新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランドローバー レンジローバー ヴォーグ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

ランドローバー レンジローバー ヴォーグ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/11/12)

※この記事はカーセンサー関東版27号2000年7月20日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

パワーを落としてトルクを向上させ、余裕の走りを実現した

  • ランドローバー レンジローバー ヴォーグ 走り|ニューモデル試乗
  • ランドローバー レンジローバー ヴォーグ リアスタイル|ニューモデル試乗
↑2500rpmあたりからスポーティに走らせることができ、2160kgの車重をあまり感じさせない(左)フロントはヘッドライトが丸目をイメージさせるものになったが、リアは変更なし(右)
レンジローバーシリーズに新たに加わったVogue(ヴォーグ)は、最上級グレードにふさわしい走りと雰囲気を楽しませてくれた。最新モデルはV8エンジンを改良し、専用ソフトレザーシートなど内外装も若干変更されて、登場した。改良されたエンジンは4.6L、最大トルクを38.7kg-m/3000rpmから40.8kg-m/2600rpmへと強化した。また出力を225psから218psへと落としている。この変更はATでの走りの余裕を重視した結果だ。

Dレンジで走ってみると、スタートからの動きは、従来型よりも軽い。2160kgの車重をあまり感じさせなくなっている。アクセルレスポンスも、以前は3000rpmを超えてからでないと俊敏な動きが得られなかったが、新しい4.6Lモデルは2500rpmあたりからスポーティに走らせることができるようになっている。トルクのアップと最大トルク発生回転数を400回転ほど下げ、2600rpmとした効果だろう。

タイヤサイズが255/55R18になり、乗り心地はより洗練された

  • ランドローバー レンジローバー ヴォーグ インパネ|ニューモデル試乗
  • ランドローバー レンジローバー ヴォーグ エンジン|ニューモデル試乗
↑ヴォーグはセンターコンソールやウインドウスイッチ部にもウォールナットを使用(左)V8 OHVの4.6Lエンジンは、吸気系などの改良でトルクが強化された(右)
これまでもハンドリングは特に不満はなかった。コーナーでのボディのロールは最初にグラッと傾くが、そこからの踏ん張りは利いていたし、高速道路での直進性も100km/h以上でもまったく不安はなかった。しかし、今回からタイヤサイズは255/55Rになり、ホイール径も18インチにアップ(従来は255/65R16)したことで、一層、安定感が増した。ブレーキの利きも、16インチホイールのモデルよりも良くなったように感じた。

乗り心地もこれまでも突き上げやゴツゴツ感は少なかったが、さらに洗練されていた。 レンジローバー ヴォーグは、価値ある最上級4WD乗用車だ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ヴォーグ
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4715×1890×1810
ホイールベース(mm) 2740
車両重量(kg) 2160
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V8OHV
総排気量(cc) 4552
最高出力[ps/rpm] 218ps/4750rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 40.8kg-m/2600rpm
10・15モード燃費(km/L) 5.0
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/100
車両本体価格 850.0万円
石川真禧照の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 3点 加速性能 4点 ブレーキ性能 3点
フィニッシュ 5点 操作系の使い勝手 3点 乗り心地 4点 環境対策 3点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 2点 操縦安定性 4点 燃費 2点
後席居住性 4点 パワー感 3点 高速安定性 4点 ステータス 5点
内装の質感 5点 トルク感 4点 しっかり感 3点 コストパフォーマンス 3点
得点合計 73/100
(Tester/石川 真禧照 Photo/桜井 健雄)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027