新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ハマー H3 V8 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

ハマー H3 V8 【追加モデル】 / navi

(2008/07/30)

(Tester/馬弓良輔(インポートカーセンサー副編集長) Photo/尾形和美)

デカイ、ウルサイ、オソイ。だけど、いいんじゃない?

  • ハマー H3 V8 走り|ニューモデル試乗
  • ハマー H3 V8 走破性|ニューモデル試乗
↑低速トルクにモノを言わせ、ゆるりと加速していくV8はハマーにお似合い(左)約30度の勾配と20度のサイドスロープをもつ特設ステージが用意され、ハマーの能力の高さをアピール(右)
ご存じ、ハマー兄弟の末っ子H3。軍用車ベースの元祖H1は残念ながら生産中止となったが、ハマーブランド中興の祖たるH2は世界的なムーブメントを引き起こし、そのダウンサイズ版であるH3も好調のようだ。2008年モデルから日本では輸入元が変更となり、同時に右ハンドル車が導入され、7月にはV8モデル(左ハンドルのみ)も追加発売となった。
実車を前にすると改めて大きいと思う。H2の90%のサイズとはいえ全幅は1995mmとほぼ2mクラス。いい意味で受け取ると迫力はハマーそのものであり、悪く言うなら日本ではそれでも大きい。ただ日本でこのクルマに興味をもつ人の大半は、ハマーらしい迫力が失われていないことを喜ぶだろう。運悪くH2と並ばない限り、日本の路上においてH3はハマーそのものである。

ただ乗り込むと印象はやや変わる。オーバーフェンダーの張り出しが大きいために全幅は2m近いのだが、カタログによれば室内幅は1290mm。同じくらいの全幅をもつランクル200は1640mm。室内幅は測り方によりけりなので、実際はその数値差ほど狭くは感じない。

ただH2のあの助手席と運転席の間に横たわる広大なスペースがない分普通な感じである。よく書けば助手席との距離が近いとなるし、悪く表現するならハマーらしさにいくぶん欠けるとなる。

「Like Nothing Else」というキャッチコピー通り、ハマーのほかにハマーなし

  • ハマー H3 V8 インパネ|ニューモデル試乗
  • ハマー H3 V8 補助カメラ用モニター|ニューモデル試乗
↑品質感はあるが少々凡庸なインパネ回り。視界は良いので思ったよりも取り回ししやすい(左)08年モデルから採用されたルームミラー格納式の補助カメラ用モニター(右)
試乗時間の関係で注目のV8モデルにはチョイ乗りしかできなかったが、結論で言うとそれでもV8モデルをオススメしたい。直5モデルで走り出してまず感じるのは「遅い」ということだ。ボーボーうるさいし、パワーもトルクも不足しているこの5気筒エンジンは、組み合わされている4速オートマも含めて古臭いとしか言いようがない。カイエンやX5など昨今のドイツ製高性能SUVがもつ俊敏さとは程遠い。低速トルクにモノを言わせてワイドレシオのオートマのトルコンスリップも使いつつ、ゆるりと加速していくV8エンジンのほうがハマーにはお似合いだ。

とはいえ、H3は明らかにハマーである。ボヨヨ〜ンとした乗り心地、揺り戻しが怖いハンドリング、ポンポンうるさいことこの上ない警告音、ハイドロシトロエンのようにシューシューいうブレーキ、結線丸見えのシート下などなど、「偏差値」が高いとは言いかねるものの、それを補って余りあるオリジナルの魅力がある。隼や疾風を作った中島飛行機の残像をスバルに見出すよりも直截的に、ミリタリーモノの魅力がハマーには満ちあふれている。ハマーブランドが掲げる「Like Nothing Else」というキャッチコピーの通り、ハマーのほかにハマーなしである。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード V8
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4705×1995×1920
ホイールベース(mm) 2840
車両重量(kg) 2270
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V8OHV
総排気量(cc) 5327
最高出力[ps/rpm] 305ps/5200rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 44.3kg-m/4000rpm
10・15モード燃費(km/L) 5.7
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/88
車両本体価格 685.0万円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027