新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV / navi

クルマニュース

【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV / navi

(2020/05/18)


BMW X7
▲BMWの最上級SUVであるX7。自動車テクノロジーライターの松本英雄氏が東京⇔京都でロングドライブ試乗を行った

全長5m超えのフルサイズSUVを長距離で試す

昨年の6月にBMWから、フルサイズタイプのSUV(BMWではSAVと呼ぶ)X7が発表された。

堂々としたフロントマスクと5165mmの伸びやかなボディは、まさしく威風堂々としたいでたちである。

見るからに上品でいてスポーティな雰囲気を醸し出しており、同社のハイブランドを切り開いたSUVモデルである。

しかし、この車で求められているのは、視覚で認識できる表面的な部分だけではない。

堂々とした雰囲気には優雅な走りは不可欠である。

その両方をあわせもってこそ、グランドツーリングを誘うモデルにふさわしいと言える。

今回試乗を行ったのはX7の、xドライブ 35dだ。

直列6気筒のターボディーゼルユニットは最高で265馬力、最大トルクはなんと63kg・mを超えるビッグトルクのエンジンである。

2.5tある車重であってもグイグイと走るには疑いの余地はないが、あらためてその特性を山間部を交えたロングディスタンスのドライブで試した。

コースは東京と京都の往復1000kmだ。


BMW X7
▲全長5165mmのボディ。大人がゆったり座れる3列シートを備える
BMW X7
▲巨大な躯体を動かす3Lの直列6気筒ディーゼルエンジン

軽快さと優雅さをあわせもつ

試乗を行ったのは真冬の寒さが残る2月。まだ薄暗い早朝に出発した。ほぐれきっていない身体全体をサポートするシートは安心感ももたらす。

着座位置の高さと、ボディの造形によって見切りも良好だ。

6気筒エンジンを始動する。キャビン内は至って静粛性が高い。

駐車場の門を締めるために外へ出てみるが、エンジンが冷えているにも関わらずキャビン内だけではなく外でもうるささはない。

今回のロングドライブもいつものとおり、東名から新東名、伊勢湾岸道、新名神を使って京都に向かう。

東京インターから入り、合流までの上り坂を一気に加速する。

一瞬にして法定速度に達したが、このときの加速は落ち着いている。

リアが下がりフロントが浮きぎみであっても、ステアリングに伝わるスタビリティに変わりはない。

インターをくぐったら、あとはゆったりと80年代の山下達郎を聴きながら加速した。

静岡県御殿場あたりまではACCに頼らず、この大きなボディの軽快な動きを自らの手で確かめることにする。

横風や向かい風であっても、マウンテン区間をじつに優雅に走っていく。

正確無比なステアリングは、BMWのスローガンである“駆けぬける歓び”というドライバーだけの楽しみを醸成するだけでなく、車の動きに優雅さを与える。

そんなドライビングを楽しんでいると、あっという間に御殿場に達してしまった。

ここからは新東名エリアで、ACCをONにしクルーザーのごとく大らかなドライブの始まりだ。

休憩は必要ないとも思ったが、岡崎S.A.でコーヒーブレイクをとる。目的地の京都まではおよそ150Kmほどなので、2時間はかからない。

300km近く走って来たが疲れは感じなかった。


BMW X7
▲ハイブランドの家具に通づる質感をもつインテリア

古都の市街地でも操りやすい見切りの良さ

遠くの景色を見ながらのドライブは楽しい時間だけに、あっという間に過ぎてしまう。

京都東インターで降りると道は空いていた。

京都出町にある和菓子屋で田舎大福と最中を購入した。豆餅が有名なお店だが個人的にはよもぎの入った田舎大福が好みだ。寒天を含んだ最中の餡こも美味しい。

行き馴染みのお寺の境内で車を止めてひとつ頬張る。

全幅が2mある大型のボディながら、京都の細い道でも難なく走ることができた。

レンジローバーのように非常に見切りが良い。

今まで東京→京都を走った中では、レンジローバーのディーゼルモデルが最も疲れを感じさせないように思えたが、道を楽しんでステアリングを握り走るという点ではX7が上である。

意のままに道をトレースして上手に走れるからこそステアリングを握る醍醐味がある。

どんなシチュエーションでも偉ぶらず堂々とた佇まいが、プレミアムブランドを一層向上させるエッセンスであろう。

長距離を走れば、心の底からエフォートレスの真髄を確かめられるはずだ。


BMW X7
▲日本ではなかなかお目にかかれないボディサイズだが、市街地走行をしても難儀に感じることはなかった
BMW X7
▲古都の建造物とも調和する普遍的なデザイン 文/松本英雄、写真/尾形和美、松本英雄

【試乗車 諸元・スペック表】
●X7 xドライブ35d ディーゼルターボ 4WD

型式 3DA-CW30 最小回転半径 6.2m 駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 5.17m×2m×1.84m ドア数 5 ホイールベース 3.11m ミッション 8AT 前トレッド/後トレッド 1.69m/1.71m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS - 車両重量 2420kg シート列数 3 最大積載量 -kg 乗車定員 7名 車両総重量 2805kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.22m マニュアルモード - 標準色

ブラック・サファイアメタリック、ソフィストグレーブリリアントエフェクト、ミネラル・ホワイトメタリック、ファイトニック・ブルーメタリック、バーモント・ブロンズメタリック、アークティック・グレー・ブリリアントE

オプション色

-

掲載コメント

-

型式 3DA-CW30 駆動方式 4WD ドア数 5 ミッション 8AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 ブラック・サファイアメタリック、ソフィストグレーブリリアントエフェクト、ミネラル・ホワイトメタリック、ファイトニック・ブルーメタリック、バーモント・ブロンズメタリック、アークティック・グレー・ブリリアントE オプション色 - シート列数 3 乗車定員 7名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード - 最小回転半径 6.2m 全長×全幅×
全高 5.17m×2m×1.84m ホイール
ベース 3.11m 前トレッド/
後トレッド 1.69m/1.71m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 2420kg 最大積載量 -kg 車両総重量 2805kg 最低地上高 0.22m 掲載用コメント - エンジン型式 B57D30A 環境対策エンジン - 種類 直列6気筒DOHC 使用燃料 軽油 過給器 ターボ 燃料タンク容量 80リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 2992cc 燃費(WLTCモード) 11.4km/L
└市街地:9.4km/L
└郊外:10.8km/L
└高速:13km/L 燃費基準達成 - 最高出力 265ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 620(63.2)/2500 エンジン型式 B57D30A 種類 直列6気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 2992cc 最高出力 265ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 620(63.2)/2500 環境対策エンジン - 使用燃料 軽油 燃料タンク容量 80リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 11.4km/L
└市街地:9.4km/L
└郊外: 10.8km/L
└高速: 13km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

BMW X7(現行型)の物件一覧はこちら BMW X7(現行型)のカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027