新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ シビック 【一部改良】 / navi

クルマニュース

ホンダ シビック 【一部改良】 / navi

(2008/12/19)

今だからこそ新鮮に映るデザイン
スポーティなSパッケージを設定

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
スポーティな装備をもつSパッケージを設定
  • ホンダ シビック フロントスタイル|ニューモデル試乗
  • ホンダ シビック シフトレバー|ニューモデル試乗
今回の改良では新デザインのフロントグリル&バンパーを採用。2L&1.8LのGLには専用アルミやリアスポイラーなどを装備したSパッケージを設定した。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
エンジンの吹け上がり感にもう少し軽快感が欲しい
  • ホンダ シビック 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ シビック アルミホイール|ニューモデル試乗
試乗した2L車に搭載されるK20Aは現在のホンダ車の中ではやや設計が古め。吹け上がりもそれほど軽快ではない。17インチ化された足元は安定性にプラス。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
シートにアルカンターラを採用。後席の広さに改めて感心
  • ホンダ シビック フロントシート|ニューモデル試乗
  • ホンダ シビック インパネ|ニューモデル試乗
2700mmのホイールベース、後席足元のフラットフロアなど元々セダンとしての快適性は高い。専用装備のアルカンターラインテリアがさらに高級感をプラスする。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
世に出るのが早すぎた? 今だからこそ逆に新鮮
  • ホンダ シビック リアスタイル|ニューモデル試乗
  • ホンダ シビック エンブレム|ニューモデル試乗
セダン市場縮小の中、他車にはない斬新なデザインは今だからこそ新鮮。今、買うならハイブリッドだが、価格とのバランスを見るとNA車も魅力的だ。
SPECIFICATIONS
グレード 20GL“Sパッケージ”
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4535×1750×1440
ホイールベース(mm) 2700
車両重量(kg) 1280
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力 114kW(155ps)/6000rpm
最大トルク 188N・m(19.2kg-m)/4500rpm
車両本体価格 235.2万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

オーディオレスなので星2つだが、アルカンターラインテリアや17インチ専用アルミ(2L)など充実した内容をもつ。

SAFETY(安全性)

現在のラインナップではVSA(横滑り防止装置)は全グレード標準装備となる。HIDも標準装備され星4つと優秀。

ECO(環境性能)

排出ガス基準は75%低減と優秀だが、燃費基準が平成22年度基準達成のみのため星3つ。1.8L車のFFなら同基準+5%達成にアップする。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は13.6km/Lと星2つ。1.8L車の17.0km/Lと比較すると結構差が出る。この辺もやや古さを感じさせる。

VALUE(バリュー)

スポーティとコンフォートを両立させるこのパッケージは買い得感も十分。ただ燃費性能を考えると1.8Lを選ぶのが賢明。

総合評価
14
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027