新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 318Ci 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

BMW 318Ci 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/06/30)

※この記事はカーセンサー関東版14号2000年4月13日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです
(Tester/飯田 裕子 Photo/桜井 健雄)

リアルな加速感とトルク感でスポーティな走りを実感できる

BMW 318Ci 走り|ニューモデル試乗 BMW 318Ci リアスタイル|ニューモデル試乗
↑小気味よい音がドライバーに「車を走らせる」という印象を与える(左)328Ciではクローム装飾が多数採用されていたが、318Ciは基本的にブラックだ(右)
1999年に先行導入された328Ciに続き318Ciが発売開始となった。1.9Lの直列4気筒SOHCエンジンを搭載し、右ハンドルには4ATが、左ハンドルには5MTが組み合わされている。
1.9Lエンジンはエンジン回転数に応じてインテーク・パイプの長さを切り換える共鳴過給吸気システムを搭載。これにより低中回転域でのトルク向上や高回転域での高い出力が得られるという。実際に試乗してみても低中回転域の生きのいいトルク感を実感。そして高回転域まで伸びやかな加速感が続き、ペダルの踏み込みに対してリアルな加速感やトルク感が得られるのだ。またエグゾーストノートもチューニングされているようで、328Ciよりも音が高く、小気味よい音がドライバーに「車を走らせる」という印象を与えてくれる。

室内でもスポーツシートやレザー・スポーツ・ステアリングを標準採用

BMW 318Ci インパネ|ニューモデル試乗BMW 318Ci エンジン|ニューモデル試乗
↑メーターパネルのデザインがセダンとは異なり、エレガント&スポーティな印象が強い(左)“318Ci”といっても搭載エンジンは1.9L。5MTでは十分な力強さを実感(右)
今回試乗したのは5MTモデル。シフトストロークは本格的なスポーツカーほどタイトではないが、確実でリズミカルな操作は十分に可能で運転を楽しむことができる。
足回りにはスポーツサスペンションを採用し、タイヤサイズも205/55R16を標準装備。街中での乗り心地は少々硬めな印象を受けるが不快感はない。高速道路やワインディングでは常に安定した接地感があり、ステアリングフィールに対してダイレクトな操作感がエンジンのトルク感同様にイメージ通りに車を走らせることができるのだ。
318Ciは室内でもスポーツシートやレザー・スポーツ・ステアリングが標準採用されている。特にMTモデルを選べば、雰囲気や乗り心地だけでなく、よりスポーティーな走りを堪能できるはずだ。
主要諸元のグレード 318Ci(5MT)
駆動方式 FR
トランスミッション 5MT
全長×全幅×全高(mm) 4490×1755×1370
ホイールベース(mm) 2725
車両重量(kg) 1330
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4SOHC
総排気量(cc) 1895
最高出力[ps/rpm] 118ps/5500rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 18.3kg-m/3900rpm
10・15モード燃費(km/L) -
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/63
車両本体価格 383.0万円
コンセプト 5点
フィニッシュ 5点
前席居住性 5点
後席居住性 4点
内装の質感 4点
取り回し 5点
操作系の使い勝手 4点
ラゲージルーム 5点
パワー感 4点
トルク感 4点
加速性能 4点
乗り心地 4点
操縦安定性 5点
高速安定性 5点
しっかり感 5点
ブレーキ性能 5点
環境対策 5点
燃費 4点
ステータス 5点
コストパフォーマンス 4点
得点合計 91/100
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Eクラス de|世界初の「ディーゼル+プラグインハイブリッド」の乗り味はスポーツセダンそのもの!(2020/02/07)
【試乗】アウディ TTロードスター|成熟した大人のオープンカー。サスペンションの動きに進化を感じる(2020/02/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027