新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧久しぶりに正規輸入されるランチアデルタ 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

久しぶりに正規輸入されるランチアデルタ 【試乗by西川淳】 / navi

(2008/10/06)

どういうブランド戦略を立てるのか気になる

フィアット首脳陣はこう明言した。ランチアとアルファロメオの関係は、マセラティとフェラーリのそれに似ている、と。なるほど、そうであればスポーツ=アルファロメオでのレース活動と、ファッション中心のブランドマーケティングを行うラグジュアリィ=ランチア、という現在の位置づけがよく理解できる。

来年、日本市場へ再びランチアが正規輸入される見込みで、その初っ端が今回紹介するデルタになるわけだが、“ランチアデルタ"という名前にもはや、過去のラリーイメージを被せてはいけない、ということ。初代ランチアデルタといえば、言ってみればランエボ&インプの先祖のようなモデルで、今なおマニアックな人気を集めている。日本におけるイメージは、デルタ=インテグラーレ=ラリーカーで、それ以上でも以下でもない。だから3代目デルタにもその面影を追ってしまいそうになるが、それは徒労です。

ベースはフィアット系Cセグメント用プラットフォームで、現在、フィアットブラーバが使用しているもの。ただし、ボディサイズはCセグの範疇で語れないほど大きい。全長は4.5mを超え、幅も1.8m、ホイールベースに至っては2.7mである。これはBMW3シリーズとほぼ同じというディメンジョンで、デルタという車がC&Dセグのいいとこ取りであることを示すものだ。後発故の工夫と見るべきか。

CセグだけれどもDセグの余裕でラグジュアリィ、とくればターゲット層は高級車や大型車からのダウンサイジング組である。いきなりコンパクトカーには行けないけれども、でかい車には乗ってられないと考える層は意外に多い。彼らに対する提案であって、Cセグにおけるサイズだけをあげつらって巨大だと批判するのは的外れだろう。

それにしても、アクの強い、個性的なルックスである。ホイールベースの長さがこの車をハッチバックというよりもステーションワゴンっぽく見せている。インテリアには、'90年代までの(つまり以前、オートザムによって正規輸入されていた頃の)ランチアのような“落ち着いた上品さ"ではなく、個性的なデザインとモダンなあしらいが目立つラグジュアリィさだ。ポルトラナフラウのフルレザー仕様の用意もあるとか。

あいにく、日本に導入される予定の仕様(1.8L直噴ツインターボ+アイシン6AT)はまだ完成車がなく試乗も叶わなかったが、1.4L直4ターボエンジン+6MTモデルを試すことができた。車そのものは、至って“マトモ"という印象が強い。リアクティブダンパーの採用で、乗り心地は至ってマイルド&ソリッドでいかにも現代的。静粛性にも優れ、確かにアルファロメオやフィアットの同クラス車とは異質の仕上がりである。がつがつした気分にならないイタリア車、という意味では貴重だ。

問題は、やはりイメージだろう。日本におけるランチアのイメージは、一握りの熱心なファンを除くと、前述したようなインテグラーレ色が強い。そこに同じ名前をもつ、全く異なるコンセプトの車をどう売り込むのか。ランチアといえば、戦前からすでにハイレベルで先進的な走りを実現してきたブランドである。偏ったイメージは本来、このブランドの本質ともかけ離れたものだから、ぜひとも再上陸を機に、日本におけるブランドの再構築を図ってほしい。

今回登場した車、メーカーたち

ランチアデルタ

往年の名車が復活し、まもなくスポーツモデルが追加される

ライバルの車たち

VWゴルフ

同じモデルでもグレードによって性格はかなり異なる

ボルボC30

モーターショーのコンセプトカーが飛び出してきたような強烈な個性

ミニ

ヨーロッパではポルシェターボオーナーがセカンドカーに購入するケースが多い

フォードフォーカス

海外では評価の高いフォーカスだが日本では苦戦を強いられている

シトロエンC4

これほどまでの個性を味わえるのはシトロエンならでは

フォトコレクション

写真:個性的なルックスはちょっと高貴|試乗by西川淳
個性的なルックスはちょっと高貴

ランチアのラインナップを見れば、フロントマスクには共通のモチーフが採用されていることに気づく。ホイールは部分塗装することでユニークなルックスを得ている

写真:ロングホイールベースで快適|試乗by西川淳
ロングホイールベースで快適

ベースはフィアット系Cセグメント用プラットフォームで、現在、フィアットブラーバが使用しているもの。リアのブレーキランプはリアフェンダー上に配される

写真:ランチアはラグジュアリィブランド|試乗by西川淳
ランチアはラグジュアリィブランド

アルファロメオのスポーティかつセクシーなインテリアとは異なる。どことなく高貴な雰囲気を醸し出しているのが素敵だ。色使いの上手さはイタリアンデザイン特有か

写真:まるでソファのような美しさを感じさせる|試乗by西川淳
まるでソファのような美しさを感じさせる

リアシートはスライドし、カーゴスペースを広く使えるので意外と機能的。シートの形状はまるで本革ソファ。ヘッドレストの形状、オシャレじゃないですか?ちょっとやりすぎ?

写真:1.8Lツインターボモデルが日本仕様の予定|試乗by西川淳
1.8Lツインターボモデルが日本仕様の予定

日本に導入される予定の仕様(1.8L直噴ツインターボ+アイシン6AT)はまだ完成車がなく試乗も叶わなかったが、1.4l直4ターボエンジン+6MTモデルを試すことができた

Report/西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
魔法の絨毯のようなロールス・ロイス ファントムは、運転席こそが特等席だ(2018/05/09)
ライバルひしめくDセグに乗り込んだジュリアは、イタリア車の既成概念を打ち破る1台だ(2018/05/05)
情熱にも冷静にも対応できる車、それがアウディ Q5だ(2018/05/01)
ディーゼル車はパワーを、ガソリン車はインテリジェンスを手に入れたマツダ CX-5(2018/04/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027