新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】 / navi

クルマニュース

美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】 / navi

(2020/11/21)


JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE
▲【JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE|写真=岡村昌宏】名車Eタイプの後を継ぐ、ロングノーズ&ショートデッキの正統派FRスタイルが美しい。スポーツカー好きの心を揺さぶらずにはいられないその存在は、フェイスリフトにより最新のモードをまとう

スポーツカー好きの心を揺さぶる、Eタイプの後を継ぐもの

かの名車Eタイプの後を継ぐもの。Fタイプと名乗るからには望むと望まざると、そういった形容がつきまとうことになる。

もちろん、2013年にデビューしたFタイプにはそう名乗る資格があった。比較的コンパクトにまとめられたロングノーズ&ショートデッキのFRスタイルや、豊富に揃うパワートレーンを生かしたシャシー設計など、スポーツカー好きの心を揺さぶらずにはいられない存在であったのだ。

そんなFタイプが初めての大掛かりなフェイスリフトを受けた。過去の改良はパワートレーンが中心でエクステリアはバンパーデザインの変更など最小限に留められていたが、今回は違う。見た目だけなら全く異なるスポーツカーが現れたかのようだ。

縦長から横長へ。ヘッドライト形状を変えるだけで、車の表情は劇的に変化するという良い見本である。併せてテールランプまわりもすっきりとした印象となり、いきなり最新モードとなった。


JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE
▲2020年のマイナーチェンジでフロントデザインを変更、ヘッドライトに加え、新デザインのクラムシェルボンネットやグロスブラックメッシュ仕上げのグリルが備わった
JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE
▲ブランド初のEVであるiペースから導入されたLEDシケイン・シグネチャーライトが備わっている

2Lエンジンを積んだコンバーチブルのP300に試乗したが、マイチェンの第一印象は「素晴らしいGT」だった。

もちろん以前よりGTカーとしてのポテンシャルは高かった。けれどもマイナーチェンジで圧倒的に“流していて気持ちのよい”長距離ランナーになったと思う。否、もちろんワインディングロードでも持ち前のスポーツ性能を遺憾なく発揮して存分に楽しめたのだけれど、街中や首都高速などを流しているときのドライブフィールもまた極上レベルに近づいた。車線キープの安定感はもちろんのこと、ノーズを思いどおりの位置に向けることができる感覚や、ほどよく速い加速にGT性能の高さを再認識したというわけだ。

4気筒エンジンは必要十分な性能を有する。けれどもさすがに官能性という面では、6気筒以上のようにはいかない。力はあるけれども回転フィールに面白みがない。けれども軽い分、ノーズの動きにスムースさがある。燃費もそこそこいくので、日常的にスポーツカーを楽しみたい向きには最適な1台だろう。

Fタイプに乗るならば、V8グレードまでは要らないと思う。575psエンジンのRがあるといっても、それくらいの馬力は今やメルセデスのAMGサルーンでも発揮されるからだ。

要するに、ずっと上の領域で勝負をしたところで、結果は微妙だ。ならばいっそ、エンジン性能を気にすることなくスタイルを存分に味わうのも十分ありだろう。コンバーチブルともなればなおさらだ。

2Lエンジンを積んだモダンジャガー。今風のスポーツカーだ。


JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE
▲12.3インチのインタラクティブ・ドライバーズディスプレイが標準装備に。グローブボックスなどに、さりげなく「JAGUAR Est.1935」のロゴが入る
JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE
▲6way調整式のスポーティなシートを採用、シートヒーター&クーラー機能はオプションとなる
JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE
▲搭載されるエンジンは300psの2L 直4ターボ、380psの3L V6ターボ、575psの5L V8ターボの3種類となる 文/西川 淳、写真/岡村 昌宏

【試乗車 諸元・スペック表】
●2.0L P300

型式 DBA-J60XB 最小回転半径 5.2m 駆動方式 FR 全長×全幅×全高 4.48m×1.93m×1.31m ドア数 2 ホイールベース 2.62m ミッション 8AT 前トレッド/後トレッド 1.6m/1.65m AI-SHIFT - 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 4WS - 車両重量 1670kg シート列数 1 最大積載量 -kg 乗車定員 2名 車両総重量 -kg ミッション位置 フロア 最低地上高 0.12m マニュアルモード ◯ 標準色

