新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ムラーノ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 ムラーノ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/11/28)

デザインをさらに磨き上げ
全グレードに4WD&CVTを組み合わせた

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
全グレード4WDとCVTの組み合わせで新登場
  • 日産 ムラーノ フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ シフトレバー|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ エンジン|ニューモデル試乗
北米を中心に世界約170カ国で販売されるムラーノの2代目。初代から定評だったデザインをさらに磨き上げられ他車にはないものとなった。ラインナップはV6を搭載する3.5Lと直4を搭載する2.5L、旧型では2.5LはFFのみの設定だったが、今回全グレード4WD&CVTの組み合わせとなる。これに標準仕様のXLとより上級装備をもつXVがそれぞれ排気量ごとに設定される。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
十分以上にかなりいい、大きく進歩した2.5L車
  • 日産 ムラーノ 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ アルミホイール|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ メーター|ニューモデル試乗
静粛性やトップエンドの伸びでは3.5L車の圧倒的なパフォーマンスに軍配が上がるが、今回大きく進化を感じたのは2.5L車のほうだ。高回転まで回せばそれなりのうなり音はするが、それでも制振や遮音効果はかなり高く、不快なものではない。高速でもCVTとのマッチングが良く、こだわりがなければ十分以上にいい出来。コーナリング時の鼻先の軽さもいい印象だ。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
ゴージャスと言っていいだろう。ここにもあった「OMOTENASHI」
  • 日産 ムラーノ フロントシート|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ リアシート|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ ラゲージ|ニューモデル試乗
いい椅子に座ったり、いい仕立てのスーツに袖を通した時「はぁーっ」と気持ちが良くなる瞬間がある。ムラーノのインテリアはかなりそれに近く、いい感じ。座った瞬間にシートの適度な沈みと座り心地は高級な応接チェアのような気持ちよさがあった。後席も足元がフラットで2名乗車でゆったりとくつろぎたい仕上げ。ティアナ同様OMOTENASHIの世界だ。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
車というより、存在感のあるプロダクトを所有する喜び
  • 日産 ムラーノ エンブレム|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ インパネ|ニューモデル試乗
  • 日産 ムラーノ リアスタイル|ニューモデル試乗
やはり車はデザインがポイント。テレビのCMではないが、停まっていても走り出しそうなスタイリングは独特な存在感をアピールする。優雅さと威風堂々、他人と群れることを好まず自分をもっている大人が選択する一台。あえて車とは言わず、その枠を超えた優秀なプロダクト(製品)ではないだろうか。所有する喜びにあふれる希有な車と言える。
SPECIFICATIONS
グレード 350XV FOUR
駆動方式 4WD
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4825×1895×1730
ホイールベース(mm) 2825
車両重量(kg) 1850
乗車定員 5人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3498
最高出力 191kW(260ps)/6000rpm
最大トルク 336N・m(34.3kg-m)/4400rpm
車両本体価格 404.2万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

HDDナビやセットとなるリア&サイドビューカメラがオプション以外はほとんどが標準装備。高級車であるかそれも当然と言えば当然だが、サンルーフ&本革シートのXVが特に充実している。

SAFETY(安全性)

全グレードに搭載される4WDはエクストレイルと同様のオールモード4×4-iシステム。VDCやオートレベライザー付きのバイキセノンランプ、SRSカーテンエアバッグなど安全装備は充実している。

ECO(環境性能)

平成22年度燃費基準は+5%。2.5L車の場合、車両重量が1770kg以上の場合+20%に向上する。低排出ガス規制は星3つ。頑張ってはいるが、大排気量車ゆえに環境性能はもうひと頑張りを期待したい

MILEAGE(燃費)

3.5L車の場合10・15モード燃費は9.3km/L。2.5Lなら下位グレードのXLが11.4km/Lとなる。さらに2.5L車はガソリンがレギュラー仕様であることも魅力。2.5車を選択する理由は十分にある。

VALUE(バリュー)

個性あるデザイン、車高の高いSUVでも走りが楽しいハンドリングの良さ。そして大人4人が快適に過ごせる装備や室内のしつらえ。日本が世界に誇れる高級SUVとして旧型から大きく進化している。

総合評価
14
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:篠原晃一、尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027