新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディA4アバントはミドルクラスワゴンを凌駕する 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

アウディA4アバントはミドルクラスワゴンを凌駕する 【試乗by西川淳】 / navi

(2008/09/16)

新しいドライブトレインがもたらしたプロポーションの良さ

今年初めにデビューしたアウディ久しぶりの本格フル4シーター2ドアクーペであるA5が、FFベースでありながらあれほど美しいプロポーションを手に入れることができたのは、ひとえに新しいドライブトレインのおかげだった。フロントアクスル位置を前方に移動することで、“アゴ出っ張り過ぎ”なFFフォルムから逃れたのみならず、良好な重量バランスと足元空間の自由度も得たから運動性能と快適性の両方をレベルアップすることもできた。

結果、クーペのA5は言うに及ばず、そのあと登場したアウディビジネスの屋台骨、サルーンのA4もDセグメントで最良の選択肢の一つとなったのだ。そして、待望のA4アバント(ステーションワゴン)の登場である。やはり、プロポーションに注目しておきたい。ワゴンと呼ばれることを嫌うアウディらしい、ダイナミックでスポーティなルックスだ。特に真横からの眺めがいいのは、くだんのフロントアクスル位置、つまりは前輪の位置が前進したからである。前後オーバーハング、タイヤ、ホイールベース、ピラーの出発点、収束点、それぞれのバランスがいい。

サルーン同様にサイズアップを果たし、その存在の強さはA6が不要かと思うほど(実際、日本は世界でも数少ない、A6受難の国だ)。全長で+120mm、幅で+55mm、ホイールベースで+165mmとなり、気になるラゲージスペースも標準時+48Lの490L、後席収納時+76Lの1430Lとなるなど、ミッドサイズの本格ステーションワゴンと比較してもそれほど遜色のないスペックだ。えらいのは大型化したものの、重量増が抑えられた点。厳密な比較はできないけれども、同等グレード比では軽くなるというから驚く。現代の自動車において軽量化は最大の課題である。

まずは1.8L直4直噴ターボ+CVTのFFモデル「1.8TFSI」と、3.2LのV6直噴+6ATの4WDモデル「3.2FSIクワトロ」の2グレードが導入された。サルーンと同じラインナップ。FFの1.8TFSIで十分、というのが大筋の見解だが、個人的にはクワトロモデルを推す。

確かに1.8TFSIであっても走りの質感、パフォーマンスは十分だと思うし、何よりあの見栄えの立派さが437万円で手に入るということのお買い得感はライバルを蹴散らすに十分な動機づけになるだろう。それを認めつつもなお、クワトロの走り味の良さをアピールしたい。サルーンの同グレードで気になった街中の突き上げもややマイルドになり、全般的な乗り心地はシリーズ中最良だと思われた。それでいて、高速全域での安定感は保たれたままだから、少なくとも空荷の状態ではよくできたGTカーであると言っていい。想像するに、荷物をテキトーに積めば、さらにしっとりとした走りになるのではないか。そこまで考えると、パフォーマンスに余裕のあるV6で、しかも味つけのいいクワトロが欲しくなるのだった。

長距離ドライブが多い方には絶対にV6クワトロをオススメする。下手をすると、もはやEセグメントワゴンは不要かもしれない。それほどよくできたDセグワゴンである。

今回登場したクルマ、メーカーたち

アウディA4アバント

格上のステーションワゴン不要説が出るほど充実

ライバルのクルマたち

M・ベンツCクラスワゴン

スポーティに進化しながら、M・ベンツらしさを失わない

BMW3シリーズツーリング

スポーティな味つけはセダンでもワゴンでも同じ

VWパサートバリアント

昨今のドイツ車が失いつつある質実剛健さをもつ

ボルボV50

コンパクトながら必要なものが凝縮されています

トヨタクラウンエステート

高級なステーションワゴン、国産ではもう作らない?

フォトコレクション

写真:メリハリの利いたボディパネル|試乗by西川淳
メリハリの利いたボディパネル

全長4705mm×全幅1825mm×全高1465mmながら、結構なボリュームに見える新型A4アバント。旧型よりも大きくなっていながら、重量アップは最低限に抑えられている

写真:ドライブトレインが一新|試乗by西川淳
ドライブトレインが一新

A4アバントのデファレンシャルはエンジン直後、トルクコンバーターの前方にレイアウトされている。これによりロングホイールベースを実現し、前後重量配分の最適化も図った

写真:コックピットはセダンと同じ|試乗by西川淳
コックピットはセダンと同じ

ドライバーを中心にレイアウトされているコックピットは、セダンと共通。A6とも同じような雰囲気だが、ちょっと昔のトヨタ車っぽく感じるのは担当者だけだろうか?

写真:とりあえずパワーユニットは2種類|試乗by西川淳
とりあえずパワーユニットは2種類

A4同様、1.8L直4ターボと3.2LV6エンジンをラインナップしている。スペックを見て気になるのはガソリンタンクの容量だ。1.8L車が65Lで、3.2L車は63L。航続距離に違いはあるの?

写真:カーゴの荷物はスッキリ隠せる|試乗by西川淳
カーゴの荷物はスッキリ隠せる

ステーションワゴンで、どうしても気になるのが外から見える荷物でしょう。ラゲージカバーはステーションワゴンにつきものですが、フックをかけたり外したりすることなくキレイに動くのはA4アバントくらい

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027