新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マイナーチェンジしたM・ベンツSLクラス 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

マイナーチェンジしたM・ベンツSLクラス 【試乗by西川淳】 / navi

(2008/09/24)

狙い目はエントリーモデルのSL350?!

“キング・オブ・オープンカー”M・ベンツSLクラスの今回のマイナーチェンジにおいて、最も注目すべきグレードは何かと問われれば、SL63AMGのパフォーマンスが脳裏によぎりつつも、私はこのSL350であると答えるだろう。

確かにパフォーマンスに加えてステータスシンボルとしてのSLクラスも考えれば、SL550を含めたV8モデルこそ真骨頂であるかもしれない(12気筒モデルは雲上だ)。先々代SLクラス以来、V8モデルが本流であり続けたし、マイナーチェンジ前の現行型においてはSL55AMGというグレードが高級スポーツカーの代名詞的に一世を風靡した。

その一方で、かの300SLガルウイング以来続く6気筒モデル(直6からV6へと変わったものの)もまた、特にクロウト筋から高く評価されていた。鼻先が軽く、スポーツカーらしい振る舞いを満喫することができたし、バランスも良かったからだ。ただし弱点もあった。それは、力不足。ここ一発の加速が物足りなかった。マイナーチェンジなったSL350ではそこに手が入り、ついに6気筒で300psオーバーの力を得た。専用チューニングにより、従来よりもなんと+44psもの最大パワーを獲得している。これにブリッピング機能付き7速ATが組み合わされた。

フロントマスクを中心にした大がかりなエクステリアの改変により、前からの眺めや雰囲気は、マイナーチェンジ前とかなり異なっている。写真では少々伝わりづらいが、ワイド感が相当に強調され、押し出しも強い。フロントグリルが20mmもワイドになったからだ。これに比べれば、従来の顔立ちが可愛らしく思えるほど。リアからの眺めは以前とさほど変わらないが、ディフューザーやエンドパイプ、コンビネーションライトが異なっている。1本の太いルーバーが走るグリル、サイドアウトレット、エンジンフードのパワーバルジなどは伝説の300SLガルウイングから拝借したモチーフ。

インテリア全体に関しては見慣れたものだ。ただ細かな部分で最新モードに入ってきた。ナビやオーディオ、電話系の操作機能を統合したコマンドシステムが採用されたほか、SLKクラスで話題となったエアスカーフ機能や、シフトノブにエンジンスタートボタンを配したキーレスゴーシステムなど、随所に目新しい装備が見える。メーターパネルのデザインも新しい。また、一般道や高速道路といった走行状況別にヘッドライトの照射をコントロールする日本初のインテリジェントライトシステムを標準で装備。さらに緊急時のブレーキ操作でブレーキライトが点滅するアダプティブブレーキライトもM・ベンツとして初導入された。

試乗会当日はSL63AMGと入れ替えに乗ることになったので、いくらパワーアップしたとはいえ、SL350の性能が見劣りしてしまうのではという危惧があったが、それは杞憂だった。確かに、絶対パワーでは圧倒的な差がある。けれどもSL350には、“これぞオープンスポーツカー”というべき軽快な身のこなしと、胸をすくリニアで心地よい加速フィール、そして心とろけるようなエグゾーストノートがあった。

排気音のチューニングにこだわるのは昨今の高級スポーツカーの常識だが、M・ベンツもかなり上手になってきた。なかでもこのSL350のチューニングは絶品。エンジンフィールとも見事にユニゾンしており、オープンにして直接空気の震えを感じなきゃ損、という気にさせる。音や振動が心地よくドライバーに伝わるというのは、オープンスポーツカーにとって大事なこと。これがあって初めて、風そのものも気持ちよく感じることができる。こうなれば、316psのパワー感が効いてくる。力と音と振動が、乗り手のお尻から背骨を通り、脳天から空気中へと発散されるようだ。

惜しむらくは、SLKクラスには採用されているダイレクトステアの導入が見送られたこと。近い将来の設定に期待したい。

今回登場したクルマ、メーカーたち

M・ベンツSL

前期型の中古車相場はリーズナブルになりつつある

ライバルのクルマたち

ポルシェボクスター

味つけこそSLとは違えど、コンパクトでキビキビ走るにはうってつけ

ポルシェ911カブリオレ

スポーティかつエレガントという意味ではSLと共通のテイスト

BMW6シリーズカブリオレ

2シーターではないので直接のライバルではないが、かなりオシャレ

レクサスSC

絶版が噂される日本が誇るラグジュアリィオープンカー

AMG SLクラス

新車時価格を考えれば前期型はかなり安くなりつつある

フォトコレクション

写真:フロント周りが斬新に変わった|試乗by西川淳
フロント回りが斬新に変わった

見慣れていないから若干の違和感があるものの、ちょっと時間がたてば旧型が古臭く見えてしまうのだろう。かつてSLのマイナーチェンジでここまでルックスが変わったことはないのでは?

写真:リア周りは旧型とさほど大きく変わらない|試乗by西川淳
リア周りは旧型とさほど大きく変わらない

フロントフェンダー下にはガルウイングを彷彿とさせるサイドアウトレットが設けられている。またリアはディフューザーやエンドパイプ、コンビネーションライトが以前とは異なる

写真:SLK同様、冬でもオープンを楽しめる装備を追加|試乗by西川淳
SLK同様、冬でもオープンを楽しめる装備を追加

ヘッドレストにエアスカーフと呼ばれるヒーターを装備。エアコンのみならず、これにより冬でもオープンエアを快適に楽しむことができる。見かけ以上に効果は抜群

写真:マイナーチェンジで進化したコックピット|試乗by西川淳
マイナーチェンジで進化したコックピット

ナビゲーションシステムはHDDになり、素早いルート検索や音楽機能が充実した。マクラーレンSLR同様、エンジンスタートボタンはシフトノブ上に配置されている。全体的に洗練された

写真:SLのエンジンは3機種ラインナップ|試乗by西川淳
SLのエンジンは3機種ラインナップ

搭載するエンジンは3.5LのV6(316ps)、5.5LのV8(387ps)、そして5.5LのV12ツインターボ(517ps)の3機種。3.5Lモデルはノーズが軽く、316psでもパワフルな走りを披露する

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
up
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027