新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧リンカーンMKXはこれまでのアメリカンSUVと一味違う 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

リンカーンMKXはこれまでのアメリカンSUVと一味違う 【試乗by西川淳】 / navi

(2008/11/25)

高級SUVのコンパクト版がアメリカから上陸

SUVの本場と言えばアメリカ。そのアメリカで90年代後半以降、高級SUVというカテゴリーをナビゲーターという大型SUVで席巻したのが現代のリンカーンブランドだった。日本市場への導入は、02年に終了したサルーンのLS以来、久しく途絶えていたが、まずはナビゲーターで正規輸入が復活。その第2弾が、このMKXである。

5人乗りのミディアムサイズのSUVワゴン。いかにもアメリカンな雰囲気漂うスタイリングだが、サイズ的には日産ムラーノ(現行型)とほぼ同等、やや下回る。全長でやや短く、全幅は広くて1.9m超え、全高では同じくらい、というわけで、近寄ってみるとより踏ん張った印象が強く、大きく見えてしまうから面白い。兄貴分のナビゲーターがトラックベースの本格SUVであるのに対し、こちらは乗用車用プラットフォームを使っている(マツダとも共有)。厳密にはSUVではなくクロスオーバー車として分類されるものだ。

日本仕様はモノグレード。3.5LのV6+アイシン製6AT+電子制御4WDのみという仕様で、内外装色も黒×メイプルウッドに本革黒シートという1種類のみ。ただし、導入のタイミングでは限定20台で外装にライトブルー色が設定されていた。

最新リンカーンブランドのテーマは「モダン・アメリカン・ラグジュアリィ」。そのフラッグシップがナビゲーターというわけだが、弟分のMKXもかなりユニークなスタイリングで、ニューヨークの最新ビル街の賑わいにも似たモダニズムを強く感じる。リンカーンスターを真ん中に置いたクロームグリルやボディ幅いっぱいに光るリアLEDランプなど、日本でも都会の夜の街が似合いそう。ワンタッチで開閉可能なパノラミックビスタビューから眺める夜の景色は、さぞ楽しいことだろう。

インテリアも、これまでのアメリカ車のイメージとは180度違うものだ。ブラックを基調にまとめられ、デザイン的にはナビゲーターのテイストを上手く盛り込みつつ、上質な雰囲気に仕上がった。パイピングレザーのたっぷりとしたシート、明るいメイプルウッドとサテンシルバーやクロームのアクセントが映えるダッシュ回りなど、いかにも高級車らしい仕立てだ。ホワイトLEDのメーター照明も、夜のドライブを盛り上げる。左ハンドルの設定のみ。地デジフルセグ対応チューナー内蔵HDDナビを標準で装備。前後シートにヒーターが付く。後席は6:4の分割可倒式で、倒せば最大1945Lの積載スペースが現れる。

ナビゲーターほどの威圧感はないし、サイズ的にもそれほど大きくないはずだが、乗り込めばそれなりにアメリカンカーらしい“大地感”を覚える。横幅が広いから、助手席側のピラーが遠い。それでも、ひとたび動き出せば、ボディもしっかり引き締まっており、一体感ある走りを見せてくれるから、サイズを脅威に思う必要もなさそうだ。

ひとことで言って、乗用車ライクな走りを見せる。アメリカンSUVのまったりとした、いかにもハイトなタイヤを感じさせる走りとは全く違うものだ。出足の鷹揚さ、当たりのソフトさにのみ、“アメリカ車らしさ”が見受けられる。V6エンジンの性能は可もなく不可もなく。パフォーマンス的には何か突出して素晴らしい点がない代わりに、弱点らしい弱点も見当たらない。不快なロールもなく、高速道路でもフラットな走りに徹する。しばらく乗っていれば、個性的なアメリカンSUVを運転しているということすら忘れてしまうほどだった。

個人的には、静粛性の高さとシートの座り心地の良さに感動した。その個性的な外観やクールな内装とは裏腹に、走りは至ってフツー。アメリカンSUVにとっては、ある意味、褒め言葉かもしれない。

今回登場した車、メーカーたち

リンカーンMKX

“アメリカン”のネガティブな印象はなくなった

ライバルの車たち

トヨタヴァンガード

クルーガーの実質的な後継車として、高級SUV路線を突き進む

日産ムラーノ

斬新に変わった印象だが、キープコンセプトで進化

トヨタハリアー

デビューから丸5年がたち、フルモデルチェンジ間近か?

マツダCX-7

SUVらしからぬスポーティな走りに驚かされる

三菱パジェロ

僻地で愛されるタフな4WDだが、日本での人気はイマイチか

フォトコレクション

写真:マツダのプラットフォーム採用|試乗by西川淳
マツダのプラットフォーム採用

兄貴分のナビゲーターがトラックベースの本格SUVであるのに対し、こちらは乗用車用プラットフォーム(マツダとも共有)。厳密にはSUVではなくクロスオーバー車と分類

写真:絞り込んで日本導入|試乗by西川淳
日本導入は1グレードのみ

日本仕様はモノグレード。3.5LのV6+アイシン製6AT+電子制御4WDのみという仕様で、内外装色も黒×メイプルウッドに本革黒シートという1種類のみ

写真:従来のアメ車のイメージとは違う|試乗by西川淳
従来のアメ車のイメージとは違う

パイピングレザーのたっぷりとしたシート、明るいメイプルウッドとサテンシルバーやクロームのアクセントが映えるダッシュ回りなど、いかにも高級車らしい仕立てだ

写真:カチっとした雰囲気がいい|試乗by西川淳
カチっとした雰囲気がいい

静粛性の高さとシートの座り心地の良さに感動した。その個性的な外観やクールな内装とは裏腹に、走りは至ってフツー。アメリカンSUVにとっては、ある意味、褒め言葉かも

写真:デザインコンシャスです|試乗by西川淳
デザインコンシャスです

スピードメーターとタコメーターは、なんと四角っぽいメーターになっている。ヘッドランプの四角っぽさとデザインを統一させ、モチーフにしているのだろう。なかなかユニーク

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027