新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ムラーノ 【ロジャー安川の北米試乗】 / navi

クルマニュース

日産 ムラーノ 【ロジャー安川の北米試乗】 / navi

(2008/08/22)

※インディをはじめ、数々のレースで活躍するプロレーシングドライバー・ロジャー安川氏による、北米での試乗記です
(Tester/ロジャー安川 Photo/竹内英士)

シャープなデザイン、欧州車っぽいシックな雰囲気

  • 日産 ムラーノ フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ リアスタイル|ニューモデル試乗
↑よりシャープに変身した新型ムラーノは、4代目アルティマと同じDプラットフォームが採用されています。デコボコした道でも滑らかに走行するのが特徴
すでに北米では販売されていますが、2代目となる日産ムラーノが9月から日本でも販売が始まります。そこで今回は、アメリカでの新型ムラーノの試乗リポートを日本のみなさんにお届けしたいと思います。

初代からの丸みのある個性的なルックスを保ちつつ、よりシャープなデザインとなった新型。主なデザイン変更はフロントグリルのデザインや、前後部のランプとリアウインドウの形状ですが、実は外見よりも内装のデザインと質感がかなりグレードアップされています。そのインテリアはラグジュアリィSUV顔負けで、欧州車っぽいシックな雰囲気があります。まさにネーミングの由来でもある、イタリア・ムラーノ島で作られるヴェネチアン グラスのようにお洒落だといえるでしょう。

驚くほど静かな車内、乗り心地もスムーズ

  • 日産 ムラーノ エンジン|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ インテリア|ニューモデル試乗
↑シンプルなデザインのインテリアですが、革シートを含め質感は高いもの。VQ35エンジンにCVTミッションを搭載しています。パワーもスムーズに吹け上がります
搭載されているのはV6の3.5LのVQ35エンジン。前モデルから20ps出力アップとなる265psを発揮します。AWDのせいか、踏み込んだ時に驚くようなスピード感はないですが、SUVとしては十分なパワーを発揮。

何よりも驚いたのは、車内音の静かさです。いつ発進したのかわからないくらい、車内は快適。新しく採用されたDプラットフォームも確実に荒れた路面をスムーズにライディングしてくれます。初代モデルよりも高級感という面では、確実に上回る味つけになっています。

アップグレードしているのに、価格はやや下がった

  • 日産 ムラーノ ラゲージ|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ 前席シート|ニューモデル試乗
↑LEは運転席が6WAY、助手席が4WAYの本革電動パワーシートを標準装備。また左の写真のようにラゲージを区分けする工夫もされています
今回試乗したのはトップグレードのLE。20インチホイールが標準装備され、遠くから見ても確実にムラーノだという存在感があります。エントリーモデルとミッドグレードにあたるSとSLは18インチを標準装備。またSとSLはAWDのほかにFFも選べます。

内容がこれだけアップグレードしているのにもかかわらず、ベース価格は先代に比べ、若干ではあるものの値下がりしています。トップグレードのLEで、日本円にして約380万円。これにはかなりお買い得感を感じさせられます。SUV人気は低迷していますが、デザインと質感にこだわった新型ムラーノは協調性を求める人にはピッタリな車と言えるでしょう。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード LE
駆動方式 AWD
トランスミッション CVT/5AT
全長×全幅×全高(mm) 4788×1882×1699
ホイールベース(mm) 2825
車両重量(kg) 1878
乗車定員(人) 5
エンジン種類 DOHC V型6気筒
総排気量(cc) 3498
最高出力(ps/rpm) 265ps/6000rpm
最大トルク(kg-m/rpm) 34.3kg-m/4400rpm
10・15モード燃費(km/L) -
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/82
車両本体価格 36,450ドル(約380万円)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027