新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧海外試乗_オペル アストラクーペ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

海外試乗_オペル アストラクーペ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/07/16)

※この記事はカーセンサー関東版16号2000年4月27日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです
(Tester/中川和昌 Photo/アダム オペルAG)

アストラ本来の実用性の高さに加え、魅力的なデザインのニッチ・モデル

  • オペル アストラクーペ 走り|ニューモデル試乗
  • オペル アストラクーペ リアスタイル|ニューモデル試乗
↑程良いスポーツ性を持ち合わせ、クーペらしい軽快なハンドリングが楽しめる(左)サイドラインとエレガントなルーフライン、ショートデッキはアストラクーペの見せ場(右)
オペルは古くから量産車をベースにしたクーペ、あるいはカブリオレといった、いわゆるニッチ・モデルをリーズナブルに提供してきた。アストラクーペはまさにそうした流れをくむスポーティクーペだ。イタリアのベルトーネへ主要コンポーネントを持ち込んで生産されるのは先代アストラカブリオレと同様である。

イタリアのサルデーニャ島で国際試乗会が開催されたのは、そのためではないだろうが、地中海の春の光と爽やかな風、そして気持ちよく続く海岸道路がアストラクーペと実によくマッチして洒落た気分を満喫できた

セダンやハッチバックと比べ、シャーシやサスペンションはスポーティな味つけ

  • オペル アストラクーペ エンジン|ニューモデル試乗
  • オペル アストラクーペ インパネ|ニューモデル試乗
↑NAの1.8Lはすでにアストラやベクトラに搭載されているもの。日本に導入された2.2Lは新開発のオールアルミ製となる(左)メーターはホワイトとブラックの2色が用意され、いずれもデザインはスポーティにまとめられている(右)
搭載されるエンジンは1.8Lと2.2L、そして2000年秋追加される2Lターボの3タイプで、いずれも直4DOHC。日本へは2.2LにATを組み合わせて2001年から導入された。今回用意されたのは1.8Lと2.2LのMTのみだ。

走り出してまず感じるのはボディのしっかりした剛性感と、セダンやハッチバックに比べてシャーシやサスペンションがスポーティに味つけされていることだ。程良いスポーツ性を持ち合わせクーペらしい軽快なハンドリングを楽しめる。エンジンはいずれも、実用域でのトルクを重視したもので実に扱いやすい。もちろんモアパワーを望むなら2.2Lだが、1.8Lでも大きな不満を感じることはない。

何より魅力的なのは、やはりスタイルであろう。特にルーフラインとショートデッキの関係が美しい。それでいてアストラ本来の実用性の高さを兼ね備えているのだから文句はないのである。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード クーペ2.2L
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 5MT
全長×全幅×全高(mm) 4267×1709×1390
ホイールベース(mm) 2606
車両重量(kg) 1260
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 2198
最高出力[ps/rpm] 147ps/5800rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 203N・m/4000rpm
10・15モード燃費(km/L)
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/52
車両本体価格
クリックでタグの選択
最新ニュース
燃費、静粛性の向上も、本格オフローダー魂健在の新型ラングラーに乗った(2018/11/08)
わずか4年でフルモデルチェンジを迎えた新型X4。ステアリングを握っているだけで楽しい部分が湧き出してくる(2018/10/29)
待望の4WDが追加されたティグアン!! 安定性が増し、燃料費もリーズナブル(2018/10/18)
ノートにeーPOWER NISMOを超える韋駄天モデル“NISMO S”が追加(2018/10/18)
新型V60は一般道では走りに懸念があるも高速の安定性は良い。これからの改良に期待したい(2018/10/17)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027