新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる / navi

クルマニュース

【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる / navi

(2020/10/29)


トヨタ RAV4 PHV
▲今年6月に追加されたRAV4のPHVモデルに試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートする

※現在RAV4 PHVは生産状況に応じて注文が一時停止中です。再開など詳細はトヨタ自動車株式会社のHPにてご確認ください

公式ページはこちら

ハイブリッドより出力とEV走行航続距離を高めたPHV

RAV4のガソリンおよびハイブリッド、RAV4 PHVの販売は絶好調である。だが、PHVにおいては部品調達の生産調整ができず、2020年内の生産枠はすでに埋まっている。

RAV4 PHVは、グレードによっても価格差はあるが、だいたい500万円程度のプラグインハイブリッドのSUVと思えばいい。

力強いタフな性能を感じさせながら、都会的なエッセンスをもつRAV4。さらにPHV化することにより、付加価値を高めている。

PHVにすると車両重量は増加するが、フロントのモーターに強化品が装着されており、システム出力は306psを発生し、重量に見合ったパフォーマンスを発揮する。

この強化されたシステムによって、ハイブリッドモデルより出力もEV走行可能な航続距離も高められたのだから、売れている理由もわからないでもない。

では、実際に動力性能がトータルで本当にアップしたのか。試乗したフィールをお伝えしたい。


トヨタ RAV4 PHV

トヨタ RAV4 PHV

静粛性も乗り心地も良好! 走りもとても力強い

試乗の前に外観を見渡す。ハイブリッドモデルと比べ、モールディングの追加とフロントのグリルを変更し、高級感をもたせた都会的な印象のデザインに変更されている。


トヨタ RAV4 PHV
▲こちらがハイブリッドモデル。SUVらしい力強さが高いデザインだ

早速乗り込んでみると、ボンネットの形状によって、車幅などの感覚がつかみやすいことがわかる。

AUTO EV/HVモードで走り出す。この日は真夏日。日差しで車内が暑いが、エアコンの性能が優秀で、思ってた以上に早く快適な温度にコントロールしてくれる。

エアコンを起動させしばらくすると、エンジンも始動するが、振動や騒音はほどんど感じられない。プリウスPHVよりも、ここら辺の静粛性は高いと感じた。

一般道を走っていると、いつの間にかEVモードに切り替わり、静粛性が非常に高くなる。だが、エンジンが始動していても、バッテリーや動力に負荷が少ない場合はとても静かである。

静粛性もさることながら、ボディ剛性がハイブリッドのRAV4よりも高く、シャシーがとてもしっかりしていて、タフなイメージが増した。


トヨタ RAV4 PHV

次に一般道から首都高速に入る。ETCゲート前で速度を落して気づいたが、ブレーキのコントロールがとてもしやすく、トヨタのハイブリッドの中では一番タッチが自然であり好感触だ。

グッと加速して本線へ合流するが、この加速が外観から和想像できないほど軽快で素早い。さすが306psは伊達じゃない。

段差やうねりにより突き上げ感を感じるモデルもあるが、高速での乗り心地も落ち着いていて良好だ。

鈍重で重さを感じるSUVとは違い、中速から高速のカーブでのスタビリティがとても高く、ドライビングが楽しくなる。

パッと見違いのわからないのRAV4だが、ハイブリッドモデルとの違いはステアリングを握り、走らせなければわからない。当然高値になってしまうが、価格以上の性能を楽しめるPHVのSUVであることは間違いない。


トヨタ RAV4 PHV
▲インテリアは黒を基調としたシックな仕様だ 文/松本英雄、写真/尾形和美

【試乗車 諸元・スペック表】
●2.5 ブラック トーン E-Four 4WD

型式 6LA-AXAP54 最小回転半径 5.7m 駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 4.6m×1.86m×1.7m ドア数 5 ホイールベース 2.69m ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.6m/1.62m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) 1.89m×1.52m×1.23m 4WS - 車両重量 1920kg シート列数 2 最大積載量 -kg 乗車定員 5名 車両総重量 2195kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.2m マニュアルモード ◯ 標準色

-

オプション色

アティチュードブラックM/ホワイトパールCS、アティチュードブラックM/シルバーM、アティチュードブラックM/グレーメタリック、Aブラックマイカ/エモーショナルレッドII、アティチュードブラックM/ダークブルーM

掲載コメント

-

型式 6LA-AXAP54 駆動方式 4WD ドア数 5 ミッション CVT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 - オプション色 アティチュードブラックM/ホワイトパールCS、アティチュードブラックM/シルバーM、アティチュードブラックM/グレーメタリック、Aブラックマイカ/エモーショナルレッドII、アティチュードブラックM/ダークブルーM シート列数 2 乗車定員 5名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.7m 全長×全幅×
全高 4.6m×1.86m×1.7m ホイール
ベース 2.69m 前トレッド/
後トレッド 1.6m/1.62m 室内(全長×全幅×全高) 1.89m×1.52m×1.23m 車両重量 1920kg 最大積載量 -kg 車両総重量 2195kg 最低地上高 0.2m 掲載用コメント - エンジン型式 A25A-FXS 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー 過給器 - 燃料タンク容量 55リットル 可変気筒装置 - 燃費(10.15モード) -km/L 総排気量 2487cc 燃費(WLTCモード) 22.2km/L
└市街地:20.5km/L
└郊外:23km/L
└高速:22.5km/L 燃費基準達成 - 最高出力 177ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 219(22.3)/3600 エンジン型式 A25A-FXS 種類 直列4気筒DOHC 過給器 - 可変気筒装置 - 総排気量 2487cc 最高出力 177ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 219(22.3)/3600 環境対策エンジン H30年基準 ☆☆☆☆☆ 使用燃料 レギュラー 燃料タンク容量 55リットル 燃費(10.15モード) -km/L 燃費(WLTCモード) 22.2km/L
└市街地:20.5km/L
└郊外: 23km/L
└高速: 22.5km/L 燃費基準達成 -
松本英雄(まつもとひでお)

自動車テクノロジーライター

松本英雄

自動車テクノロジーライター。かつて自動車メーカー系のワークスチームで、競技車両の開発・製作に携わっていたことから技術分野に造詣が深く、現在も多くの新型車に試乗する。車に乗り込むと即座に車両のすべてを察知。その鋭い視点から、試乗会ではメーカー陣に多く意見を求められている。数々のメディアに寄稿する他、工業高校の自動車科で教鞭を執る。『クルマは50万円以下で買いなさい』など著書も多数。趣味は乗馬。

この人の記事を読む

トヨタ RAV4 PHV(初代・現行型)のカタログはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027