新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports / navi

クルマニュース

【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports / navi

(2020/08/26)


メルセデス・ベンツGLE
▲【Mercedes-Benz GLE 450 4MATIC Sports|写真=薄井一議】長いホイールベースに対して短いオーバーハング、ボディ幅いっぱいに張り出した大径ホイールがタフなスタイルを演出する。GLE 450 4MATIC スポーツは、ダイヤモンドグリルとシングルルーバーを採用し、バンパーの左右に配置した2本フィンで、スポーティさを強調した仕立てだ。

プレミアムSUVの先駆的存在
GLEが7人乗り3列シートで新たに登場

GLEはいわゆるプレミアムSUVの先駆的存在である。1998年にMクラスとして登場し、2015年にGLEへとモデル名を変更。この新型で4世代目となる。

国内仕様のラインナップは3種類。GLE初の4気筒ディーゼルエンジンを搭載した「300d 4MATIC」、直列6気筒ディーゼル搭載の「400d 4MATIC スポーツ」、そして今回試乗した最上級グレードが直列6気筒ガソリンエンジンと48V電気システム、そしてISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を搭載した「450 4MATIC スポーツ」だ。

新型のハイライトは3列シートを採用した7人乗り仕様になったこと。本国では5人乗り仕様もあるようだが、日本では7人乗りが標準となる。

いま世界的に7人乗りSUVの需要が高まっているようで、メルセデスはコンパクトなGLB、ミッドサイズのGLE、そしてラージサイズのGLSと、3列シートSUVのラインナップを拡充している。

そんな3列シートSUVの中核であるGLE。そのインテリアは、12.3インチの液晶メーターと12.3インチのセンターディスプレイが一連のものとして配置された最新のもの。「ハイ、メルセデス」でお馴染みの対話型インフォテイメントシステムMBUXを搭載する。

そして、先代比でホイールベースを80mm延長したことで、居住性を改善し3列仕様を実現している。2列目シートは世界初という6ウェイのパワーシートで、背面の角度調整はもちろん、約100mmの前後スライドも可能としている。

3列目に乗り込む際に2列目のシートバックを前方に倒すのも電動式になっている。がっしりとした作りで重いシートゆえ、女性や子供でも操作しやすい配慮だ。

3列目シートは2列目シートと融通しあえば、約180cmの大人でも普通に座れる広さが確保されている。


メルセデス・ベンツGLE
▲GLEのボディサイズは全長4940mm、全幅2020mm、全高1780mm。450 4MATIC スポーツは、AMGスタイリングパッケージを装備してスポーティさを強調する
メルセデス・ベンツGLE
▲フェンダーアーチをボディ同色として、そこに20インチのAMG 5ツインスポークアルミホイールを装着。オンロード、オフロードともに似合うタフで上質なスタイル

ISGがもたらすSUVの新たなドライビングフィール

Sクラス譲りの3 L直6ガソリン+ISGのスムーズさは、GLEでももちろん健在だ

わずか1600回転から500N・mものトルクを発揮するだけあって、力強く加速しそのまま直6らしく高回転域まで軽く吹け上がる。

このエンジンに組み合わせるトランスミッションは9速ATで、450 4MATIC スポーツには電子制御多板クラッチ式で前後100~0%から0~100%の範囲でトルク配分を行う新開発の4MATICを搭載。

このパワートレインが出色の出来といえる。

足回りはエアサスペンションを標準装備しており、コンフォートモードからスポーツモードへ切り替えても過度に固くなることはなく、ハーシュネスもうまく抑えられている。

また、このエアサス仕様は荷物の積み降ろしをする際にラゲージルームにあるスイッチで車高を約40mm下げることも可能だ。

ハンドリングも大柄なSUVだけにアジリティを強調したものではない。だが、かといってダルな印象もない。メルセデスらしく素直に正確に操舵に対して反応する。

安全運転支援システムもSクラス譲りの充実ぶり。全方位での正常進化を遂げている。


メルセデス・ベンツGLE60
▲室内空間で特徴的なのが、2つの12.3インチのワイドディスプレイを1枚のガラスカバーで融合したインパネ。そして自然対話式音声認識機能を採用した最新のMBUXを搭載する
メルセデス・ベンツGLE
▲450 4MATIC スポーツの前席/後席はナッパレザーと本革を組み合わせたシートを採用。厚みのあるシートが長距離ドライブの負担を軽減。写真ブラック/ホワイトの他、ブラックも設定する
メルセデス・ベンツGLE
▲使わないときはラゲージフロアに収納できる2人掛け3列目シートを装備する。50:50の可倒式なので、片側のみの使用も可能としている
メルセデス・ベンツGLE
▲450 4MATIC スポーツには、直6ターボとISGを組み合わせた新世代エンジンを採用。ISGと48V電気システムによる回生機能やブースト機能によって高効率な燃費性能とスムーズな加速性能を両立している 文/藤野太一、写真/薄井一議、柳田由人

【試乗車 諸元・スペック表】
●GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)

型式 5AA-167159 最小回転半径 5.6m 駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 4.94m×2.02m×1.78m ドア数 5 ホイールベース 2.995m ミッション 9AT 前トレッド/後トレッド 1.68m/1.73m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS - 車両重量 2370kg シート列数 3 最大積載量 -kg 乗車定員 7名 車両総重量 -kg ミッション位置 コラム 最低地上高 0.2m マニュアルモード ◯ 標準色

ポーラーホワイト

オプション色

オブシディアンブラック、イリジウムシルバー、モハーベシルバー、カバンサイトブルー、ブリリアントブルー、エメラルドグリーン、セレナイトグレー、ダイヤモンドホワイト、ヒヤシンスレッド

掲載コメント

-

型式 5AA-167159 駆動方式 4WD ドア数 5 ミッション 9AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 ポーラーホワイト オプション色 オブシディアンブラック、イリジウムシルバー、モハーベシルバー、カバンサイトブルー、ブリリアントブルー、エメラルドグリーン、セレナイトグレー、ダイヤモンドホワイト、ヒヤシンスレッド シート列数 3 乗車定員 7名 ミッション
位置 コラム マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.6m 全長×全幅×
全高 4.94m×2.02m×1.78m ホイール
ベース 2.995m 前トレッド/
後トレッド 1.68m/1.73m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 2370kg 最大積載量 -kg 車両総重量 -kg 最低地上高 0.2m 掲載用コメント - エンジン型式 256 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 種類 直列6気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 ターボ 燃料タンク容量 85リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 2996cc 燃費(WLTCモード) 10.3km/L
└市街地:7.3km/L
└郊外:10.8km/L
└高速:12.1km/L 燃費基準達成 - 最高出力 367ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 500(51)/4500 エンジン型式 256 種類 直列6気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 2996cc 最高出力 367ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 500(51)/4500 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆ 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 85リットル 燃費(JC08モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 10.3km/L 燃費基準達成 - メルセデス・ベンツ GLE(現行型)のカタログはこちら メルセデス・ベンツ GLE(現行型)の中古車はこちら カーセンサーEDGE.netはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ(2020/11/02)
2
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
3
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)
4
up
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
5
keep
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
6
down
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
keep
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
9
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
10
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027