新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる / navi

クルマニュース

【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる / navi

(2020/05/30)


トヨタ ヤリス
▲トヨタ ヤリスのガソリンおよびハイブリッドモデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする

しっかりした走りが◎なハイブリッド

今回試乗するモデルはトヨタ ヤリス。プロトタイプは試乗済みだが、ようやく一般道で市販モデルを試乗できたのでその模様をお伝えしたい。

ガソリン、ハイブリッドの両モデルを試乗する。初めに試乗するのは“ハイブリッド G”という、ハイブリッドモデルの中では中間になるグレードだ。

搭載されるパワーユニットは、91馬力を発生させる高効率の1.5L 3気筒エンジン。それに80馬力の出力と1.5L級のトルクを発生させるモーターを組み込んでいる。


トヨタ ヤリス

プロトタイプの試乗時にも記したが、ヤリスは剛性が非常に高い。ドアを閉めた瞬間からその質感の高さを感じ取れる。

トヨタ ヤリスのプロトタイプ試乗記を見てみる


2人乗車であるが、ノーマルの走行モードでも力があるので、走り出しはとても軽快な印象だ。

中間加速力も高く、ついついスポーティな走らせ方になってしまう。ターボラグのないマイルドな過給器付きのモデルといった雰囲気である。

ステアリングフィールも、プロトタイプから比べるとしっかり感が増して、特に中速での車線変更時にはロール剛性が高いことがわかる。コンパクトな大衆的なモデルとしては上出来だ。


トヨタ ヤリス

ガソリンモデルに比べると、グレードによる違いがあるものの60kgほど車重が重い。バッテリーの搭載位置や重量などがしっかり感をもたらす要因だろう。

ただ、連続したうねりや段差では、剛性が高い分サスペンションがゴツゴツしてしまい、若干乗り心地がよくない部分もある。

しかし、それは静粛性が高いだけに、様々な音や振動を敏感に感じ捉えるからなのかもしれない。

運動性能も高くて燃費もすこぶる良好なハイブリッドモデル。おのずとガソリンモデルの試乗に期待がもてる。

ヤリスの素性の良さを感じることができるガソリンモデル

次は1.5Lガソリンモデルの試乗を行う。

こちらはガソリンモデルでは最上級の“Z”というグレードだ。3気筒120馬力、14.8kg・mのトルクを発生させるエンジンが搭載されている。

ガソリンモデルは、ハイブリッドほど重厚感あるトルクではないが、発進は割とスムーズだ。

組み合わされるCVTも実用的で、燃費と扱いやすさを考慮したセッティングがされている。

踏み込んで高負荷までエンジンを回してみると、嫌な振動もない。トヨタの小型NAエンジンの中で、最も良質なパワーユニットだ。

乗り心地も非常によい。シャシーに合ったサスペンションセッティングがされており、快適な乗り心地と車としての扱いやすさを両立している。石畳の上でもボディのバイブレーションは少なく不快感は皆無である。


トヨタ ヤリス

世の中的にハイブリッドが人気ではあるが、ヤリスの素性の良さを知れるモデルがこのガソリンモデルと言えそうだ。


トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス
文/松本英雄、写真/尾形和美

【試乗車 諸元・スペック表】
●1.5 ハイブリッド G

型式 6AA-MXPH10 最小回転半径 4.8m 駆動方式 FF 全長×全幅×全高 3.94m×1.7m×1.5m ドア数 5 ホイールベース 2.55m ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.49m/1.49m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 1.85m×1.43m×1.19m 4WS - 車両重量 1060kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 1335kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.15m マニュアルモード - 標準色

スーパーホワイトII、シルバーメタリック、ブラック、ボルドーマイカメタリック、アイスピンクメタリック、アバンギャルドブロンズメタリック、シアンメタリック、ダークブルーマイカメタリック

オプション色

ホワイトパールクリスタルシャイン、センシュアルレッドマイカ、コーラルクリスタルシャイン、サーモテクトライムグリーン、ホワイトxブラック、ホワイトxセンシュアルレッドマイカ、ブラックxシアンメタリック、ブラックxアバンギャルドブロンズM、ブラックxコーラルクリスタルシャイン、ブラックxアイスピンクメタリック

