新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧オペル ザフィーラ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

オペル ザフィーラ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/09/01)

※この記事はカーセンサー関東版18号2000年5月18日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

アストラワゴン並みのコンパクトなボディに機能と実用性を凝縮

  • オペル ザフィーラ 走り|ニューモデル試乗
  • オペル ザフィーラ リアスタイル|ニューモデル試乗
↑1.4tのボディに115psでは非力に思うかもしれないが、トルクが太くて頼もしい(左)アストラワゴンとほぼ同じサイズ。全長は高いがCd値は0.328と優秀だ(右)
アメリカのミニバンをヨーロッパで仕立て直すとどうなるか。ザフィーラはオペルが出したその一つの答えだ。 コンセプトとしては今や特に斬新ではないが、ザフィーラの魅力はアストラワゴンとほぼ同サイズ、トヨタ イプサムより20cmも短いコンパクトなボディの中に、フレックス7シートシステムと呼ばれる多彩なアレンジの可能な3列7人乗りシートをはじめとした、機能と実用性を見事なまでに凝縮していることだ。

まず際立つのはシートシステムだ。シートを取り外すことなく様々なシートアレンジを可能にしているのだが、特にフロアにすっきりと収まるサードシートは実に巧み。しかも畳み込むときの感触はよくできたスーツケースのようにしっかりとしていて無理な力を必要としない。いかにもドイツ製品といった印象だ。

RVに特有なネガティブな要素がほとんど表面化していない

  • オペル ザフィーラ インパネ|ニューモデル試乗
  • オペル ザフィーラ エンジン|ニューモデル試乗
↑基本的にはアストラを踏襲するインパネは新鮮ではないが、わかりやすい(左)115ps/17.3kg-mを発生する1.8Lエコテック、トルクが太く頼もしい(右)
こうしたユーティリティもさることながら走行性能も悪くない。1.8Lの115psで、1.4tのボディでは非力に思うかもしれないが、このエンジンは実にトルクが太くて頼もしく、ザフィーラの正確を考えると大きな不満はない。むしろ驚かされるのは軽快なハンドリングだ。もちろん基本はスタビリティ重視だが、ロールはよく抑えられているし、不快なアンダーステアを感じることはない。セダンに近いフィーリングで粘り強く曲がっていく、とでも言おうか。要するにこの手のRVに特有なネガティブな要素がほとんど表面化していないのだ。

このところのオペルは、品質向上とともに走行性能へのこだわりに並々ならぬものがあるが、それがザフィーラにも十分に生かされているのである。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード CDX
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4315×1740×1675
ホイールベース(mm) 2695
車両重量(kg) 1420
乗車定員(人) 7
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1795
最高出力[ps/rpm] 115ps/5400rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 17.3kg-m/3400rpm
10・15モード燃費(km/L) 10.6
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/58
車両本体価格 288.3万円
中川和昌の責任採点
コンセプト 2点 取り回し 5点 加速性能 3点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 2点 環境対策 5点
前席居住性 3点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 4点 燃費 3点
後席居住性 3点 パワー感 2点 高速安定性 4点 ステータス 2点
内装の質感 3点 トルク感 3点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 2点
得点合計 66/100
(Tester/中川 和昌 Photo/桜井 健雄)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027