新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス IS 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

レクサス IS 【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/01/21)

350に匹敵する装備を250に与えるなど
モデルとしての熟成が図られた

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
内外装を中心に意匠を変更。安全装備の拡充もニュース
  • レクサス IS エンジン|ニューモデル試乗
  • レクサス IS シフトレバー|ニューモデル試乗
  • レクサス IS リアシートヘッドレスト|ニューモデル試乗
発売後3年を経過、今回のマイナーチェンジではグリル、フロント&リアバンパーなどを変更。350のみに設定されていたVDIMを250まで拡大設定した。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
基本の乗り味は不変だが、乗り心地は大幅に向上
  • レクサス IS 走り|ニューモデル試乗
  • レクサス IS アルミホイール|ニューモデル試乗
  • レクサス IS パドルシフト|ニューモデル試乗
やや重めでしっかりとしたステアリングの操舵感、正確なトレース能力ほか、乗り味自体は不変。一方でスポーティなバージョンSでも路面からの突き上げは減少した。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
上質な内装色の設定など、細かいながらレベルアップ
  • レクサス IS フロントシート|ニューモデル試乗
  • レクサス IS リアシート|ニューモデル試乗
センタークラスターの意匠変更は行われているが、それほど目立たないのは元がよいからか。新内装色はバージョンLに標準、Sでもオプションで選べるのがいい。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
時を重ね、熟成の領域へ。そのブランドはさらに高まる
  • レクサス IS リアスタイル|ニューモデル試乗
  • レクサス IS インパネ|ニューモデル試乗
小手先のマイナーチェンジにならなかったのはブランド自体の元々がよくできている証明。今こそ、レクサスに乗るタイミングなのかもしれない。
SPECIFICATIONS
グレード IS250“version S”
駆動方式 FR
トランスミッション 6AT
全長×全幅×全高(mm) 4585×1795×1430
ホイールベース(mm) 2730
車両重量(kg) 1570
乗車定員 5人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 2499
最高出力 158kW(215ps)/6400rpm
最大トルク 260N・m(26.5kg-m)/3800rpm
車両本体価格 414.0万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

“G-Link”対応のHDDナビなどほぼフル装備の内容。バージョンSではセミアニリン本革シートはメーカーオプション。

SAFETY(安全性)

VSC(横滑り防止装置)や電動パワステなどを統合的に制御するVDIMを250にも拡大し標準装備した点は高く評価できる。

ECO(環境性能)

低排出ガス性能は全グレード4つ星を獲得しており優秀。平成22年度燃費基準達成はIS250のみ。さらなる向上に期待。

MILEAGE(燃費)

IS250の10・15モード燃費は11.8km/L、IS350は10.0km/Lとなる。パフォーマンスとのバランスを考えると妥当か…。

VALUE(バリュー)

今回の目玉は350により近づいた250のレベルアップだ。安全装備も充実し、価格も350より80万円以上安いのは魅力だ。

総合評価
18
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027