新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エクストレイル クリーンディーゼル 【追加モデル】 / navi

クルマニュース

日産 エクストレイル クリーンディーゼル 【追加モデル】 / navi

(2008/11/07)

ディーゼル規制“ポスト新長期”をクリアした
環境に優しいクリーンディーゼルが追加

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
日本の厳しいディーゼル規制“ポスト新長期”をクリア
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル エンジン|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル シフトレバー|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル フロントスタイル|ニューモデル試乗
世界でも極めてハードルの高い、ディーゼルの排出ガス規制が「ポスト新長期」と呼ばれるもの。エクストレイルに追加された20GTはこの規制に世界で初めて適合したモデルである。エンジンは新開発の2L直4ディーゼルターボで、組み合わされるミッションは6MTのみ。環境性能だけでなく、動力性能にも優れていることから「GT」のグレード名が与えられた。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
頻繁なシフトチェンジが不要なほど、粘り強い走り
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル アルミホイール|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル 4×4-iセレクター|ニューモデル試乗
アイドリング時はディーゼルであることは当然わかる。しかし従来の「ガラガラ」から「カラカラ」とその音質は改良されている。振動に関しても走り出してしまえばほとんど気にならない。エンジンの伸びは4500回転のレッドゾーンなどあっという間に超えてしまうほど気持ちがいい。またシフトダウンの必要がないほど、低速から粘り強いトルクをもつ。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
タフギアのもう一つの演出は高速クルーザー的な仕上げ
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル フロントシート|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル リアトシート|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル ラゲージ|ニューモデル試乗
シートや天井などに防水加工を施してあるのが魅力の一つだが、20GTにはこれらの機能は省かれ、専用のクロスシートが採用される。またポップアップステアリングもなく、通常のチルト&テレスコピックタイプとなる。TOUGH GEARのコピーでアウトドア色の強いエクストレイルだが、20GTに関しては快適性を重視した高速クルーザー的な仕上がりが特徴だ。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
環境新時代の車に乗っているという満足感は替え難い
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル エンブレム|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル リアスタイル|ニューモデル試乗
  • 日産 エクストレイル クリーンディーゼル インパネ|ニューモデル試乗
ハイブリッドやEV、燃料電池など環境新時代ともいわれる車社会。その中でディーゼルも間違いなく切り札の一つとなるはず。世界初となるポスト新長期に対応するクリーンディーゼルに乗るユーザーは「自分は環境に配慮している」という一種の喜びを感じることができるはずだ。装備の差はあるが、300万円以下に車両本体価格を抑えたのも評価できる。
SPECIFICATIONS
グレード 20GT
駆動方式 4WD
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4630×1785×1685
ホイールベース(mm) 2630
車両重量(kg) 1660
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHCディーゼルターボ
総排気量(cc) 1995
最高出力 127kW(173ps)/3750rpm
最大トルク 360N・m(36.7kg-m)/2000rpm
車両本体価格 299.985万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

オートエアコンやキーレスエントリー、イモビライザーなど装備は充実しているが、オーディオだけはレス仕様。6スピーカーは標準装着されているので、好みでオプション品を選ぶスタイルとなる。

SAFETY(安全性)

ガソリン仕様同様のオールモード4×4-iはVDCや各種センサーとの制御により滑りやすい路面でも安定したコーナリングを実現。また後席3人全てに3点式シートベルト&ヘッドレストが付いている。

ECO(環境性能)

同出力のガソリン車に比べ圧倒的に少ないCO2排出量。懸念されていた排出ガス中の“すす”を99%取り除くことにも成功、もはやディーゼルの「悪玉伝説」はこの車の登場で終わることになる。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は15.2km/L。2Lのガソリンモデルとの比較で約30%向上。さらに軽油の燃料代が安いことで(最近はその差が少なめだが)満タン時の航続距離はかなり期待できるはずだ。

VALUE(バリュー)

何より「ポスト新長期規制に最初に対応した」という名誉も含め、最新の環境仕様を有するクルマという話題性も十分。外観も欧州仕様のグリル&バンパーなど差別化も図られている点も魅力だ

総合評価
17
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027