新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ ロゴ スポルティック 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

ホンダ ロゴ スポルティック 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/09/12)

※この記事はカーセンサー関東版20号2000年6月1日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

キビキビした走りが魅力、元気いっぱいのスポーツハッチ

  • ホンダ ロゴ スポルティック 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ ロゴ スポルティック リアスタイル|ニューモデル試乗
↑足回りは程良く引き締められ、走り全体がキビキビした感じにあふれている(左)TSは14インチアルミホイールを装着、車高も10mm低くなっている(右)
マイナーチェンジに伴って、新たに設定された「スポルティック」は、キビキビした走りの楽しさと、見た目の元気の良さが魅力的なグレードだ。

ベーシックグレードのGタイプをベースにしたスポルティックと、マイナーチェンジ前に最もスポーティだったTSを名称変更して装備を充実させたスポルティックTSの2種類がラインナップされる。スポルティックTSは、内容的には以前のTSとあまり変化はなく、Gタイプをベースとしたスポルティックでは、TS並みのスポーティなルックスを手に入れている。

また、シリーズ全体でエクステリアに新たなグリルが与えられたことで、質感がよりアップしており、これまでよりもヨーロピアンコンパクトっぽい雰囲気を漂わせている。室内も専用のセンターパネルやシート地など、ブラックで統一されたスポーティなものとなっており、シンプルながらも飽きのこないデザインとなる。このあたりもヨーロピアンコンパクトのような感覚をもっている。

街中の何気ない速度域でも元気の良さが感じられるモデル

  • ホンダ ロゴ スポルティック インパネ|ニューモデル試乗
  • ホンダ ロゴ スポルティック エンジン|ニューモデル試乗
↑ステアリングに赤いステッチが入る。Hマーク部分も赤でスポーティ(左)1.3Lの直列4気筒16バルブは、TSだけの専用ユニット。気持ちよさが信条(右)
今回試乗した、最もスポーティなスポルティックTSは元気いっぱいのスポーツハッチといった感じだ。搭載されるCVT(無段変速AT)のマルチマチックSがアクセル操作に敏感に反応し、エンジンのおいしい回転をスグに使えるのがウレシイ。

サスペンションはスポーティサスペンションと前後スタビライザーにより程良く引き締められ、走り全体がキビキビした感じにあふれている。街中の何気ない速度域でも元気の良さを感じることができる、楽しさを十分にもったクルマだ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード スポルティックTS
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 3785×1645×1515
ホイールベース(mm) 2360
車両重量(kg) 960
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4SOHC
総排気量(cc) 1343
最高出力[ps/rpm] 91ps/5000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 11.6kg-m/4800rpm
10・15モード燃費(km/L) 16.2
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/40
車両本体価格 132.8万円
河口まなぶの責任採点
コンセプト 3点 取り回し 4点 加速性能 3点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 3点 乗り心地 3点 環境対策 4点
前席居住性 3点 ラゲージルーム 3点 操縦安定性 4点 燃費 4点
後席居住性 3点 パワー感 3点 高速安定性 4点 ステータス 3点
内装の質感 3点 トルク感 3点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 69/100
(Tester/河口 まなぶ Photo/桜井 健雄)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027