新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ GLKクラス 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ GLKクラス 【ニューモデル】 / navi

(2008/12/03)

激戦区に名乗りを上げたメルセデス製小型SUV

  • メルセデス・ベンツ GLKクラス 走り|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ GLKクラス リアスタイル|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ GLKクラス エンジン|ニューモデル試乗
↑SUV特有のもっさり感はなく、まるでセダンのごとき乗り味(左)19インチの10スポークホイールを標準装備。テールランプにはLEDを使用している(中)3Lエンジンと7G-TORONICとの組み合わせで10・15モード燃費は9km/L(右)
トヨタ RAV4、ホンダ CR-Vなど日本車にはじまったコンパクトSUVの波が十数年の時を経てついにメルセデスにも辿り着いた。Gクラス、Mクラス、Rクラス、GLクラスに次いでこのGLKはメルセデスSUVファミリーの五男坊というわけだ。

サイズは、ベースとなったCクラスセダン比で全長-55mmとSUVファミリー最小。前述の通りCクラスのプラットフォームにGクラスをモチーフにしたスクエアなスタイルを与え、4マチック(4WD)システムを搭載する。日本に導入されるのは3LV6+7ATを組み合わせるGLK300のみだ。

全高1658mmとSUVとしては低く設計されていることもあって乗り降りはしやすい。また走行状況に応じて減衰特性が変化する前後サスペンションや車速感応式パワーステアリングを備え、「アジリティコントロール」を採用する点もCクラスと同様。したがって目を閉じるとまるでセダンのごとき乗り味だ。SUV特有のもっさり感はない。

BMW X3や、これから日本への導入が予定されているアウディ Q5などのライバルを見渡しても、ユーザーがこの種の車に求めているのはオフロード性能ではなく、快適なオンロード性能であることは自明の理。セダンライクな乗り味は広い支持を得るはずだ。

セダンライクな乗り味は支持を得るはず

  • メルセデス・ベンツ GLKクラス インパネ|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ GLKクラス フロントシート|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ GLKクラス ラゲージ|ニューモデル試乗
↑ステアリングは左ハンドルのみの設定となる(左)本革シートなどを備えるラグジュアリーインテリアパッケージ(34万円)(中)自動開閉テールゲートEASY-PACKもパッケージオプションに含まれる(右)
いいことばかりではなく、問題もある。実は左ハンドルのみの設定なのだ。思い起こせば先代のCクラス4マチックステーションワゴンも左ハンドルのみだった。要はこれまで台数の稼げなかったCクラスの4マチックに、イギリスや日本のためだけにコストのかかる右ハンドル仕様を用意できなかった、というのが事の真相のようだ。

これはおそらく販売台数の増加とともにいずれ解決されるだろうし、個人的にはETCがあれば何ら問題ない。というかいまだ左ハンドル信仰のあるボクのような古いタイプにとっては朗報ともいえる。

しかし、もう一つ問題が。それは価格だ。“コンパクトSUV”の相場観からすれば675万円は少々お高いと感じる。しかし、そこはメルセデス、しっかりと営業トークを用意していた。

「先代のC280の4マチックが644.8万円だったのに対して、よりユーティリティ性能の高いSUVで、ミッションは7AT。ナビを含むCOMANDシステムなど最新装備も標準ですから」 たしかにBMW X3の3Lも600万円超の645万円。なるほど、この価格もさもありなんと。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード GLK300 4MATIC
駆動方式 4WD
トランスミッション 7AT
全長×全幅×全高(mm) 4530×1840×1685
ホイールベース(mm) 2755
車両重量(kg) 1860
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 2996
最高出力[ps/rpm] 231ps/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 30.6kg-m/2500〜5000rpm
10・15モード燃費(km/L) 9.0
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/66
車両本体価格 675.0万円
(Tester/藤野太一(「EDGE」編集デスク) Photo/向後一宏)
クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027