新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台 / navi

クルマニュース

【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台 / navi

(2020/08/17)


日産 ルークス
▲フルモデルチェンジを経て、車名が「デイズルークス」から「ルークス」に戻った新型 日産 ルークス。一般道を中心に試乗した感想をお伝えしたい

“日産イズム”を投入したスーパートール軽、性能やいかに?

2020年3月にフルモデルチェンジした日産 ルークス。車名が変わっているが、デイズルークスを含む歴代ルークスシリーズでは3代目になる。日産が開発を主導し、特に“日産イズム”を投入したといえるスーパートールワゴンだ。


日産 ルークス
▲試乗車は「ハイウェスター Gターボ プロパイロット エディション」。カラーはアメジストパープルとフローズンバニラパールの2トーン

ボディは非常に丁寧に作り込まれている。

「V」を大きく使ったフロントマスクとエンジンフードの雰囲気にはかたまり感があり、デザインからも力の入れようが理解できる。

見た目の質感も非常に良い。これには、三菱の工場での軽自動車製造ノウハウが生かされていそうだ。いままでの日産車では実現できていなかったフォルムのように思う。


日産 ルークス

日産 ルークス

日産 ルークス

日産 ルークス

日産 ルークス

試乗する前に、前後のシートに座ってみた。

内装、特にシートには、日産のエッセンスが導入されている感じがとてもする。心地よく、同社のミニバン、セレナなどを思わせる。前席だけでなくリアシートも、足のふくらはぎあたりまでソフトに支えてくれ、癒してくれる作りだ。


日産 ルークス

日産 ルークス

日産 ルークス

カメラマンと編集者を乗せ、試乗をスタートした。

エンジンの静粛性が高い。軽のヒエラルキーを全く感じない。

Dレンジに入れ、アクセルをゆっくり踏み込むと、ハイブリッドとターボCVTのマッチングが優しく、穏やかな立ち上がりだ。ターボのフラットなトルクに移行するほんのわずかなトルクの落ち込みを支えながらも、ターボと思わせない扱いやすさを感じさせる。

時速30kmほどまで速度を乗せれば、CVTが最も効率よく走らせるギア比をチョイスしてくれ、エンジン回転を抑えながらドライバーの加速の意向をうかがい、待ってくれている印象だ。

今回は3人乗車だからということもあると思うが、走り出しでも中間加速でも不愉快なノイズが感じられず、必要十分な出力の特性に思えた。

アクセルを離してから再度踏み込むようなシーンで発生しやすい前後の動きも、しっかり抑えるようなセッティングになっており、好ましい。

このようなスーパートールサイズの場合、走行時に体の揺れが特に大きくなりがちだが、ルークスはスムーズなアクセレーションの設定でなめらかだった。

速度を60kmほどまで上げてみる。3気筒のエンジン音は落ち着いたノイズで耳障りではない。しかも、その加速の瞬間にアクセルを閉じると静寂が戻る。

キャビン内は振動による気圧の差もなく快適だ。

カーブもトレースしやすく、視認性も良好だ。少し左右に連続したカーブではさすがに体の傾きは否めなかったが、ボディはフラットを意識したセッティング。ステアリングを不用意に離しても急激な変化を抑えている。

これは、先代に比べ、非常に安全を考慮した操作性のセッティングといえる。


日産 ルークス

新型ルークスは、総合評価として他のスーパートールワゴンより質感が高い。

今回の試乗では、プロパイロット機能を評価する機会がなかったが、この質感とこの乗り心地ならば、プロパイロットを併用し高速道路でも普通車さながらのゆったりドライブができるだろう。

文/松本英雄、写真/篠原晃一


【試乗車 諸元・スペック表】
●ハイウェイスターGターボ プロパイロット エディション

型式 4AA-B45A 最小回転半径 4.8m 駆動方式 FF 全長×全幅×全高 3.4m×1.48m×1.78m ドア数 5 ホイールベース 2.5m ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.3m/1.29m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 2.2m×1.34m×1.4m 4WS - 車両重量 1010kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 4名 車両総重量 1230kg ミッション位置 インパネ 最低地上高 0.16m マニュアルモード - 標準色

ブラックパール、スパークリングレッドメタリック、フローズンバニラパールメタリック、チタニウムグレーメタリック、アトランティックブルーパールメタリック

オプション色

ホワイトパール3コートパール、アッシュブラウンメタリック、アメジストパープルパールメタリック、アメジストパープル/フローズンバニラ2トン、スパークリングレッドP/ブラックP2トーン、ホワイトパール/チタニウムグレーM2トーン

掲載コメント

-

型式 4AA-B45A 駆動方式 FF ドア数 5 ミッション CVT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 ブラックパール、スパークリングレッドメタリック、フローズンバニラパールメタリック、チタニウムグレーメタリック、アトランティックブルーパールメタリック オプション色 ホワイトパール3コートパール、アッシュブラウンメタリック、アメジストパープルパールメタリック、アメジストパープル/フローズンバニラ2トン、スパークリングレッドP/ブラックP2トーン、ホワイトパール/チタニウムグレーM2トーン シート列数 2 乗車定員 4名 ミッション
位置 インパネ マニュアル
モード - 最小回転半径 4.8m 全長×全幅×
全高 3.4m×1.48m×1.78m ホイール
ベース 2.5m 前トレッド/
後トレッド 1.3m/1.29m 室内(全長×全幅×全高) 2.2m×1.34m×1.4m 車両重量 1010kg 最大積載量 -kg 車両総重量 1230kg 最低地上高 0.16m 掲載用コメント - エンジン型式 BR06 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆ 種類 直列3気筒DOHC 使用燃料 レギュラー 過給器 ターボ 燃料タンク容量 27リットル 可変気筒装置 - 燃費(JC08モード) 22.6km/L 総排気量 659cc 燃費(WLTCモード) 18.8km/L
└市街地:16.7km/L
└郊外:20km/L
└高速:19.1km/L 燃費基準達成 - 最高出力 64ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 100(10.2)/4000 エンジン型式 BR06 種類 直列3気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 659cc 最高出力 64ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 100(10.2)/4000 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆ 使用燃料 レギュラー 燃料タンク容量 27リットル 燃費(JC08モード) 22.6km/L 燃費(WLTCモード) 18.8km/L
└市街地:16.7km/L
└郊外: 20km/L
└高速: 19.1km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

日産ルークス(現行型)の中古車はこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ(2020/11/02)
2
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
3
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)
4
up
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
5
keep
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
6
down
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
keep
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
9
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
10
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027