新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【ロジャー安川の北米試乗】スバル インプレッサSTI / navi

クルマニュース

【ロジャー安川の北米試乗】スバル インプレッサSTI / navi

(2008/12/02)

※インディをはじめ、数々のレースで活躍するプロレーシングドライバー・ロジャー安川氏による、北米での試乗記です
(Tester/ロジャー安川 Photo/竹内英士)

外見は日本モデルとほとんど同じだが、エンジンは2.5Lシングルターボ

  • スバル インプレッサハッチバックSTI フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサハッチバックSTI リアスタイル|ニューモデル試乗
↑北米モデルのインプレッサSTIは5ドアハッチバックで、外見も日本モデルとほとんど同じです。日本には17インチのオプションもありますが、北米モデルには18インチホイールのみでBBSのホイールを装備したパッケージが用意されています
去年フルモデルチェンジをしたスバル インプレッサSTIは、北米モデルも5ドアハッチとして販売されています。ヨーロッパではハッチバックの人気は高いですが、北米での人気は今一つといったところです。にもかかわらずハッチバックのデザインにこだわったのは、パフォーマンスの向上を狙ったからであり、事実その通りだと実感するような内容に仕上がっています。2008年モデルのインプレッサSTIの外見は日本モデルとほとんど同じですが、中身に多少の違いがあります。
その一番の違いはエンジンにあります。日本モデルは2Lのツインスクロールターボエンジンなのに対し、北米モデルは2.5Lのシングルスクロールエンジンが搭載されています。

エンジンは日本モデルに比べると少しマイルドに

  • スバル インプレッサハッチバックSTI インパネ|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサハッチバックSTI 3連メーター|ニューモデル試乗
↑インテリアに関しては至ってシンプル。ライバルでもある三菱 ランサーエボリューションよりも若干質感の高さを感じさせてくれます。日本仕様と同じシートは、ホールド感も高いので、ワインディングでも身体をしっかり押さえてくれます
ベースモデルとなる、北米モデルのインプレッサWRXも2.5Lエンジンが搭載されているので、自然な流れかもしれません。北米モデルのSTIは北米の道路状況などに合わせて、トルク重視の設定となっているようです。実際に車に乗り込みアクセルを踏むと、あっと言う間に5000rpmに到達し、エンジンの図太さを感じさせてくれます。
日本モデルと比較すると、エンジン設定は少しマイルドにセッティングされているという印象を受けます。ハンドリングに関しても、日本モデルにはブリヂストン RE050のハイグリップのタイヤが装着されているのに対して、北米モデルにはダンロップ SP Sport600が装着されています。北米モデルは、タイヤのグリップ力が車のパフォーマンスに負けているようで、サーキット走行をすると厳しいのですが、街中走行では十分なパフォーマンスを発揮してくれます。

インテリジェントモードに替えるとしっかりと燃費をセーブ

  • スバル インプレッサハッチバックSTI エンジン|ニューモデル試乗
  • スバル インプレッサハッチバックSTI 走り|ニューモデル試乗
↑日本の2Lエンジンに対し、北米モデルには2.5LのEJ257シングルスクロールのボクサーエンジンを搭載。トルクの太さとエンジンサウンドは乗っているとラリードライバーになった気分にさせてくれます
スバルの電子制御のスバル・インテリジェント・ドライブ(SI-Drive)は優れもので、スポーツシャープモードに設定すると、確実にトルクカーブが上がり走りを楽しませてくれます。逆にインテリジェントモードに替えるとしっかりと燃費をセーブして走ることができます。SI-Driveのモード設定に関しては日本と同じで、3モードに分かれています。
北米モデルのインプレッサSTIは、日本モデルよりも総合的にマイルドに仕上がっています。これは北米マーケットの年齢層拡大を狙っているからでしょう。インプレッサSTIには、もっと鋭い走りを求めてしまう自分としては、日本モデルのままで北米でも販売してもらいたかったと少々残念に感じます。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード インプレッサSTI
駆動方式 4WD
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4415×1796×1476
ホイールベース(mm) 2624
車両重量(kg) 1530
乗車定員(人) 5
エンジン種類 DOHC ターボ 水平対向4気筒
総排気量(cc) 2500
最高出力(ps/rpm) 305ps/6000rpm
最大トルク(kg-m/rpm) 40.1kg-m/4000rpm
10・15モード燃費(km/L) -
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/64
車両本体価格 34,995ドル(約350万円)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
5
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3ファストバック|「外」も「内」も一層深化した新世代のハッチバック(2019/08/21)
7
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
9
down
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
10
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027