新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ ビアンテ 【新型車】 / navi

クルマニュース

マツダ ビアンテ 【新型車】 / navi

(2008/08/22)

軽快な走りの性能と大胆なデザイン
リビングモードなどの工夫が満載!

写真:篠原晃一、尾形和美 文:高山正寛
PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
マツダになかった背高ミニバン。大胆なデザインや工夫が満載
  • マツダ ビアンテ エンジン|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ シフトレバー|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ リアカメラ画像|ニューモデル試乗
MPV、プレマシーと走りはいいが、他社のような背高ミニバンがなかったマツダ。そのラインナップを埋めるのがビアンテだ。ベースとなったプレマシー同様にエンジンは2L DISI(直噴)と2.3Lのいずれも4気筒、これにFF車は5AT、4WD車(2Lのみ)は4ATを組み合わせる。このクラスでは最後発ゆえに、デザインは今までになかった大胆なものとなっているのも特徴だ。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
足回りはミニバンの中でもトップクラスの軽快さ
  • マツダ ビアンテ 走り|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ アルミホイール|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ メーター|ニューモデル試乗
試乗は売れ筋の20S。ステアリングを切った量だけ、すっと鼻先が入る。ステップワゴンほど低重心ではないが、リアの接地感が高く、コーナリング時の不安が少ないのでセダンから乗り換えても違和感はない。ただし2Lエンジンで多人数乗車時は明らかにパワー不足。これが2.3Lになると振動も少なくなり、気持ちよく走れるのはなんとも皮肉なものだ。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
噂のリビングモード、確かに凄いが意外な盲点も…
  • マツダ ビアンテ 2列目シート(リビングモード)|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ フロントシート|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ ラゲージ|ニューモデル試乗
3列目を畳み、2列目を後端まで下げることで広大な足元スペースが生まれるリビングモードは確かに凄い。しかし、この2列目、シートの固定位置が一番前か後ろの2カ所しかない。これは後ろに下げた場合、シートベルトは3列目のものを使わなければいけないという問題からだ。シートにビルトインすれば問題ないのだが、これはコストもかかるので非採用だ。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
家族のためではなく、所有する誇りももてるミニバン
  • マツダ ビアンテ ヘッドライト|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ リアスタイル|ニューモデル試乗
  • マツダ ビアンテ インパネ|ニューモデル試乗
背高ミニバンに乗り替える際、「家族のため」と割り切るユーザーは少なくない。しかしビアンテの場合、いかにも「箱形のミニバンに乗ってます」でないデザインが何より新鮮。最初は賛否両論かもしれないが、あとから「これを買ってよかった」と思えるはず。光をうまく使った斬新なインパネ、細部にわたる品質の高さなど、他メーカーにも刺激を与える出来だ。
SPECIFICATIONS
グレード 20S
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4715×1770×1835
ホイールベース(mm) 2850
車両重量(kg) 1640
乗車定員 8人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力 111kW(151ps)/6200rpm
最大トルク 190N・m(19.4kg-m)/4500rpm
車両本体価格 240.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

オーディオは全グレードオプション設定。メーカーオプションのG-BOOK対応HDDナビも魅力的だが、ディーラーオプションのナビにサイド&リアカメラなどを組み合わせられる設定も選択肢として魅力的。

SAFETY(安全性)

プレマシーにはあるのに横滑り防止装置の設定すらないのはどうゆうことか。2&3列目中央のヘッドレスト&3点式シートベルトが付いていないのもダメ。これは6人までしか乗ってはいけません。

ECO(環境性能)

2種類あるエンジンは低排出ガスレベル75%(4つ星)達成。2L直噴エンジンを搭載するFF車は平成22年度燃費基準も+20%と優秀である。ただし4WD車になると+5%に落ちる。また23Sは+10%になる。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は12.8km/L。プレマシーは15.0km/Lを達成しているが、車重もかなり増えている中でこの数値は立派。レギュラー仕様という点もおサイフにやさしい。ちなみに23Sはハイオク仕様となる。

VALUE(バリュー)

安全装備では少々辛口だったが、それでも20Sにはアルミホイールやキセノンヘッドライトなど装備面でも目を引くものが装着されている。走りのいいミニバンが欲しかった人はまずはご試乗あれ!

総合評価
13
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
【新型】三菱 eKクロス|SUVテイストを前面に押し出した新感覚軽ワゴン(2019/09/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027