新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ アコード/アコードツアラー 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ アコード/アコードツアラー 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/01/16)

充実した装備と質感は
欧州のライバル車に引けを取らない

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
欧州のライバル車と勝負できる性能と質感を向上
  • ホンダ アコードツアラー  エンジン|ニューモデル試乗
  • ホンダ アコードツアラー シフトレバー|ニューモデル試乗
  • ホンダ アコード カーナビ|ニューモデル試乗
ホンダのグローバルモデルとなるアコードも8代目。セダンとワゴンのモデル構成は先代と変わらないが、ワゴンを新たに「ツアラー」という名前に変え、欧州のライバル車に対抗できる性能と質感をもたせたのが特徴。エンジンは既発のオデッセイ アブソルートに搭載されるハイパフォーマンス版に、パドルシフト付き5ATを組み合わせる。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
静粛性は高いが車に合ったチューンが欲しい
  • ホンダ アコードツアラー 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ アコードツアラー アルミホイール|ニューモデル試乗
  • ホンダ アコード メーター|ニューモデル試乗
高速巡航時の静粛性の高さ、前後席での会話明瞭度なども高く、その部分では快適。高回転まで回しても音自体に濁りも少なく、パドルシフトを駆使すれば、よりスポーティな走りが楽しめる。しかし、オデッセイとは違うセッティングが施されたとはいえ多人数乗車時で感じる低速域のトルク不足。足回りはしなやかだが、他車に比べこれというインパクトには欠ける。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
横方向は広くなったが、前席優先のパッケージ
  • ホンダ アコード フロントシート|ニューモデル試乗
  • ホンダ アコード リアシート|ニューモデル試乗
  • ホンダ アコードツアラー ラゲージ|ニューモデル試乗
全幅&室内幅の拡大により、確かに横方向のゆとりはある。前席に乗るとそれを強く感じる。一方後席は確かに広いのだが、前席よりその印象が薄い。インパネの質感や先進的なデザインにより、パーソナル感は十分に出ているが、もう少し後席への工夫も欲しい。ラゲージは奥行きも含め十分広く、ツアラーのサブトランクなども使い勝手は良い。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
休日をゆったりと過ごしたい、そんなご夫婦に似合います
  • ホンダ アコード リアスタイル|ニューモデル試乗
  • ホンダ アコード エンブレム|ニューモデル試乗
  • ホンダ アコードツアラー インパネ|ニューモデル試乗
セダンの出来も悪くはないが、インパクトを考えると売りはツアラーであろう。ワゴン市場は縮小したとはいえ、輸入車のワゴンはコンスタントに売れている。あえてワゴンをしっかりと作り上げた点は評価したい。子育てが終わり、時間に余裕のできた夫婦が小旅行に出かけるシーンに似合いそう。リアスタイルは非常に美しく、欧州車と十分勝負できる。
SPECIFICATIONS
グレード ツアラー24iL
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4750×1840×1470
ホイールベース(mm) 2705
車両重量(kg) 1590
乗車定員 5人
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 2354
最高出力 151kW(206ps)/7000rpm
最大トルク 232N・m(23.7kg-m)/4300rpm
車両本体価格 410.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

メインに試乗した24iLは最上級グレード。メーカーオプションの設定はサンルーフとレザーパッケージくらいしかないほど、最先端のインターナビ対応カーナビやレーダークルーズなどフル装備する。

SAFETY(安全性)

VSA(横滑り防止装置)を標準装備したオデッセイと共有する部分が多いからというわけではないが、充実装備をもつ24iLは満点である。Eプリテンショナーは24TLにはメーカーオプションとなる。

ECO(環境性能)

オデッセイの標準車の評価は満点だったが、アブソールトと同じエンジンを積むアコードの場合、低排出ガス規制こそ星4つだが、平成22年度燃費基準は+5%達成止まり。もうひと頑張り欲しかった。

MILEAGE(燃費)

10・15モード燃費は11.4km/Lとこのクラスとしては優秀。ただ1.5tを超える車重と車格にはこのエンジンが必要だったのだろうが、ガソリンはハイオク仕様となる点はしっかりと理解しておきたい。

VALUE(バリュー)

欧州車にひけをとらないデザイン、国産ならではのかゆいところに手が届くほどの充実装備。安全性能も優れている。縮小したワゴン市場ゆえにユーザーを選ぶだろうが、購入した人の期待は裏切らない。

総合評価
19
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:篠原晃一、尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027