新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シボレーコルベットZR1に乗った 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

シボレーコルベットZR1に乗った 【試乗by西川淳】 / navi

(2008/11/04)

ヨーロッパのスポーツカーと真っ向勝負できる実力派

最高出力638psで、最高速は時速200マイル(320km/h)以上のコルベット。そう聞いただけで、とてつもなくじゃじゃ馬で、途方もなく扱いづらく、この上なく野蛮な超マッスルカーを想像してしまう。伏線がある。一昨年、7LのV8を積む505psのコルベットZ06に乗ったとき、加速のあまりの過激さ、力強さ、音、振動、に恐怖さえ感じた。あのZ06より130psも馬力があるんだって?! 最大トルクに至っては637Nmから819Nmへ。

唖然、というか、狂気の沙汰としか思えない。と同時に、Z06を自分のものにしたいという欲求があった私は、このニューカマーにいっそう惹かれてしまっていた。ライバルは、フェラーリ599にポルシェ911GT2、そしてランボルギーニLP640。ニュルブルクリンク旧コースで日産GT−Rのもつタイムを上回ったことは記憶に新しい。そんなZR1を試した所は、ミシガン州デトロイト郊外にあるGMのプルービンググランド。広大、という言葉では追いつかないほどの施設の中に、世界中のサーキットコーナーを再現したというトラックコースだ。

20インチのスピードスターホイール、プレクシ窓の開いたいたカーボン製エンジンフード、カーボンリップにカーボンステップ。ルーフもルーフボウもカーボンだ。リアには控えめながらスポイラーも見える。隣に並んだZO6が、ノーマル仕様に思えた。シャーシとボディの構造は、Z06と同じ。すなわちアルミニウムとマグネシウム、カーボンを使った軽量で強固な骨格。

1エンジン1マンで手組みされるスーパーチャージャー付き6.2LのV8 LS9ユニットには、硬派にも新開発の6MTのみが組み合わされた。クラッチを踏み込んで、期待と不安のエンジンスタート! かかった瞬間の迫力は、Z06より小さい? あれれ、どうして? サウンドは確かに迫力あるが、振動が少ない。エンジンマウントや重量増などが効いているのかも。

クラッチペダルは順当な重さ。軽くはないが、死ぬほど重いというほどではない。Z06のそれよりも、頼もしい感じがする。シフトストロークも短めで、操作フィールもいい。このあたりもZ06より上。洗練されているし、スポーティだ。動き出してすぐにわかったことだが、乗り心地がスーパーカークラス最良レベル。この時点でZ06との違いは明らか。とにかく、エンジンからの振動が7Lに比べてかなり抑えられている。

はたと思い至った。スーパーチャージャーが利くまでは、これってノーマルと同じ単なる6.2LのV8ってこと? それに手組みでピストンとか鍛造で精密度も高いからかえってスムーズに回ってる? 試しにそのまま回転を上げずに走ってみると、まるでノーマルのように扱いやすい。とてもオーバー600psには思えない。過去に乗ったどんな600psクラスよりも街乗りでフツウだ。これなら街乗りからロングドライブまで、何の気兼ねなく使えそう。80km/hで1500回転と、これまたノーマルと同じだから、回さなければ多分、燃費も変わらないはず。

GTカーとスポーツカー、ラグジュアリィとリアルスポーツ、その両方を高レベルで実現したかった、という開発エンジニアの言葉はまんざらではなかった。アップダウンのきついコーナーあり、すり鉢コーナーあり、平坦ゆえ難しい高速コーナーあり、と変化に富んだテストコースレイアウトに慣れたところで、638psを確かめてみる。

めちゃくちゃ速い! 3000回転あたりからエグゾーストのフラップが再び開き(イグニッションオンで一瞬開いている)、吐き出す排気ガスと奏でる音が背中と尻に伝わってくる。しかも、アクセルペダルをガンガン踏める! Z06のように怖くない。その分、スリルは少ない。手に汗握るという感じじゃない。欧州スポーツのように、踏んで踏んで回って踏める。ブレンボCCMブレーキの利きなどは超一流。Z06よりもソフトなスプリング、お得意のマグネットライドコントロール(Z06未採用)が見せる、適度にロールを伴う懐の深いコーナリングフィールが、シロウトには逆に安心。

マッスルコルベットを期待するなら、Z06に乗るべきだ。ZR1は、新しいコルベットであり、世界の超一流ブランドと高速道路でもサーキットでもタイマン張れるスポーツカーなのだった。

今回登場した車、メーカーたち

シボレーコルベットZR1

ヨーロッパ勢に挑める性能を有した、最強のコルベット誕生

ライバルの車たち

フェラーリ599

たっぷりとしたボディサイズだが、軽快に走るGTマシン

ポルシェ911

伝統の丸目に戻った進化型水冷モデル

日産GT-R

世界で絶賛されている日本が誇るスーパースポーツカー

BMW M6

知る人ぞ知る、ハイパフォーマンスクーペ

M・ベンツAMG SLクラス

スーパーチャージャー付きのエンジンも、NAエンジンも、とにかく速い

フォトコレクション

写真:コルベット最強マシンが誕生|試乗by西川淳
コルベット最強マシンが誕生

最高出力638ps、最大トルク819Nmを誇るZR1。かといってジャジャ馬な仕上がりにはなっていないのに驚く。ライバルはヨーロッパの名門スポーツカーたち

写真:熱対策は必須でしょう|試乗by西川淳
熱対策は必須でしょう

ボディ全体に空力特性を考慮したエアロパーツが配されている。またフロントフェンダー横に設けられたエアアウトレットは伊達ではありません。これがないとオーバーヒート

写真:スーパーチャージャー付き|試乗by西川淳
スーパーチャージャー付き

1エンジン1マンで手組みされるスーパーチャージャー付き6.2LのV8 LS9ユニットには、硬派にも新開発の6MTのみが組み合わされた。スーパーチャージャーはイートン製

写真:メーターを振り切れるか?!|試乗by西川淳
メーターを振り切れるか?!

09モデルイヤーのコルベットから、インテリアが豪華になった。いかにも安っぽいダッシュボードがレザー張りに改められ、センターパネル回りの質感も向上

写真:こんなことは朝飯前|試乗by西川淳
こんなことは朝飯前

お得意のマグネットライドコントロール(Z06未採用)が見せる、適度にロールを伴う懐の深いコーナリングフィールが気持ち良い。パワースライドはお手のもの

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
7
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027