新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟 / navi

クルマニュース

【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟 / navi

(2020/08/30)


トヨタ ハリアー
▲「WILD but FORMAL」といういまだに頭から消えない名キャッチフレーズ。世界に新しいジャンルをつくり出したトヨタ ハリアーは、23年経てもそのコンセプトを見失うことはない

先代を踏襲しながらも成熟させたデザイン

公道試乗をする前に、エクステリアの雰囲気をお伝えする。

ボディ断面はシャープ、複雑な抑揚は使わずにおおらかだが重厚感ある。先代のハリアーオーナーが成熟すると欲するデザインというところだろうか。

新しいハリアーにおけるデザインのクライマックスは、先代を踏襲したCピラーからギュッとキャビンを絞り込んだリアデザインをよりクリーンでスマートに見せたところにある。


トヨタ ハリアー
▲このリアビューからは豊かでゆとりがあることを想起させるエッセンスが感じ取れる

ドアを開けてインテリアも確認する。

水平基調のセンタークラスターは、質感を向上させるソフトパッドをうまく使用しながら美しく仕上げている。実際に手で触れると先代に比べて張りも弾力も向上した。


トヨタ ハリアー
▲水平基調にソフトパッドが配されたインテリア
トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

ただし、目に見えにくい部分では価格を抑えるためにもコスト削減策を講じている。例えばドアを開けたときの板金部分だ。見る人が見ればまだ途中の仕上がりとすら思える。一度ドアを閉めてしまえば、誰からも見える部分ではないのだが。

価格と高級感がうまくバランスするハイブリッドと扱いやすいガソリンモデル

まずは、FFハイブリッドのZレザーパッケージに試乗だ。

ハイブリッドの走り出しの静粛性は、世界を変えたと言っても過言ではない。

段差を越えた瞬間、低速でもよく動くサスペンションだということが理解できる。大きなうねりに対してはスポーティに反応する部分もあるがおおむね乗り心地はよい。

エンジンが始動したときも先代よりも滑らかになっている。一方、モーターとエンジンの相乗効果でトラクションを失うことがあった。当日は路面が濡れていたのでその点が感じやすかった。

街中で走行していてもステアリングホイールのしっかり感をとても感じることができた。 価格と高級感を考えると魅力的な仕様だと言える。

続いて電気式四輪駆動の“E-Four”の試乗だ。

先ほどよりも多少重めに感じるが、同時に走り出しに重厚感もある。フロントのトラクションも上手に分散されて濡れた路面でも失いにくい。高速時のコーナーリングでもFFと比べると安定感が違う。

乗車するとわかる路面との設置感がE-Fourには存在する。全体的にどっしりとしているボディが安定性に貢献しており、乗り心地が上質な印象だ。

しかし、さらに上質と感じられたのが最後に乗ったFFのガソリンモデルであった。これは不思議なのだが軽量でコンベンショナルな仕様であるが、まことに扱いやすいのである。

普通に走ることにかけては伝統の成熟は素晴らしいと感じた。もちろん進化しているハイブリッドも魅力的だが、まだまだ発展の余地を感じるのだ。

今回のモデルチェンジでさらに高級感を感じさせてきたハリアーは、これから先もハイブリッドでも今までできなかった乗り味を追求していくのであろう。それを目指していることがよく理解できる試乗であった。


トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー
文/松本英雄、写真/尾形和美

【試乗車 諸元・スペック表】
●2.5 ハイブリッド Z レザーパッケージ

型式 6AA-AXUH80 最小回転半径 5.7m 駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.74m×1.86m×1.66m ドア数 5 ホイールベース 2.69m ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.61m/1.63m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 1.88m×1.52m×1.22m 4WS - 車両重量 1690kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 1965kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.19m マニュアルモード ◯ 標準色

センシュアルレッドマイカ、ブラック、スレートグレーメタリック、スティールブロンドメタリック

オプション色

プレシャスブラックパール、ダークブルーマイカ、ホワイトパールクリスタルシャイン

掲載コメント

※T-Connect標準サービスは新車登録後5年間無料です

型式 6AA-AXUH80 駆動方式 FF ドア数 5 ミッション CVT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 センシュアルレッドマイカ、ブラック、スレートグレーメタリック、スティールブロンドメタリック オプション色 プレシャスブラックパール、ダークブルーマイカ、ホワイトパールクリスタルシャイン シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.7m 全長×全幅×
全高 4.74m×1.86m×1.66m ホイール
ベース 2.69m 前トレッド/
後トレッド 1.61m/1.63m 室内(全長×全幅×全高) 1.88m×1.52m×1.22m 車両重量 1690kg 最大積載量 -kg 車両総重量 1965kg 最低地上高 0.19m 掲載用コメント ※T-Connect標準サービスは新車登録後5年間無料です エンジン型式 A25A-FXS 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー 過給器 - 燃料タンク容量 55リットル 可変気筒装置 - 燃費(JC08モード) 26.4km/L 総排気量 2487cc 燃費(WLTCモード) 22.3km/L
└市街地:19.5km/L
└郊外:25.1km/L
└高速:22.1km/L 燃費基準達成 R02年度燃費基準
+50%達成車 最高出力 178ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 221(22.5)/5200 エンジン型式 A25A-FXS 種類 直列4気筒DOHC 過給器 - 可変気筒装置 - 総排気量 2487cc 最高出力 178ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 221(22.5)/5200 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 使用燃料 レギュラー 燃料タンク容量 55リットル 燃費(JC08モード) 26.4km/L 燃費(WLTCモード) 22.3km/L
└市街地:19.5km/L
└郊外: 25.1km/L
└高速: 22.1km/L 燃費基準達成 R02年度燃費基準 +50%達成車

