新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 レグナム 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

三菱 レグナム 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/12/15)

※この記事はカーセンサー関東版30号(2000年8月10日発売)に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです

排気量アップで低中速をトルク向上し、街中でより扱いやすくなった

  • 三菱 レグナム 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 レグナム リアスタイル|ニューモデル試乗
↑2Lになり、より広い領域でECOランプが点灯する燃費の良い走りが可能となった(左)左右に大きく広がったリアガーニッシュによってワイド感を強調している(右)
ギャラン/レグナム/アスパイアに搭載される1.8LのGDIエンジンが2Lに排気量アップされた。これまでの1.8L版は150ps/6500rpm、18.2kg-m/4000rpmだったのに対し、2L版は145ps/5700rpm、19.5kg-m/3750rpmに変わっている。

2L GDIエンジンのパワーは1.8Lに比べ5psダウンしたものの、より低い回転数で最高出力を発生するようになった。トルクは1.3kg-mも太くなって、こちらも低い回転数で発生している。より扱いやすさを重視したエンジンを搭載したのが今回のモデルだといえよう。

最初から2LのGDIエンジンを搭載したほうがよかった思えるでき

  • 三菱 レグナム インパネ|ニューモデル試乗
  • 三菱 レグナム エンジン|ニューモデル試乗
↑カーナビを組み込んだセンターパネルは使い勝手や操作性もまずまずだ(左)排気量アップにより、市街地などでの走りやすさを向上させたGDIエンジン(右)
走らせるとわかるのは、インパネ内のGDI ECOランプの点灯するシーンが多くなっていること。ECOランプが点灯しているときは、リーンバーン状態で走行しているのだが、これまでの1.8Lでは、ちょっとアクセルを踏み込むだけですぐにランプが消えてしまい、通常燃費の状態に入ってしまったが、2Lではより広い領域でECOランプの点灯する燃費の良い走りが可能になっている。

また、1.8Lでは低中速域トルクが十分ではないため、ついついアクセルを踏み込んでしまいがちになり、GDIエンジンの良さを生かしにくい面があったが、それが解消されたのが、今回の2LのGDIエンジンである。さらにいえば、アイドリング状態のときにもGDIの良さが生きて燃費が向上しているため、停止中にもGDI ECOランプが点灯するようになっているのも今回からの変更点だ。

新しい2L GDIエンジンに乗ってみると、本当ならギャランやレグナムなどには最初から1.8LのGDIよりも、2LのGDIエンジンを搭載したほうがよかったように思える。価格アップもわずか1万〜3万円だ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ヴィエント ナビ
駆動方式 2WD(FF)
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4740×1740×1460
ホイールベース(mm) 2635
車両重量(kg) 1450
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1999
最高出力[ps/rpm] 145ps/5700rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 19.5kg-m/3750rpm
10・15モード燃費(km/L) 13.0
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/60
車両本体価格 239.8万円
松下 宏の責任採点
コンセプト 3点 取り回し 3点 加速性能 4点 ブレーキ性能 4点
フィニッシュ 4点 操作系の使い勝手 4点 乗り心地 4点 環境対策 4点
前席居住性 4点 ラゲージルーム 4点 操縦安定性 4点 燃費 3点
後席居住性 4点 パワー感 4点 高速安定性 4点 ステータス 3点
内装の質感 4点 トルク感 4点 しっかり感 4点 コストパフォーマンス 3点
得点合計 75/100
(Tester/松下 宏 Photo/芳賀 元昌)
クリックでタグの選択
最新ニュース
ゴルフGTIの意匠を継承したモデルといえるポロ GTI(2018/07/17)
スバルが世界標準にまで進化させた新型フォレスター(2018/07/15)
エントリーモデルながら高いポテンシャルで走りを楽しめる『up!GTI』(2018/07/09)
滑らかになったけれど、キビキビとしたフィーリングは健在の新型MINI(2018/06/29)
ついにフルモデルチェンジを迎えたクラウン。どのモデルを選んでも個性があり完成度が高かった!(2018/06/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027