新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧海外試乗_クライスラー PTクルーザー 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

海外試乗_クライスラー PTクルーザー 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/07/14)

※この記事はカーセンサー関東版16号2000年4月27日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです
(Tester/中村 孝仁)

個性的なスタイリングが魅力のアメリカンスモールカー

  • クライスラー PTクルーザー 走り|ニューモデル試乗
  • クライスラー PTクルーザー リアスタイル|ニューモデル試乗
↑ハンドリングはかなりきっちりしたもので、ワインディングも痛快にこなせる(左)リアもレトロな雰囲気にあふれる。大きなテールゲートは開口部も大きく使い勝手が良い(右)
日本に輸入されているアメリカ車は、ほとんどがLLクラス。小型はネオンとサターンぐらい。でもその2つではちょっと魅力に乏しいと嘆いていた人に、とっておきのアメリカンスモールが2000年7月に導入された。その名もクライスラー PTクルーザー。スタイリングは30年代風のレトロ調。まあ5ドアハッチバックといえばそれまでだが、そう単純なものではない。

スタイリングは写真を見てもらうことにして、早速乗った印象について話をしよう。試乗したのは、ほぼ日本仕様に近い右ハンドル、4速ATと2L DOHC16バルブエンジンの組み合わせ。ボディは大柄に見えるが、実際はほとんど5ナンバーサイズ。ところが車高のせいで、インテリアの空間は巨大。ゆとりは十分だ。2Lエンジンは、最高出力140psだが、少々中速トルクが細い。4000rpm以上のノイズについても、決して静かとは言えないが、主要なネガ要素はそれだけ。

ユーティリティの高さはワゴンに匹敵する

  • クライスラー PTクルーザー エンジン|ニューモデル試乗
  • クライスラー PTクルーザー インパネ|ニューモデル試乗
↑2L DOHC16バルブで140ps、19.2kg-mの性能。エンジンルームはぎっしりといった感じ。少しラフな印象ではある(左)そつなくまとめられ、使い勝手は良い。デザインは左右対称で、メーター周辺部と助手席エアバッグ部はボディ同色(右)
ハンドリングはかなりきっちりしたもので、ワインディングも痛快にこなせる。そしてボディ剛性はヨーロッパ車と比較しても遜色なし。ブレーキもちゃんと右ハンドル向けにブースターを右に移し、そのタッチも悪くない。MTに乗ると楽しさは倍加するが、まあ、ATでも十分だ。

デザイン的にはいわゆるファンカーだが、取り外し可能なリアシートをはじめ、ユーティリティの高さはワゴンに匹敵する。しかもそのスタイルから、新しい遊びの提案ができ、カスタムのベースにももってこいだ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード PTクルーザー
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4288×1705×1601
ホイールベース(mm) 2616
車両重量(kg) 1421
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1995
最高出力[ps/rpm] 140ps/5700rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 19.2kg-m/4150rpm
10・15モード燃費(km/L)
ガソリン種類/容量(L) 無鉛ガソリン/90
車両本体価格
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027