新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ ムーヴコンテ 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

ダイハツ ムーヴコンテ 【ニューモデル】 / navi

(2008/10/15)

ライフスタイルを重視している
新規ユーザー層にアピールするハイト系モデル

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
ムーヴシリーズを補完する角張ったハイト系モデル
  • ダイハツ ムーヴコンテ フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ムーヴコンテ シフト|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ムーヴコンテ 瞬間燃費計|ニューモデル試乗
軽自動車に新たな潮流を起こしたムーヴのユーザー層も最近はやや保守的になったのだそう。角張ったフォルムを持つムーヴの新シリーズ「コンテ」はこれらとは違う新しいユーザー獲得を目的とした意欲作だ。他のダイハツ車同様、標準とカスタムの2系統をラインナップ。燃費性能に優れるCVT仕様は両モデルに、ターボ車はカスタムのみの設定となる。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
適度なロール感が気持ちいい、次の進化を感じる足回り
  • ダイハツ ムーヴコンテ 走り|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ムーヴコンテ カスタム 走り|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ムーヴコンテ メーター|ニューモデル試乗
試乗はコンテのX-LimitedとカスタムのRS、いずれもFFでCVTを搭載する。全体の印象としてはコーナリング時のロールがムーヴに比べ、やや大きめに感じる。しかし不安かというとこれがまったく逆で、接地感はしっかりしている。自社製CVTは加速時のうなり音もかなり押さえ込まれ洗練度は向上。これが次世代のダイハツの走りと感じる出来の良さだ。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
運転席パワーエントリーシートはなかなか魅力的
  • ダイハツ ムーヴコンテ リアシート|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ムーヴコンテ フロントシート|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ムーヴコンテ ラゲージ|ニューモデル試乗
注目はフロントシートの出来の良さでサイズもムーヴよりショルダー部がやや大きめ、座り心地も良い。イタリア人デザイナー(ダイハツ社内の方)によるデザインもちょっと小粋。何よりも電動で運転席側シートが調整できるのが便利だ。降車時には約80mmスライド、乗車時にはメモリー機構によりベストポジションまで復帰するなど他車にない魅力も有している。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
シンプルなライフスタイルを求める人にオススメしたい
  • ダイハツ ムーヴコンテ リアスタイル|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ムーヴコンテ フロントセンターアームレスト|ニューモデル試乗
  • ダイハツ ムーヴコンテ インパネ|ニューモデル試乗
直線基調ながらコーナーの角をすっきりとさせたデザイン、ゆとりある室内空間に使い勝手の良い装備類と既存の軽自動車ユーザーとは違う、ライフスタイル重視の新規ユーザーへ十分アピールできるのではないだろうか。実際、発売1カ月で目標の約2.5倍となる1万台の受注が入っていることからも、ダイハツの狙いはビシッとはまっているのだろう。
SPECIFICATIONS
グレード X-Limited
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 3395×1475×1645
ホイールベース(mm) 2490
車両重量(kg) 850
乗車定員 4人
エンジン種類 直3DOHC
総排気量(cc) 658
最高出力 43kW(58ps)/7200rpm
最大トルク 65N・m(6.6kg-m)/4000rpm
車両本体価格 128.1万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

さすがにカーナビはオプションだが、全面UVカットガラス、キーレスエントリー、オートエアコンも標準装備。また花粉除去機能付きのプラズマクラスターもオプションで選択できるのもいい。

SAFETY(安全性)

デュアルSRSエアバッグ、EBD付きABSも標準装備するが、VSC(横滑り防止装置)の設定がメーカーオプションにもないのは残念。電動シートもいいが、安全装備の充実にも力を入れて欲しい。

ECO(環境性能)

全車低排出ガスレベル75%(4つ星)達成。平成22年度燃費基準の最も優れているのはCVTを搭載するX-LimitedとXのFF車で+25%と優秀な数値。またターボを搭載するカスタムRSはFF車で+20%となる。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費はコンテのX-Limitedで23.0km/L、カスタムRSも21.5km/L(いずれもFF車)と20km/Lを超える。逆に4ATを搭載するLグレード系は21.0km/L。車両価格は高めでもCVTをオススメする。

VALUE(バリュー)

ダイハツはこのコンテをラインナップに加えることでムーヴシリーズを強化し、ミラ、タントと並ぶ、商品群の柱として重要視している。その中身は期待に応えるもので完成度は高い。

総合評価
18
写真:尾形和美 文:高山正寛
<%media(testdrive/rader_081015.gif|null)%>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027