新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル / navi

クルマニュース

【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル / navi

(2020/10/08)


アウディ A6
▲昨年フルモデルチェンジされたアウディ A6に試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする

重厚感あるディテールが印象的な新型A6

昨年2019年3月に日本で登場した、5代目となる新型アウディ A6。

新型A8のデザインコンセプトを投入しているため、先代のおとなしいイメージから、重厚感と高級感が増している。その証拠に、分厚くて重みのあるドアなんかはハイグレードモデルそのものだ。

このA6から、一気にトップモデルに近づけたクオリティを提供している。そんなアウディ A6を試乗したので、その感想をレポートしたい。


アウディ A6
▲テールランプにあるメッキの加飾やバンパーに組み込まれたマフラーカッターが印象的なリアビュー

モーターとの組み合わせで2Lでも十分! 静粛性と安定性が非常に高い

試乗したのは、昨年10月に新しく加わったA6セダンの45 TFSI クアトロ。

245ps、約38kg・mのトルクを発揮する、2L 4気筒ターボチャージャーエンジンに、最大で8ps、6kg・mほどのトルクを発生させるモーターを組み合わせた、マイルドハイブリッドモデルだ。


アウディ A6
▲ボディサイズからするとやや非力に見えるユニットだが、いい意味で期待を裏切られることとなる

動き出してみると、発進や加速時のトルクが欲しいときに、初めの後押しをモーターで行うので、2L 4気筒とは思えないパフォーマンスを繰り広げる。この大きなボディを軽々と動かす。

しかも、4気筒とは思えないほど静粛性が高い。大抵は負荷をかけた途端に静粛性が失われる場合が多いが、A6は高級車に相応しく不愉快な振動は皆無だ。

小気味よいシフトが可能な、ツインクラッチ仕様のトランスミッションも、ジェントルでスムーズさを強調させている。

ただし、極低速時の上り坂といったシチュエーションでのアクセルコントロールは、マニュアル車に近いコツを要する。

街中から一本入った細い道に入り込んだときに、車体の大きさを感じさせない。これは、4WSの恩恵である。後輪が曲がると、小回りがとてもしやすい。ということを改めて感じる。

試乗した日は、風速が8m以上にも関わらず、終始ボディは安定しており、ステアリングの細かな修正が必要ないほどであった。クワトロシステムは、守護神のごとくドライバーへの安心感を高めてくれる。

安心感と乗り心地は、FFとは明らかに違う。フロントとリアの状況に応じた動力の細かなかけ方が、知らないうちに高い安定性を生み出しているのだ。


アウディ A6
▲オプションの20インチのホイールを装着しているが、わだちにハンドルを取られることなく、入力をスムーズかつ最適にいなし、キャビン内を常に安定させている

かつてラグジュアリーなモデルは、排気量が大きい方が滑らかといわれていた。だが、A6の場合はそんなこともなく、4気筒ターボとマイルドハイブリッドの組み合わせが、このボディにはピッタリである。

ついA6は、ワゴンタイプのアバントに目を奪われがちだが、やはりセダンは乗り心地とオフィシャルな場面での体裁には分がある。

ゆとりを感じさせ、良質を知る審美眼をもった紳士淑女には申し分のないモデルである。

どこへ行っても、何年たっても、いつでも安心と心のゆとりを感じさせるプライベートカーであることは間違いない。


アウディ A6
▲ブラックとシルバーを基調にしたインテリア
アウディ A6
▲シート表皮のステッチにこだわりが感じられる 文/松本英雄、写真/篠原晃一

【試乗車 諸元・スペック表】
●45 TFSI クワトロ 4WD

型式 3AA-F2DKNF 最小回転半径 5.7m 駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 4.94m×1.89m×1.45m ドア数 4 ホイールベース 2.93m ミッション 7AT 前トレッド/後トレッド 1.63m/1.61m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS △ 車両重量 1770kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 -kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.16m マニュアルモード ◯ 標準色

ブリリアントブラック

オプション色

ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、ファーマメントブルーメタリック、フロレットシルバーメタリック、カラットベージュメタリック

掲載コメント

-

型式 3AA-F2DKNF 駆動方式 4WD ドア数 4 ミッション 7AT AI-SHIFT - 4WS △ 標準色 ブリリアントブラック オプション色 ミトスブラックメタリック、グレイシアホワイトメタリック、ファーマメントブルーメタリック、フロレットシルバーメタリック、カラットベージュメタリック シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.7m 全長×全幅×
全高 4.94m×1.89m×1.45m ホイール
ベース 2.93m 前トレッド/
後トレッド 1.63m/1.61m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 1770kg 最大積載量 -kg 車両総重量 -kg 最低地上高 0.16m 掲載用コメント - エンジン型式 DKN 環境対策エンジン - 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 ターボ 燃料タンク容量 73リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 1984cc 燃費(WLTCモード) 11.4km/L
└市街地:7.5km/L
└郊外:11.9km/L
└高速:14.2km/L 燃費基準達成 H27年度燃費基準
達成車 最高出力 245ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 370(37.7)/4300 エンジン型式 DKN 種類 直列4気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 1984cc 最高出力 245ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 370(37.7)/4300 環境対策エンジン - 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 73リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 11.4km/L
└市街地:7.5km/L
└郊外: 11.9km/L
└高速: 14.2km/L 燃費基準達成 H27年度燃費基準 達成車
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

アウディ A6(5代目・現行型)のカタログはこちら アウディ A6(5代目・現行型)の中古車はこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027