新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 ランサーセディア 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

三菱 ランサーセディア 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/10/01)

※この記事はカーセンサー関東版23号2000年6月22日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

乗り心地重視のセッティングに出来のいいCVTをプラス

  • 三菱 ランサーセディア 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 ランサーセディア リアスタイル|ニューモデル試乗
↑ツーリングは足とタイヤが固めてあり、接地感覚のあるスポーツライクな走りができる(左)後ろ姿はクルマにとって見せ場の一つなのだが、このリアビューでは……(右)
フルモデルチェンジしたランサーセディアは、新しいパッケージングセダンといっても、ヒップポイントはそんなに高くないので、あまりスペシャルな感じはない。もちろんルーフは高いので、室内は十分な居住空間をもつ。頭上や肩の左右にたっぷり余裕があるのはいい。

メカニズム面での注目は、新搭載のCVT。発進時も含め全域にわたってスムーズな仕上がり。ツーリングに装備されたスポーツモード6-CVTは変速のレスポンスもよく、ピシピシッという感じで“6速”を駆使できる。またこの仕様は足とタイヤも固めてあり、きちんとした接地感覚のあるスポーツライクな走りができる。走りにこだわるなら、断然この仕様を選択すべきだ。

CVTを他車に先駆けて搭載してきた新感覚セダン

  • 三菱 ランサーセディア インパネ|ニューモデル試乗
  • 三菱 ランサーセディア エンジン|ニューモデル試乗
↑ツーリング系のダークな色調なら落ち着きもあるが、それ以外はややプアか(左)GDIエンジンも成熟、また車体に合ったキャパで、これなら省燃費も期待(右)
このツーリング以外のバージョンは、乗り心地重視のセッティングで、ソフトな乗り味だが、コーナーでのロールは大きめ。また、ファミリィユースの仕様といえども、もう少しタイヤがしっかり地面をつかまえるという感覚が欲しいとも思う。ただ、エンジンについていえば、1.5Lでもトルクはあり、実用面での不満はないはず。

そして、このクルマ全体が何かヤワヤワしているという感じを強調しているのがソフトな感触のシートだ。このシート設定も含めて、乗り心地に関して過度にソフトであることを求める人は、最近は少ないように思うのだが。

出来のいいCVTを他車に先駆けて搭載してきた新感覚のセダンであるのがこのセディアだが、その弱みといえば、スタイリングであろうか。シンプル志向はいいとしても、これではあまりにも目立たないし、記憶もしにくい?
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ツーリング
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4480×1695×1430
ホイールベース(mm) 2600
車両重量(kg) 1190
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1834
最高出力[ps/rpm] 130ps/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 18.0kg-m/3750rpm
10・15モード燃費(km/L) 16.2
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/50
車両本体価格 186.0万円
家村浩明の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 4点 加速性能 4点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 4点 環境対策 4点
前席居住性 5点 ラゲージルーム 5点 操縦安定性 4点 燃費 4点
後席居住性 5点 パワー感 4点 高速安定性 4点 ステータス 4点
内装の質感 3点 トルク感 4点 しっかり感 3点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 82/100
(Tester/家村 浩明 Photo/渡邉 英昭、芳賀 元昌)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027