高 4.81m×1.82m×1.44m ホイール
ベース 2.85m 前トレッド/
後トレッド 1.53m/1.56m 室内(全長×全幅×全高) 2m×1.48m×1.18m 車両重量 1760kg 最大積載量 -kg 車両総重量 2035kg 最低地上高 0.13m 掲載用コメント - エンジン型式 VR30DDTT 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 種類 V型6気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 ターボ 燃料タンク容量 80リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 2997cc 燃費(WLTCモード) 10km/L
└市街地:6.5km/L
└郊外:10.6km/L
└高速:12.5km/L 燃費基準達成 - 最高出力 405ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 475(48.4)/5200 エンジン型式 VR30DDTT 種類 V型6気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 2997cc 最高出力 405ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 475(48.4)/5200 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 80リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 10km/L
└市街地:6.5km/L
└郊外: 10.6km/L
└高速: 12.5km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

日産 スカイライン(現行型)のカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
【試乗】BMW 3シリーズツーリング 320d xドライブ ツーリングMスポーツ│軽快なハンドリングのワゴンにディーゼルの組み合わせは◎(2020/06/05)
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
2
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
3
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
4
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
5
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
6
up
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
7
down
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
keep
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
9
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
keep
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027