新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アキュラ TSX 【ロジャー安川の北米試乗】 / navi

クルマニュース

アキュラ TSX 【ロジャー安川の北米試乗】 / navi

(2008/10/10)

※インディをはじめ、数々のレースで活躍するプロレーシングドライバー・ロジャー安川氏による、北米での試乗記です
(Tester/ロジャー安川 Photo/竹内英士)

ルックス&イメージを大幅に変更し、新たなアイデンティティを生み出そうとしている

  • アキュラ TSX フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • アキュラ TSX リアスタイル|ニューモデル試乗
↑アキュラ車のフロントグリルは、同じデザインに統一していく方向になっています。TSXは斜め前から見ると一回り小さいレジェンドに見えて大人っぽい雰囲気
今春モデルチェンジをしたTSXは、日本の次期アコードのベースとなる車です。欧州では今年6月から既に販売され、日本は今年末あたりになるのではないかと噂されています。今まで北米ではハイテク感を最先端にアピールしていたアキュラですが、ルックス&イメージを大幅に変更し、新たなアイデンティティを生み出そうとしているような気がします。グリル回りも欧州アコードとは異なります。

フロント部のデザインは特にアキュラ車の協調性を出しています。新しくデザインされたフロントグリルは、モデルチェンジをしたMDXやRL(日本ではレジェンド)などと同じデザインで、一瞬でアキュラの車だと見分けることができます。ボンネットのデザインも遠くから見るとガッチリしたイメージで、アメリカ人には好まれるデザインです。

前モデルよりもエントリーモデルっぽさがなくなり、上質感が高まった

  • アキュラ TSX インパネ|ニューモデル試乗
  • アキュラ TSX 運転席|ニューモデル試乗
↑インテリアのデザインはヨーロッパ車顔負け。8インチのモニターも見やすく、シートの革の質感も良いものになっている。内装に関しては文句なしで、エントリーモデルとは思えない内容
ベースモデルと、8インチモニターのナビが搭載されるテクノロジーパッケージが用意され、共に5ATと6MTのミッションを選ぶことができます。

前モデルよりもエントリーモデルっぽさがなくなり、上質感は高まっています。外見に関しては賛否両論の意見がありますが、インテリアのデザインは確実にグレードアップしています。総じて、今までとは一味違う妥協感を感じさせないヨーロピアンテイストに仕上がっていると言えるでしょう。

アップグレードしているのに、価格はやや下がった

  • アキュラ TSX エンジン|ニューモデル試乗
  • アキュラ TSX 走り|ニューモデル試乗
↑2.4L i-VTECエンジンを搭載で、7000rpmまでガンガン回せます!! 2.2L i-DTECを搭載したTSXも次期販売予定
先代モデルから全長、ホイールベース、そして全幅が延びていてプラットフォームの安定感が向上されています。ライディングはスムーズになっていますが、キビキビした動きはとくに感じられずHONDA車としては珍しいくらいハンドルのフィールも軽くなっています。コーナリングを攻めるようなセッティングにはなっていませんが、街中での運転には適しています。

2.4Lのエンジンはもう少しパワーが欲しいと感じますが、7000rpmまで回せばしっかりとVTECが利いてくれて加速してくれます。パドルシフトのレスポンスも良いのでワインディングでの走行は楽しめるものの、こちらもやはりトルクは物足りなく感じるので、後日販売が予定されているi- DTEC(ディーゼル)エンジンが搭載されるTSXが待ち遠しいところです。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード 5AT Technology Package
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4726×1840×1440
ホイールベース(mm) 2705
車両重量(kg) 1581
乗車定員(人) 4
エンジン種類 DOHC i-VTEC 4気筒
総排気量(cc) 2400
最高出力(ps/rpm) 201ps/7000rpm
最大トルク(kg-m/rpm) 23.5kg-m/4300rpm
10・15モード燃費(km/L) -
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/70
車両本体価格 32,060ドル(約350万円)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027