新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する / navi

クルマニュース

【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する / navi

(2020/06/07)


アウディ SQ2
▲昨年12月に登場したアウディ SQ2に試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする

アウディ最小SUVスポーツモデルの実力はいかに?

昨年の12月にアウディ SQ2が登場した。

アウディのQシリーズはSUVモデルを意味する。そのラインナップの中で末っ子モデルにあたるのが“Q2”である。

日本ではFFモデルのみ設定され、1Lと1.4Lのターボエンジンを搭載しているモデルである。

小型車といって侮ることなかれ、この骨格はRS3やTT、RS Q3などのハイパフォーマンスモデルに使われるシャシーなのだ。

そのQ2をベースに、300馬力を発生する2L 4気筒ターボエンジンとクワトロシステムを搭載し、走行性能を高めたモデルが今回試乗するSQ2なのだ。

ではその中身はどうなのか? ようやく試乗できるタイミングがあったのでその内容をお伝えしたい。


アウディ SQ2

アウディ SQ2

ハイパワーながら扱いやすさ重視のセッティング

アウディは素材の良さを知り尽くしている。塗装やグリルのメッキのクオリティは、Q2に比べて重厚さが感じられる。内装のレザーも張りがあってスポーティな雰囲気が満載だ。


アウディ SQ2

アウディ SQ2

エンジンを始動すると、4本出しのエグゾーストから軽快な音を奏で、ボルテージを高める。

コンフォートモードで走り出す。40kg・mを超えるトルクであるが、出力の特性は過度な立ち上がりがないので扱いやすいうえに、どこから踏んでも素早い反応で加速する。

DCT7速ミッションも反応が良く、MTのごとく動力を路面に伝える。

乗り心地は硬めだが、スポーティなモデルと考えれば質の高い部類である。

なぜならばシャシー剛性が極めて高いので、路面からボディに振動がほぼ伝わってこない。このことから、サスペンションセッティングは適正であることが理解できる。

特に高速道路の中速カーブが連続し、うねりのある路面では車体の動きを最小限にとどめることができる。そのためドライバーは、ステアリングとアクセルワークに専念することが可能だ。

この手の小粒で俊足なモデルでは、サスペンションの沈み込みが少ないので同乗者は左右に振られやすい。

しかし、SQ2は最小限の舵角で走れるので同乗者を不快にさせることはない。

この小さなモデルにオプションを含めると600万円をゆうに超えるが、手にしたときの満足度は価格以上のものがあるだろう。

コンパクトSUVに、質感とパフォーマンスの高さを求めるのであれば、SQ2しかないのではないか。ここまで中身を充実したホットなSUVはそうそうあるモノではない。


アウディ SQ2

アウディ SQ2
文/松本英雄、写真/松本英雄、尾形和美

【試乗車 諸元・スペック表】
●2.0 4WD

型式 3BA-GADNUF 最小回転半径 5.1m 駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 4.22m×1.8m×1.53m ドア数 5 ホイールベース 2.6m ミッション 7AT 前トレッド/後トレッド 1.55m/1.54m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS - 車両重量 1570kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 -kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.18m マニュアルモード ◯ 標準色

アイビスホワイト

オプション色

ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、クワンタムグレー、デイトナグレーパールエフェクト、フロレットシルバーメタリック、タンゴレッドメタリック、マコウブルークリスタルエフェクト

掲載コメント

-

型式 3BA-GADNUF 駆動方式 4WD ドア数 5 ミッション 7AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 アイビスホワイト オプション色 ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、クワンタムグレー、デイトナグレーパールエフェクト、フロレットシルバーメタリック、タンゴレッドメタリック、マコウブルークリスタルエフェクト シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.1m 全長×全幅×
全高 4.22m×1.8m×1.53m ホイール
ベース 2.6m 前トレッド/
後トレッド 1.55m/1.54m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 1570kg 最大積載量 -kg 車両総重量 -kg 最低地上高 0.18m 掲載用コメント - エンジン型式 DNU 環境対策エンジン - 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 ターボ 燃料タンク容量 55リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 1984cc 燃費(WLTCモード) 11.6km/L
└市街地:8.8km/L
└郊外:11.6km/L
└高速:13.4km/L 燃費基準達成 - 最高出力 300ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 400(40.8)/5200 エンジン型式 DNU 種類 直列4気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 1984cc 最高出力 300ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 400(40.8)/5200 環境対策エンジン - 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 55リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 11.6km/L
└市街地:8.8km/L
└郊外: 11.6km/L
└高速: 13.4km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

アウディ SQ2(初代・現行型)のカタログはこちら アウディ SQ2(初代・現行型)の中古車はこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ(2020/11/02)
2
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)
3
up
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
4
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
5
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
6
up
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
7
down
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
8
down
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
9
keep
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
10
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027