新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 シルビア コンバーチブル ヴァリエッタ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

日産 シルビア コンバーチブル ヴァリエッタ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/11/14)

※この記事はカーセンサー関東版28号2000年7月27日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

風の巻き込みを気にせず、オープンエアで爽快に走る

  • 日産 シルビア コンバーチブル ヴァリエッタ 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 シルビア コンバーチブル ヴァリエッタ リアスタイル|ニューモデル試乗
↑荒れた路面ではハンドルがブルブルすることもあるが、車全体はうまくバランスされているため、さほど気にならない(左)クーペの美しいシルエットは健在。オープンの状態でもうまくまとまっている。トランクリッドにハイマウントストップランプを装備(右)
国産初のフルオープンタイプ電動メタルルーフを装備したシルビアコンバーチブルが登場した。フロントウインドウやドアのベルトラインが高いため、オープンエアの気持ちよさを感じながらも包まれる感があり、頭を風が優しく撫でているようで巻き込みも気にならない。閉めた状態ではメタルルーフのメリットがたくさん。

まず、美しいクーペスタイルが現れ、走行時にはソフトトップに比べ室内が圧倒的に静か。イタズラされて屋根を切り裂かれる心配もない。ソフトトップではたいていリアウインドウがビニール製だけど、これは熱線入りガラスのため後方視認性にも優れ、実用面でポイントが高い。まさにクーペとオープンのオイシイ取りって感じだ。ルーフの開閉もロックを外せばスイッチ一つというお手軽さで、女性でも楽々と操作できる。

クーペに比べて運動性能は劣るものの、オープンの快適性は十分

  • 日産 シルビア コンバーチブル ヴァリエッタ インパネ|ニューモデル試乗
  • 日産 シルビア コンバーチブル ヴァリエッタ エンジン|ニューモデル試乗
↑チタン調メーターフィニッシャーはヴァリエッタオリジナルとなっている(左)クーペ+130kgの重量増でやや中速トルクの細さが強調されてしまう(右)
リアシートは背もたれが立ち、ニースペースもなく「誰が座るんだ」って狭さだが、ラゲージスペースと思えばいい。本当の2シーターは2人乗ったらハンドバッグすら置く場所がなくて不便なのだ。またオープン時にはトランクはないに等しいので貴重なスペースに。もちろんいざという時に4人乗れるのも心強い。

エンジンはクーペと同じながら、重量増で中低速トルクの細さが感じられる。そのためATでは車が加速時に容易にキックダウンしてしまう。また、荒れた路面でボディがワナワナ、ハンドルがブルブルすることもあるが、車全体はうまくバランスされているため、さほど気にならない。クーペに比べて運動性能ではやや劣るものの、トレードオフによって手にれたオープンの快適性は十分に魅力的だ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード コンバーチブル ヴァリエッタ
駆動方式 2WD(FR)
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4445×1695×1285
ホイールベース(mm) 2525
車両重量(kg) 1360
乗車定員(人) 4
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力[ps/rpm] 160ps/6400rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 19.2kg-m/4800rpm
10・15モード燃費(km/L) -
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/65
車両本体価格 279.8万円
佐藤久実の責任採点
コンセプト 5点 取り回し 3点 加速性能 3点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 4点 環境対策 -
前席居住性 4点 ラゲージルーム 2点 操縦安定性 3点 燃費 -
後席居住性 2点 パワー感 3点 高速安定性 4点 ステータス 4点
内装の質感 4点 トルク感 3点 しっかり感 3点 コストパフォーマンス 4点
得点合計 63/90
(Tester/佐藤久実 Photo/渡邉 英昭)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027