掲載コメント

-

型式 6AA-MXPH10 駆動方式 FF ドア数 5 ミッション CVT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 スーパーホワイトII、シルバーメタリック、ブラック、ボルドーマイカメタリック、アイスピンクメタリック、アバンギャルドブロンズメタリック、シアンメタリック、ダークブルーマイカメタリック オプション色 ホワイトパールクリスタルシャイン、センシュアルレッドマイカ、コーラルクリスタルシャイン、サーモテクトライムグリーン、ホワイトxブラック、ホワイトxセンシュアルレッドマイカ、ブラックxシアンメタリック、ブラックxアバンギャルドブロンズM、ブラックxコーラルクリスタルシャイン、ブラックxアイスピンクメタリック シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード - 最小回転半径 4.8m 全長×全幅×
全高 3.94m×1.7m×1.5m ホイール
ベース 2.55m 前トレッド/
後トレッド 1.49m/1.49m 室内(全長×全幅×全高) 1.85m×1.43m×1.19m 車両重量 1060kg 最大積載量 -kg 車両総重量 1335kg 最低地上高 0.15m 掲載用コメント - エンジン型式 M15A-FXE 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 種類 直列3気筒DOHC 使用燃料 レギュラー 過給器 - 燃料タンク容量 36リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 1490cc 燃費(WLTCモード) 35.8km/L
└市街地:36.9km/L
└郊外:39.8km/L
└高速:33.5km/L 燃費基準達成 R02年度燃費基準
+50%達成車 最高出力 91ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 120(12.2)/4800 エンジン型式 M15A-FXE 種類 直列3気筒DOHC 過給器 - 可変気筒装置 - 総排気量 1490cc 最高出力 91ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 120(12.2)/4800 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 使用燃料 レギュラー 燃料タンク容量 36リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 35.8km/L
└市街地:36.9km/L
└郊外: 39.8km/L
└高速: 33.5km/L 燃費基準達成 R02年度燃費基準 +50%達成車

●1.5 Z

型式 5BA-MXPA10 最小回転半径 5.1m 駆動方式 FF 全長×全幅×全高 3.94m×1.7m×1.5m ドア数 5 ホイールベース 2.55m ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.48m/1.48m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 1.85m×1.43m×1.19m 4WS - 車両重量 1020kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 1295kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.15m マニュアルモード - 標準色

スーパーホワイトII、シルバーメタリック、ブラック、ボルドーマイカメタリック、アイスピンクメタリック、アバンギャルドブロンズメタリック、シアンメタリック、ダークブルーマイカメタリック

オプション色

ホワイトパールクリスタルシャイン、センシュアルレッドマイカ、コーラルクリスタルシャイン、サーモテクトライムグリーン、ホワイトxブラック、ホワイトxセンシュアルレッドマイカ、ブラックxシアンメタリック、ブラックxアバンギャルドブロンズM、ブラックxコーラルクリスタルシャイン、ブラックxアイスピンクメタリック

掲載コメント

-

型式 5BA-MXPA10 駆動方式 FF ドア数 5 ミッション CVT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 スーパーホワイトII、シルバーメタリック、ブラック、ボルドーマイカメタリック、アイスピンクメタリック、アバンギャルドブロンズメタリック、シアンメタリック、ダークブルーマイカメタリック オプション色 ホワイトパールクリスタルシャイン、センシュアルレッドマイカ、コーラルクリスタルシャイン、サーモテクトライムグリーン、ホワイトxブラック、ホワイトxセンシュアルレッドマイカ、ブラックxシアンメタリック、ブラックxアバンギャルドブロンズM、ブラックxコーラルクリスタルシャイン、ブラックxアイスピンクメタリック シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード - 最小回転半径 5.1m 全長×全幅×
全高 3.94m×1.7m×1.5m ホイール
ベース 2.55m 前トレッド/
後トレッド 1.48m/1.48m 室内(全長×全幅×全高) 1.85m×1.43m×1.19m 車両重量 1020kg 最大積載量 -kg 車両総重量 1295kg 最低地上高 0.15m 掲載用コメント - エンジン型式 M15A-FKS 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 種類 直列3気筒DOHC 使用燃料 レギュラー 過給器 - 燃料タンク容量 40リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 1490cc 燃費(WLTCモード) 21.6km/L
└市街地:16.1km/L
└郊外:22.9km/L
└高速:24.3km/L 燃費基準達成 - 最高出力 120ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 145(14.8)/5200 エンジン型式 M15A-FKS 種類 直列3気筒DOHC 過給器 - 可変気筒装置 - 総排気量 1490cc 最高出力 120ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 145(14.8)/5200 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 使用燃料 レギュラー 燃料タンク容量 40リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 21.6km/L
└市街地:16.1km/L
└郊外: 22.9km/L
└高速: 24.3km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

トヨタ ヤリス(初代・現行型)のカタログはこちら トヨタ ヤリス(初代・現行型)の中古車はこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027