新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランボルギーニLP640は誰もが運転できるスーパーカー 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

ランボルギーニLP640は誰もが運転できるスーパーカー 【試乗by西川淳】 / navi

(2008/10/24)

どこまでも非日常をもたらしてくれるスペシャルな存在

スーパーカーブーム時代の雄、ランボルギーニカウンタックの子孫であり、理想型とも言えるのがこのムルシエラゴLP640。V型12気筒エンジンをドライバーのすぐ後ろに置き、それはボディサイズのほぼ半分を占めるほどの巨大さ。LPは、カウンタック時代に使っていた呼称で、エンジン縦置きミッドシップを意味している。数字は排気量ではなく、パワーを表している。

パッケージングの基本コンセプトは、スイングタイプドアとともに、カウンタックのそれとほぼ同じと考えていい。その莫大なパワーを確実に路面へと伝えるため、ディアブロ以来のVT(4WD)システムを搭載するが、これも実はカウンタック時代に開発エンジニアが“理想”として掲げていたものだった。スタイリングは基本的にディアブロを進化させたパッケージだから、基本的なシルエットはそのモダン版。ムルシエラゴそのものは、アウディ傘下となって初のランボルギーニだが、LP640へのマイナーチェンジによって外装のディテールが一層アグレッシブになり、猛牛ブランドのフラッグシップにふさわしいオーラを放つに至った。ロードスターモデルの用意もある。

巨大なV12気筒を縦置きにするというメカニズムパッケージありき、の車ゆえ、居住スペースも、決して狭くはないが最小限で、装備類もそれほど凝ってはいない。コックピット回りにしても、デザインやマテリアルはともかく、装備や機能に関しては走りに必要なものだけを選んで備えたという印象が強い。結局のところ、ムルシエラゴの魅力はと言えば、実にランボルギーニらしいスタイリングと、伝統のV12エンジンの放つ爆発的なパワーの2つということなのだろう。

もちろん、いかにランボルギーニといえども、いつまでも硬派なスーパーカーではいられない。ご多分に漏れず、2ペダルセミATのeギアシステムもオプションで選ぶことができる。カウンタックやディアブロほどでないにせよ、それなりに独特な乗り味をもつ車だから、マニュアルギアシフトをしないことで一つの操作から解放されることの意味はかなり大きい。ずばり、誰だって運転できる12発のランボである。オーバー3,000万円級の超高級スポーツカーゆえ、内外装の仕立てに関しては、かなりの自由が利く。高級ラグジュアリィブランドと同様に、カラーコーディネイトのフルオーダーも可能。特に内装に関しては、そのマテリアルから豊富な選択肢が用意されている。

2ペダルを選べば、動かすことそのものはラク。4WDとeギアの組み合わせの場合、微速域での取り回しに若干のぎこちなさが出るが、走り出してしまえば苦労はない。それよりも、独特の視界と車両感覚に慣れが必要だろう。“速さ”に関しては、文句ナシ。しかも、ムルシエラゴでなければ味わえない世界がプラスされている。地面を這うようなドラポジ、それと速さゆえ路面に潜り込むかのような加速フィール、背中で奏でられる重厚でメカニカルなエンジンフィール、そして周囲の視線。安楽なスポーツカーが増えてきた今、2ペダルが選べるようになったとはいえ、まだまだ硬派なスーパーカーとして天下無比の存在だ。

今回登場した車、メーカーたち

ランボルギーニムルシエラゴLP640

ムルシエラゴのマイナーチェンジモデルはすべてにおいて唯我独尊

ライバルの車たち

フェラーリ599

車重を忘れさせてくれるほど軽快感がたっぷり

アストンマーティンヴァンキッシュ

若干、古くなってきたが紳士のスーパーカーとしての存在感たっぷり

M・ベンツSLRマクラーレン

マクラーレンとのコラボは終焉を迎え、今のうちに動態保存がオススメ

ポルシェカレラGT

電子制御デバイスはほとんどなく、ハードコアなスーパーカーとして貴重な存在

フォトコレクション

写真:羽を上げるようなドアが個性|試乗by西川淳
羽を上げるようなドアが個性

パッケージングの基本コンセプトは、スイングタイプドアとともに、カウンタックのそれとほぼ同じと考えていい。莫大なパワーを確実に路面へと伝えるため、ディアブロ以来の4WDシステムを搭載

写真:すべてが非日常をもたらす|試乗by西川淳
すべてが非日常をもたらす

地面を這うようなドラポジ、それと速さゆえ路面に潜り込むかのような加速フィール、背中で奏でられる重厚でメカニカルなエンジンフィール、そして周囲の視線。すべてが唯我独尊です

写真:意外とスパルタンな仕上がり|試乗by西川淳
意外とスパルタンな仕上がり

居住スペースは狭くはないが最小限で、装備類もそれほど凝ってはいない。コックピット回りにしても、デザインやマテリアルはともかく、装備や機能に関しては走りに必要なものだけを選んで備えた印象

写真:背があまりに低いのでコツが必要|試乗by西川淳
背があまりに低いのでコツが必要

乗り込むにはコツがいる。フツウの車のように足から先に入れると乗り込みが窮屈に。お尻をサイドシルからまずシートへ滑り込ませるとラク。体をエビのように動かすのだ

写真:路面を掻き毟る伝統の動力源|試乗by西川淳
路面を掻きむしる伝統の動力源

LP640の「640」は排気量ではなく、最高出力640psを表している。この手のスーパーカーは一般的に直線番長だと思われがちだが、LP640はサーキット走行も得意。エグゾースト音はワイルド

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027