新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧VWパサートCC日本デビュー間近 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

VWパサートCC日本デビュー間近 【試乗by西川淳】 / navi

(2008/08/28)

Report / 西川 淳

クーペのようなセダンがこれからの流行か

「パサートCC登場!」と聞いて、多くの人は流行りのCC(クーぺ&カブリオレ)を思い浮かべたはず。おお、ついにパサートまで採用したか、もう少し突っ込んで、ついに4ドアにもCCの時代か、なんて期待した人もいたかもしれない(事実、4ドアのCCコンセプトカーをヨーロッパのショーでは何度も見かけた)。

紛らわしいが、パサートのそれはコンフォートクーペの略だという。簡単に言ってしまえば、まるでクーペモデルのように背が低い4ドアサルーン。そう聞いてM・ベンツCLSクラスを思い出した人は偉い。まさにそれのVW版。ジャガーXFあたりもそんな感じで、今後いろんなブランドからも登場しそうな新しいセダンのスタイルだ。もっとも、日本人にとっては新しくも何ともない。1980年代に一世を風靡したカリーナEDのコンセプトである。

パサートをベースに全長と全幅、トレッドを拡大しつつ、全高を50mmも下げた。結果的にセダンとは全く異なるサイズ感となった。室内に目を向ければ、CLSクラスと同様に、後席を真ん中でしっかりと区切った完全4シーターだ。それにしてもスタイリングはCLSによく似ている。サイズも、やや小さくなっている程度。VWエンブレムさえ隠してしまえば、CLSKだと言っても通用しそう。それどころか、最上級グレードの3.6L直噴V6+6速DSG+4モーション(4WD)モデルなら、本家本元のCLS350と比べて馬力で大幅に上回り、車重も100kgは軽いことから、動力性能では圧倒するはず。“CLSの350に乗るくらいなら、いっそ…"と考えてもおかしくない。

日本市場へは今年末にやってくる予定だ。まずはV6搭載のトップグレードと、200psの2.0TSI+6ATとなる。ミュンヘン近郊で開催された国際試乗会ではこのうちV6 4モーションと、日本導入予定のない140psTDIと160psTSIに乗ることができた。V6 4モーションは、フェートン未発売地域におけるVWのフラッグシップカーである。それゆえ、テクノロジー的にも見るべきものが多い。3.6L直噴V6+DSGはもとより、ダイナミックシャーシコントロールやアダプティブクルーズコントロールといった日本導入予定の装備や、未定ながらレーンチェンジアシストやパークアシスト、クライメートシートなどなど、技術的なハイライトは多岐にわたっている。

エンジンをかけてまず気づくのが、メーター文字が見慣れたブルーバックライトではなく白の自光式に改められた点。独特なVW流の雰囲気が薄れた半面、圧倒的に見やすい。これはまさにフェートンからの流れだという。併せて、ちょっとベントレーコンチネンタルGT風だったメーターパネルデザインも、大きな円形メーターの間に大きめのマルチファンクションディスプレイを置くという、ごくフツウのレイアウトとされた。ファンクション内文字も赤から白に変わっている。このあたり、視認性はいいがスペシャル感はかえって落ちたように思える。

走りはといえば、パサートの味つけをよりスポーティに、よりダイレクトに、よりダイナミックに進化させたもの。ディメンジョンとエンジン+パワートレインの変化分だけ、定評のあるパサートの走りに磨きがかかった。惜しむらくは、それゆえステアリングフィールやアクセルレスポンスがやや唐突で、ちょっとせわしない。エンジンも思ったほどパワフルさを感じず、フィールそのものも“快い"というレベルには達していなかった。もっとも、そうなったからといってVWらしいか、と問われると答えに窮してしまうのだが。

個人的には、ディーゼルとガソリンの両4気筒モデルの印象が良かった。派手な先進装備をもたないグレードのほうが、日本におけるニッチでツウなパサートの上級モデルらしくて好感がもてる。未試乗のハイパワー版4気筒モデルならば、そんな印象がさらに強くなることだろう。

今回登場したクルマ、メーカーたち

VWパサート

年末までにはCC国内デビュー予定

ライバルのクルマたち

M・ベンツEクラス

フルモデルチェンジが噂され始め相場下落中?

BMW5シリーズ

マイナーチェンジで年々進化し続けるスポーツサルーン

アウディA6

往年のドイツ車が失いつつある質実剛健さをもつ

ホンダレジェンド

センサー技術の結晶とも言えるスーパーハイテクセダン

日産フーガ

パワフルなエンジンを搭載し驚くほどスポーティ

フォトコレクション

写真:日本ではフラッグシップになる|試乗by西川淳
日本ではフラッグシップになる

フェートンが導入されていない日本において、このパサートCCがVWの最高級モデルになる。威風堂々としていながら、スマートなデザインはバイアスなしにカッコいい。受け入れられるかな?

写真:エンブレムが違えばCLS|試乗by西川淳
エンブレムが違えばCLS

まるでM・ベンツCLSのようなデザインです。低く抑えられた車高に、エッジの効いたプレスライン。スマートな選択肢としてはアリでしょうが、日本市場でどれほど食い込めるかが勝負

写真:もはや大衆車メーカーの雰囲気なし|試乗by西川淳
もはや大衆車メーカーの雰囲気なし

メーターパネルは最近のアウディ車と共通なのでは?それにしても高級車っぽいインテリアに仕上がっています。すべてが高機能的に配置されて、かつ質実剛健な雰囲気

写真:リアビューカメラを発見!|試乗by西川淳
リアビューカメラを発見!

なんとトランクのエンブレム内に、リアビューカメラが組み込まれています。日本仕様でも純正で装備してくる可能性大。後付けのオーディオメーカーは今後、市場が小さくなる?

写真:飛行場でも大々的なプロモーション|試乗by西川淳
飛行場でも大々的なプロモーション

ミュンヘンの飛行場で出迎えたのは、ぴっかぴっかのVWパサートCCたち。プロモーションのスケールがかなり大きい。それほどVWが巨大なメーカーであると同時に、パサートCCへ力が入っている


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
【試乗】新型 ボルボ S60|スポーティさとコンフォートな乗り心地を両立したボルボのフラッグシップセダン(2019/11/16)
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
【試乗】新型 ルノー トゥインゴ|小さくとも満足感のいく乗り心地と走り(2019/11/08)
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027