ナルヴィックブラック、フジホワイト、カルデラレッド

オプション色

サントリーニブラックメタリック、ユーロンホワイトメタリック、コリスグレーメタリック、インダスシルバーメタリック、ブリティッシュレーシンググリーンM、ロワールブルーメタリック、ウルトラブルーメタリック、カルパチアングレープレミアムメタリック、シリコンシルバープレミアムメタリック、ヴァロワールパールホワイト、メリベルホワイトパール、スペクトラルレーシングレッド、ベロシティブルーウルトラメタリック、リグリアンブラックウルトラメタリック、メスカリートブラックウルトラメタリック、ボレアリスブラックウルトラメタリック、ボスポラスグレーウルトラメタリック、ウィンドワードグレーウルトラメタリック、スカフェルグレーウルトラメタリック、ブリティッシュRグリーンウルトラM、バルモラルブルーウルトラメタリック、デザイアウルトラメタリック、マダガスカルオレンジウルトラメタリック、フラックスウルトラメタリック、リオゴールドウルトラメタリック、ヴェルビエシルバーウルトラメタリック、エーテルウルトラメタリック、アイガーグレイメタリック、ポルトフィーノブルーメタリック

掲載コメント

-

型式 DBA-J60XB 駆動方式 FR ドア数 2 ミッション 8AT AI-SHIFT - 4WS - 標準色 ナルヴィックブラック、フジホワイト、カルデラレッド オプション色 サントリーニブラックメタリック、ユーロンホワイトメタリック、コリスグレーメタリック、インダスシルバーメタリック、ブリティッシュレーシンググリーンM、ロワールブルーメタリック、ウルトラブルーメタリック、カルパチアングレープレミアムメタリック、シリコンシルバープレミアムメタリック、ヴァロワールパールホワイト、メリベルホワイトパール、スペクトラルレーシングレッド、ベロシティブルーウルトラメタリック、リグリアンブラックウルトラメタリック、メスカリートブラックウルトラメタリック、ボレアリスブラックウルトラメタリック、ボスポラスグレーウルトラメタリック、ウィンドワードグレーウルトラメタリック、スカフェルグレーウルトラメタリック、ブリティッシュRグリーンウルトラM、バルモラルブルーウルトラメタリック、デザイアウルトラメタリック、マダガスカルオレンジウルトラメタリック、フラックスウルトラメタリック、リオゴールドウルトラメタリック、ヴェルビエシルバーウルトラメタリック、エーテルウルトラメタリック、アイガーグレイメタリック、ポルトフィーノブルーメタリック シート列数 1 乗車定員 2名 ミッション
位置 フロア マニュアル
モード ◯ 最小回転半径 5.2m 全長×全幅×
全高 4.48m×1.93m×1.31m ホイール
ベース 2.62m 前トレッド/
後トレッド 1.6m/1.65m 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m 車両重量 1670kg 最大積載量 -kg 車両総重量 -kg 最低地上高 0.12m 掲載用コメント - エンジン型式 PT204 環境対策エンジン H17年基準 ☆☆☆☆ 種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク 過給器 ターボ 燃料タンク容量 63リットル 可変気筒装置 - 燃費(JC08モード) 12.2km/L 総排気量 1995cc 燃費(WLTCモード) - 燃費基準達成 - 最高出力 300ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm 400(40.8)/2000 エンジン型式 PT204 種類 直列4気筒DOHC 過給器 ターボ 可変気筒装置 - 総排気量 1995cc 最高出力 300ps 最大トルク/
回転数n・m(kg・m)/rpm 400(40.8)/2000 環境対策エンジン H17年基準 ☆☆☆☆ 使用燃料 ハイオク 燃料タンク容量 63リットル 燃費(JC08モード) 12.2km/L 燃費(WLTCモード) -km/L 燃費基準達成 - ジャガー Fタイプ コンバーチブルの中古車はこちら カーセンサーEDGE.netはこちら
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027