新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X / navi

クルマニュース

【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X / navi

(2020/10/28)


スバル レヴォーグ
▲文字どおり「地に足をついた」走りを目指してセッティングされたスバルの新型レヴォーグ(プロトタイプ)。今回は初搭載となるEyeSight Xもテスト

先代レヴォーグはスバルらしく進化し続けていた

初代レヴォーグのプロトタイプに試乗してから6年以上が経過した。

日本の立地に適合したサイズで人気を得て、現在ではよく目にするモデルに成長した。

2年前に再度試乗をしたとき、外観に大きな変化はなかったがサスペンションとステアリングフィールの改良により乗り心地はしなやかさを増していた。

常に改良を重ねているところに、スバルがエンジニアリングで主導しているメーカーだということがよくわかる。

特に1.6L直噴ターボはレギュラーガソリン仕様のダウンサイジングでありながら、ドライバビリティは水平対向ユニットならではのものである。これで十分だと今でも感じる。

お家芸であるEyeSightも次世代を予感させる角の取れた制御となった。好みは分かれるが、より広範囲で細かく制御されるようになっていた。

そして今回、スバルグローバルプラットフォームのシャシーを使った新型レヴォーグのプロトタイプに限定的なシチュエーションではあるが試乗をしてきたのでその様子をお伝えしたい。

新開発の1.8リッターターボは2.5リッター以上にも感じる加速!

コースは一般道を想定した速度レンジによるスラロームと、段差時のサスペンションの評価ができるように作られている。

エンジンの始動はとにかく静かで、静粛性はひとつ大きなクラスに乗り替ええたような雰囲気だ。

ドアを閉じた感じも先代よりもフロントは重厚感が増した。ただし、前席に比べると後席のドアはそこまでではない。

新たなユニットは1.6リッターから排気量をアップした新開発の1.8リッターターボで、走り出しはスムーズかつパワフル。軽量化されたクランクシャフトの恩恵も相まってレスポンスも良く、2.5リッター以上にも感じる加速だ。

加速していく途中でCVTの設定が先代とは違うことがわかる。スムーズというよりも多段のイメージを意図的に作っており、逆に不自然な印象でもある。

しかし、エンジンのトルク特性が濃厚なことから、中間加速はとても良い。快適なロングツーリングが約束されているかのようだ。

短い距離で時速70キロから時速30キロまで落とすとブレーキのタッチが非常に良い。剛性感があって踏めば踏むほど制動力が生まれる性能だ。

ただし、負荷をかけたtoki のコントロール性は新たなブレーキシステムということもあるのだろうか、不自然さが残る。これからの熟成が楽しみだ。

そのままコーナリングをすると、シャシーのしっかり感が先代とはまるで違う。安心してフラットライドで走り抜けることが可能だ。

ロールをしてもタイヤがしっかりと路面に追従している感じがとてもする。地に足がついたサスペンションとはこういうセッティングであろう。

スラロームでのアクセルコントロールと素早いステアリング操作が一体となって、よりスムーズな進入と脱出が可能となる。

新たなZF社製の電子制御ダンピングシステムは、一般道で初めてその効力を発揮しそうな装備だが、今回通常のダンパーと乗り比べてわかったのは、電子制御式のダンパーは路面の変化に細かく対応してボディがバイブレーションを起こる前にちゃんと収束させている。

通常のダンピングユニットだと、中速域あたりで様々な路面のアンジュレーションに対してボディの振動を収束できない場面もあった。今回はプロトタイプなので、量産型での公道試乗が楽しみである。


スバル レヴォーグ
▲減速やカーブでのロール時も四輪をしっかり接地させて安定させようとするのがスバルの考え方。それがよくわかる仕上がりになっていた

自動運転を見据えたアイサイトの進化

今回の試乗の目玉は、EyeSight Xという新しいバージョンの運転支援システムである。

これは自動運転を見据えているのは当然であるが、追従システムがまだ完全ではないようで私のときは誤動作もあって十分に試すことができなかった。

追従では、ブレーキの制動制御や車間のコントロールは滑らかで上手な制御である。

車線変更をウインカーひとつで行うことができるシステムもとても滑らかだ。

相当運転が慣れた人の車線変更である。

よそ見をしていると警告を発する装置があり、これも便利ではあるものの相当の時間、横を向いていないと反応しなかった。

もう少し早めの警告が望ましいが、プロトタイプなので量産時はそのあたりのソフトウエアも含めた部分がより確実なセットアップとなるはずだ。

あらかじめ地図のデータを3D化して入れておくと、料金所で自動的に速度に落としてETCゲートを通過できる機能も付いた。仮設の料金所を通ってみたがちゃんと速度を落としていた。

これは疲労の軽減に寄与し、実際の場面でうまく作動したら自動運転がどんどん現実となる。

車の性能は申し分ない。

先代よりも確実にしっかりとした骨格で、安心感を得られる電子制御のサスペンションとブレーキシステムである。そうでなければ高高度の運転支援システムはものにならないに違いない。

スバルはそう見込んで、新たなレヴォーグにしっかりとした車本来の性能に高度な電子デバイスを装着して安全性を増していることが、新型レヴォーグを試乗することによって理解できるのであった。


スバル レヴォーグ
▲EyeSight Xでは地図データと組み合わせて料金所で減速する機能を新搭載
スバル レヴォーグ
▲ドライバーの異常を察知察知したときには回避策も作動する 文/松本英雄、写真/篠原晃一
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027