●2.5 ハイブリッド E-Four Z レザーパッケージ 4WD

型式 6AA-AXUH85 最小回転半径 5.7m 駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 4.74m×1.86m×1.66m ドア数 5 ホイールベース 2.69m ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.61m/1.63m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 1.88m×1.52m×1.22m 4WS - 車両重量 1750kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 2025kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.19m マニュアルモード ◯ 標準色

センシュアルレッドマイカ、ブラック、スレートグレーメタリック、スティールブロンドメタリック

オプション色

プレシャスブラックパール、ダークブルーマイカ、ホワイトパールクリスタルシャイン

掲載コメント

※T-Connect標準サービスは新車登録後5年間無料です

型式 6AA-AXUH85 駆動方式 4WD ドア数 5 ミッション CVT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 センシュアルレッドマイカ、ブラック、スレートグレーメタリック、スティールブロンドメタリック オプション色 プレシャスブラックパール、ダークブルーマイカ、ホワイトパールクリスタルシャイン シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.7m 全長×全幅×
全高 4.74m×1.86m×1.66m ホイール
ベース 2.69m 前トレッド/
後トレッド 1.61m/1.63m 室内(全長×全幅×全高) 1.88m×1.52m×1.22m 車両重量 1750kg 最大積載量 -kg 車両総重量 2025kg 最低地上高 0.19m 掲載用コメント ※T-Connect標準サービスは新車登録後5年間無料です エンジン型式 A25A-FXS 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー 過給器 - 燃料タンク容量 55リットル 可変気筒装置 - 燃費(JC08モード) 26.3km/L 総排気量 2487cc 燃費(WLTCモード) 21.6km/L
└市街地:18.9km/L
└郊外:24.2km/L
└高速:21.4km/L 燃費基準達成 R02年度燃費基準
+50%達成車 最高出力 178ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 221(22.5)/5200 エンジン型式 A25A-FXS 種類 直列4気筒DOHC 過給器 - 可変気筒装置 - 総排気量 2487cc 最高出力 178ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 221(22.5)/5200 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 使用燃料 レギュラー 燃料タンク容量 55リットル 燃費(JC08モード) 26.3km/L 燃費(WLTCモード) 21.6km/L
└市街地:18.9km/L
└郊外: 24.2km/L
└高速: 21.4km/L 燃費基準達成 R02年度燃費基準 +50%達成車

●2.0 G

型式 6BA-MXUA80 最小回転半径 5.5m 駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.74m×1.86m×1.66m ドア数 5 ホイールベース 2.69m ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.61m/1.63m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 1.88m×1.52m×1.22m 4WS - 車両重量 1570kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 1845kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.2m マニュアルモード ◯ 標準色

センシュアルレッドマイカ、ブラック、スレートグレーメタリック、スティールブロンドメタリック

オプション色

プレシャスブラックパール、ダークブルーマイカ、ホワイトパールクリスタルシャイン

掲載コメント

※T-Connect標準サービスは新車登録後5年間無料です

型式 6BA-MXUA80 駆動方式 FF ドア数 5 ミッション CVT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 センシュアルレッドマイカ、ブラック、スレートグレーメタリック、スティールブロンドメタリック オプション色 プレシャスブラックパール、ダークブルーマイカ、ホワイトパールクリスタルシャイン シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.5m 全長×全幅×
全高 4.74m×1.86m×1.66m ホイール
ベース 2.69m 前トレッド/
後トレッド 1.61m/1.63m 室内(全長×全幅×全高) 1.88m×1.52m×1.22m 車両重量 1570kg 最大積載量 -kg 車両総重量 1845kg 最低地上高 0.2m 掲載用コメント ※T-Connect標準サービスは新車登録後5年間無料です エンジン型式 M20A-FKS 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー 過給器 - 燃料タンク容量 55リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 1986cc 燃費(WLTCモード) 15.4km/L
└市街地:11.3km/L
└郊外:15.7km/L
└高速:18km/L 燃費基準達成 H27年度燃費基準
+10%達成車 最高出力 171ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 207(21.1)/4800 エンジン型式 M20A-FKS 種類 直列4気筒DOHC 過給器 - 可変気筒装置 - 総排気量 1986cc 最高出力 171ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 207(21.1)/4800 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 使用燃料 レギュラー 燃料タンク容量 55リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 15.4km/L
└市街地:11.3km/L
└郊外: 15.7km/L
└高速: 18km/L 燃費基準達成 H27年度燃費基準 +10%達成車
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

トヨタ ハリアー(現行型)の中古車はこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ(2020/11/02)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
3
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
4
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)
5
up
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
6
keep
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
7
down
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
8
up
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
9
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
10
down
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027