新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル / navi

クルマニュース

【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル / navi

(2020/04/12)


トヨタ グランエース
▲昨年の12月に発売された高級ミニバンのグランエースに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする

巨大なボディだが意外とフレンドリー

後席に人を乗せることを優先させた、ミニバンのトヨタ グランエース。なかなか試乗するチャンスがなかったのだが、ようやく乗ることができた。500kmほど試乗した感想をお伝えしたい。

まず、その大きな車体に目が行く。アルファード/ヴェルファイアに比べて全長、全幅、ホイールベースとどれも長く、堂々とした佇まいだ。

ドアを開けると着座ポジションは高い。しかし、ステップが備わっており乗り降りはしやすい。

シート幅はやや狭い。加えて華美な装飾を抑えた内装は、後席空間が優先された送迎向けモデルだということがわかる。

サイドミラーを見てみると、ボディの後端までしっかり確認できる。箱形のボディ形状のおかげか全長が長くても気にならない。

また、切り立ったボディは狭い道でも運転しやいうえに飽きにくいデザインだ。駐車場の車と車の間の車庫入れも見た目の大きさよりもまっすぐに入れやすい。


トヨタ グランエース

トヨタ グランエース

見た目以上に安定感の高いモデル

搭載される2.8Lのディーゼルターボエンジンは、2.8トン近いボディをグイグイと引っ張りとても力強い。

気になるディーゼルエンジン独特の騒音も、出足こそ少々気になるが、速度が乗ってしまえば気にならないので静粛性が高いといえる。


トヨタ グランエース

首都高速を走行してみると、車重がかさむだけに段差でドンッと伝わる場面もあるが、この平たい面構成のボディとしては剛性感が非常に高い。

今後は振動などを一層低減する処置がされることであろう。

横風が吹いてもふらつかず、安定感が高い。これは良いサスペンションセッティングである。

山間部のコーナリングもリアサスペンションの動きが良く、ハンドリングに影響をきたさない。

ドライバーとしてはここに安心と安定を感じる。そして、その安定した車体の動きは同乗者を気持ち良く過ごさせるのだ。

後席部分のサイドガラスとシートには適度なクリアランスがあって、ゆっくりと外の景色を堪能することができる。こういうちょっとしたことの積み重ねが、同乗者の疲れを癒してくれるに違いない。

グランエースはとても快適である。それに見合った乗り心地のよさを提供し、後席だけでなくドライバーにも気を使ったモデルだ。

アルファード/ヴェルファイアとは一線を画した、快適さがひしひしと伝わるモデルである。


トヨタ グランエース

トヨタ グランエース

トヨタ グランエース

トヨタ グランエース
文/松本英雄、写真/尾形和美

【試乗車 諸元・スペック表】
●2.8 G ディーゼルターボ

型式 3DA-GDH303W 最小回転半径 5.6m 駆動方式 FR 全長×全幅×全高 5.3m×1.97m×1.99m ドア数 5 ホイールベース 3.21m ミッション 6AT 前トレッド/後トレッド 1.67m/1.67m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 3.37m×1.74m×1.29m 4WS - 車両重量 2770kg シート列数 4 最大積載量 -kg 乗車定員 8名 車両総重量 3210kg ミッション位置 インパネ 最低地上高 0.18m マニュアルモード ◯ 標準色

ブラック、グレーメタリック、シルバーメタリック

オプション色

ホワイトパールクリスタルシャイン

掲載コメント

-

型式 3DA-GDH303W 駆動方式 FR ドア数 5 ミッション 6AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 ブラック、グレーメタリック、シルバーメタリック オプション色 ホワイトパールクリスタルシャイン シート列数 4 乗車定員 8名 ミッション
位置 インパネ マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.6m 全長×全幅×
全高 5.3m×1.97m×1.99m ホイール
ベース 3.21m 前トレッド/
後トレッド 1.67m/1.67m 室内(全長×全幅×全高) 3.37m×1.74m×1.29m 車両重量 2770kg 最大積載量 -kg 車両総重量 3210kg 最低地上高 0.18m 掲載用コメント - エンジン型式 1GD-FTV 環境対策エンジン - 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 軽油 過給器 ターボ 燃料タンク容量 70リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 2754cc 燃費(WLTCモード) 10km/L
└市街地:8.1km/L
└郊外:9.9km/L
└高速:11.2km/L 燃費基準達成 - 最高出力 177ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 450(46.1)/2400 エンジン型式 1GD-FTV 種類 直列4気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 2754cc 最高出力 177ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 450(46.1)/2400 環境対策エンジン - 使用燃料 軽油 燃料タンク容量 70リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 10km/L
└市街地:8.1km/L
└郊外: 9.9km/L
└高速: 11.2km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

トヨタ グランエースのカタログはこちら トヨタ グランエースの中古車はこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
5
up
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)
8
down
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
9
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027