新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ティアナ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 ティアナ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/08/08)

「モダンリビング」というコンセプトはそのままに
すべての面でグレードアップを果たした2代目!

写真:篠原晃一 文:高山正寛
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
直線基調の初代から大胆なラインのデザインに進化
  • 日産 ティアナ エンジン|ニューモデル試乗
  • 日産 ティアナ ミッション|ニューモデル試乗
  • 日産 ティアナ カーナビ|ニューモデル試乗
「モダンリビング」なるコンセプトで今までの国産車にはなかったインテリア、車格に対し買いやすい価格など、そのバリューの高さでヒットしたのが初代ティアナ。2代目のエンジンバリエーションは3.5Lと2.5Lの2種類。3.5LはFFのみだが、2.5LはFFにV6、4WDには直4が設定される。ミッションは全車CVTに格上げ、走行性能の大幅向上を狙った。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
主力の2.5LをCVT化することで高級車にふさわしい走りを得た
  • 日産 ティアナ 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 ティアナ アルミホイール|ニューモデル試乗
  • 日産 ティアナ メーター|ニューモデル試乗
17インチを装着する250XVに試乗。乗り心地は柔らかめ、ロールも大きいが路面へのコンタクトはしっかりとしており、不安定な要素はまるでない。特に今回2.5Lへ排気量をアップ、4ATだったミッションもCVTにグレードアップしている。CVTの制御は非常に洗練されており、通常のトルコンATから乗り替えても違和感はなく、滑らかな加速を実現する。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
音、振動をしっかりと抑え、快適な車室内空間を実現
  • 日産 ティアナ リアシート|ニューモデル試乗
  • 日産 ティアナ フロントシート|ニューモデル試乗
  • 日産 ティアナ ラゲージ|ニューモデル試乗
フロントシートに座った際に、座骨のあたりを柔らかく、一方でしっかりと支えてくれる。体圧分散がうまく、シートの面全体で支えてくれることで腰痛持ちの筆者でも極めて良好だ。後席は旧型の後ろに反った平板的なシートから一新、前席よりさらに柔らかく座り心地は良好である。どの席でも静かで路面からの振動もうまく抑え込んでおり、快適な室内である。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
助手席に、そして後席に人を乗せたくなる出来の良さ
  • 日産 ティアナ フロントマスク|ニューモデル試乗
  • 日産 ティアナ 助手席パワーオットマン|ニューモデル試乗
  • 日産 ティアナ インパネ|ニューモデル試乗
テレビCMでもおなじみの『OMOTENASHI(おもてなし)』、日産の宣伝やマーケティングのうまさは業界でも評判だが、新型ティアナの出来はまさにこのコンセプトをうまく体現している。助手席ならパワーオットマンで、後席なら応接間のようなゆったりとしたソファ感覚で、乗った人すべてが「なんかいいね」と言ってしまいそう。そんな魅力を持つ高級車だ。
SPECIFICATIONS
グレード 250XV
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4850×1795×1475
ホイールベース(mm) 2775
車両重量(kg) 1510
乗車定員 5人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 2495
最高出力 136kW(185ps)/6000rpm
最大トルク 232N・m(29.7kg-m)/4400rpm
車両本体価格 326.55万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

2.5Lの最上級グレードだけあって、カーウイングス対応のHDDナビ+リアビュー&サイドブラインドカメラも標準装備。オプションの「BOSEサラウンド・サウンドシステム」はオススメ。

SAFETY(安全性)

横滑り防止装置VDCは6万3000円のメーカーオプション。それも250XVにしか設定がない(350XVは標準装備)。後席3点式シートベルトは標準装備しているのに、これがオプションというのが正直惜しい。

ECO(環境性能)

FFのVQ25DEエンジン搭載車はオプション装着により車両重量が1520kgを超えると平成22年度燃費基準+5%を達成する。低排出ガスに関しては3つ星(U-LEV)。もう少し環境性能向上に期待したい。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は12.0km/L、CVTにより、高速時のエンジン回転数も低めに抑えられ、巡航燃費も期待できる。何よりも2.5L車はレギュラーガソリン仕様という点が魅力。このご時世にはありがたい。

VALUE(バリュー)

旧型に比べれば、すべてがレベルアップしているので価格上昇はやむえないところ。しかし、ティアナのDNAは正常進化しながらも、提案も多く、新しい時代の高級車として高く評価できる。

総合評価
15
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027