新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキスプラッシュがついに日本上陸 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

スズキスプラッシュがついに日本上陸 【試乗by西川淳】 / navi

(2008/12/05)

女性がターゲットというがボーイッシュな仕上がり

実を言うと、スプラッシュ、第一印象がとても良かった。初めて見たのは08年の春、フィレンツェの郊外のスーパーストラーダを走っていたとき。“最近のフィアットにしちゃ格好ええやん”と、追い抜かしながら眺めたのがスプラッシュだった。おそらくヨーロッパのジャーナリスト向け試乗会だったのだと思う。こっちはベントレーブルックランズ(これまた試乗会)なんぞに乗って、スプラッシュに気を取られながらちょっと幅寄せ気味になったもんだから、乗ってるどっかのジャーナリストにたいそう睨まれたもの。

そう、ちょっとフィアットっぽい。ポップな色合いといい、尻や窓の切れ上がり方といい、いかにも小生意気でキュートでイタ車っぽい。もっともこのクルマ、向こうではオペルアギラとしても売られている。ドイツと日本の共同作品でハンガリー生まれ、なんだけど。

というわけで前々から気にはなっていて、けれども純ヨーロッパ向けっぽいから日本市場への導入は期待薄だなと思っていたら、トツゼン入った ! しかもCVT。うーん、どうせならMTに乗ってみたい気もするが、まあ最初はいいか。

純欧州向け、だから余計に期待したとも言える。スイフト以来、スズキの生真面目な小型車作りには注目しているし、スプラッシュもスイフトベースと聞く。欧州の、コンパクトカーにはとても目の肥えたユーザーに渡すのだから、相当に気合を入れて作ったはずだ。果たして、その仕上がりは予想以上に良かった、というか欧州車っぽかった。良く言えば、かなり骨太、悪く言えばガチガチ。ワゴンRにも共通するかもね、そのあたり。

たとえば、ヨーロッパの小さな村に住んでいたとしよう。街中の道はそれなりに荒れているけど、まあ、速度は低い。30km/hとかを厳密に守る人も多い。でもって、1kmも走ればもう街から出ちゃう。気持ちのいいカントリーロードが始まる。とまあ、そんな環境が多いわけだから、どうしても郊外路重視のライドフィールになる。スプラッシュもそう。街中は多少我慢、すぐにサイコー気持ちいい、みたいな。

スズキの思惑としては、スイフトがオトコのコ寄りだったもんで、スプラッシュでオンナのコ寄りを狙いたいってわけだが、どうしてどうして、こっちもかなりオトコのコ寄りじゃない、というのがボクの感想。カタチや雰囲気はともかく、走りは絶対、そうだ。ツウ好みですらある。だから、MTも欲しいな。古い考えかもしれないけど、そういう人、まだまだたくさんいると思われるし。いかんせん、CVTじゃ宝のシャーシの持ち腐れ感アリ。

インテリアなんかも、ここまで割り切ってチープにしちゃえば、逆に文句なんか言えないんですよ。下手に飾ったり、隠そうとしたりするから、妙に見栄えが悪くなる。このセンスもヨーロッパ車に近いと思います。まあ、だからあまり日本では売れないかも・・・。

目標、月販500台。いい車だけに、本当にそんなもんだったら悲しいかぎりだけれど、女性をメインターゲットにマーケティングすると、結局、それくらいに落ち着きそうだ。きゃ ! 乗り心地悪い ! なんてね。もうちょっと安くして、MTも出して、「昔は、みんなこんな車で運転がうまくなったもの」、なんてキャンペーンができれば、かなり違うと思うのだけど・・・。

いずれにしても、スプラッシュ。車としては、かなりいいと思う。上出来のコンパクトカーだし、スズキらしい真面目な車。あまりに真面目すぎて、ヨーロッパ車調すぎる点を、どうプラスにアピールできるか。そのあたりかな、問題は。それにしても、フィアット ? オペル ? スズキラインの血筋って、短い間に相当濃くなったのかもねえ。フィアットバッジ付けてもおかしくないもの。

今回登場した車、メーカーたち

スズキスプラッシュ

スイフトの兄弟車でターゲットは女性というが、走りはボーイッシュ

ライバルの車たち

トヨタヴィッツ

必要最低限を詰め込みながら、ちょっとキュートなコンパクトカー

日産マーチ

02年に登場してから堅調に売れ続けていることこそが、実力の証

マツダデミオ

あえてダウンサイジングしたのは、マツダ技術陣の走りへのこだわり

ホンダフィット

初代の人気ぶりに、キープコンセプトを余儀なくされた名車

三菱コルト

特徴的なワンフォルムモーションのデザインながら、相場は安値安定中

スズキスイフト

軽自動車の老舗メーカーが本気でコンパクトカーを作り込んできた

フォトコレクション

写真:実はイタリアで見たことがあった|試乗by西川淳
実はイタリアで見たことがあった

イタリアでの試乗会中、“最近のフィアットにしちゃ格好ええやん”と、追い抜かしながら眺めたのがスプラッシュだった。尻や窓の切れ上がり方といい、小生意気でキュート

写真:4輪はボディの隅で踏ん張る|試乗by西川淳
4輪はボディの隅で踏ん張る

スイフト以来、スズキの生真面目な小型車作りには注目しているし、スプラッシュもスイフトベースと聞く。良く言えば、かなり骨太、悪く言えばガチガチって雰囲気

写真:割り切り上手で文句なし|試乗by西川淳
割り切り上手で文句なし

インテリアなんかも、ここまで割り切ってチープにしちゃえば、逆に文句なんか言えないんですよ。下手に飾ったり、隠そうとしたりするから、妙に見栄えが悪くなる

写真:名前にちなんでアクセント|試乗by西川淳
名前にちなんでアクセント

「スプラッシュ」は英語で水しぶきを意味する。シートには水玉模様がアクセントとして奢られているのは、ネーミングにちなんでのこと。リアシート真ん中席にも3点式シートベルト装備

写真:ラゲージスペースはフレキシブル|試乗by西川淳
ラゲージスペースはフレキシブル

リアシートは6:4分割可倒式なので、状況に応じてラゲージスペースを広くすることもできる。満員乗車をしなければ、必要にして十分なスペースを確保している

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
6
up
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
7
down
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
8
up
【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス(2019/09/20)
9
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
10
up
【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群!(2019/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027