新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ ストーリア 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

ダイハツ ストーリア 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/10/06)

※この記事はカーセンサー関東版23号2000年6月22日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

ステアシフトのマニュアル感覚を、熟成の走りで楽しむ

  • ダイハツ ストーリア 走り|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ストーリア リアスタイル|ニューモデル試乗
↑直進安定性はもちろん、コーナーでのどっしりとした安定感も生まれた(左)雨の日には雨よけにもなるリアハッチ。ラゲージは見た目以上のスペースを確保(右)
今回のマイナーチェンジでは走行面の強化が印象的だ。まず、1Lモデルに加え新開発の1.3Lエンジンを搭載したモデルをラインナップ。また、すべてのモデルに新開発の電子制御式4速オートマチックやフロントサスペンションにはカーブドオフセットスプリングを採用している。

この聞き慣れないスプリングは世界初採用。樽型のバネの片側をラウンドさせたようなカタチをしていて、コンパクトなストーリアの走りを効率良くさらに頼もしくするべく開発されたアイテムといえる。

今まで以上に力強く頼もしいエンジンが印象的なモデル

  • ダイハツ ストーリア インパネ|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ストーリア  エンジン|ニューモデル試乗
↑ツーリングモデルにはホワイトメーターを採用。ステアシフトの切り換えも簡単だ(左)新開発の1.3Lエンジンは1Lでは加速が物足りないという人にオススメ(右)
主に試乗した「ツーリング」モデルは新グレードだ。ベースモデルでも内外装は若干のリフレッシュがされているが、ツーリング系モデルについては特にスポーティな外観が印象的だ。カラードロアスカートやフロントバンパー一体型の大型フォグランプの装着、またタイヤサイズなどが変更され、今までのストーリアとは一味違ったボリューム感がある。

実際に乗ってみると今まで以上に力強く頼もしいエンジンが印象的だった。安全性をさらに強化したボディと新採用のフロントサスペンションを含む足回りの強化によって、直進安定性はもちろん、コーナーでのどっしりとした安定感も生まれた。熟成の走りを実感できる。

また新開発のオートマチックはシフトショックがわずかに感じられるものの、次々と変わる走行シーンに素早く対応するあたりは走りの幅をさらに広げているといえる。新装備のステアシフトも、オートマチックながらステアリングに用意されたスイッチでマニュアルドライブを楽しむこともできる。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ツーリング
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 3660×1600×1450
ホイールベース(mm) 2370
車両重量(kg) 870
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1297
最高出力[ps/rpm] 110ps/7000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 12.8kg-m/4400rpm
10・15モード燃費(km/L) 17.6
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/40
車両本体価格 133.8万円
飯田裕子の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 4点 加速性能 4点 ブレーキ性能 5点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 4点 環境対策 5点
前席居住性 5点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 3点 燃費 5点
後席居住性 4点 パワー感 3点 高速安定性 5点 ステータス 3点
内装の質感 3点 トルク感 4点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 5点
得点合計 83/100
(Tester/飯田 裕子 Photo/渡邉 英昭)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027