新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW3シリーズがマイナーチェンジ 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

BMW3シリーズがマイナーチェンジ 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/01/26)

走りが楽しめる、という点ではライバルたちを寄せつけない

「BMWらしさ」とは簡単に言うと、普段使いでも乗ってわくわくできること、だと言えるが、それをベーシックにかつストレートに表現しているのが3シリーズという車である。3シリーズとして5世代目にあたる現行モデルは、2005年にデビューした。歴代モデルの例に漏れず世界的に評価も高く、日本市場でも絶大な人気を誇っているが、ライバルたちがひと通り新世代へとフルモデルチェンジしたことを受けて商品性をさらに磨くべく、2008年秋に初めてのマイナーチェンジが施された。

一見、それほど大きな変化はないように見えるが、新旧を並べてつぶさに比較すれば明らかに違っている。なかなか巧いやり方。特にフロントマスクは彫刻的になり、よりシャープになった印象だ。特徴的なキドニーグリルもぐっとワイドに。リアランプは伝統回帰でL字形に。ヘッドランプ内インジケーターと後ろライトには流行のLEDを使っている。エンジンやドライブトレインなど、メカニズム的に大きな変更点はない。走行性能をブラッシュアップするため、トレッドが20mm拡大されたことが目立つ程度だ。

現時点のラインナップは3L直噴ツインターボの335を筆頭に、直6の325、直4の320という構成で、325には4WD仕様(xDrive)の設定もある。すべて6速ATを組み合わせているのも以前と同じ。ただし、従来存在した低出力仕様2.5Lの323がラインナップから落とされた。

インテリアに目を向ければ、基本デザインに大きな変更点はない。ただし、従来に比べて4倍の解像度を誇る8.8インチのワイドモニターを搭載したり、日本仕様のiドライブボタン(NAVをMAPに)を設定したり、さらには最新(日本未発売)の7シリーズと同様のブックマークボタン+交通情報ボタンを装備するなど、機能を細やかにレベルアップ。人気モデルゆえ、ユーザーからの要望がよくメーカーに届けられていると言えそうだ。

CクラスやA4といったライバルたちが“劇的”に進化した走りをみせた今、気になるのはこのたびのマイチェンで3シリーズの走りがどう変わったか、ということ。結論から言うと大きな変化はなく、3シリーズの長所に磨きが掛かった。運転席に近づいて窓越しに見える景色がドライバーオリエンテッドだ。運転するぞ、という気にさせる。シートに腰を落ち着け、太めのハンドルを握ってエンジンをかけると、勢いのいいエグゾースト音。さらに気持ちが高ぶる。

トレッドが広くなったこと、そしてランフラットタイヤの性能向上もあってか、安定感が増した印象だ。特に325の仕上がりがいい。アクティブステアリングの印象も以前に比べると雲泥の差。かなり自然なフィールになった。

手ごたえよくきびきびとしたハンドリングは3シリーズならでは。ちょっとしたコーナーを曲がっていく瞬間に「ああ気持ちいい」と思わせるのが凄い。加えて6気筒エンジンも相変わらず素晴らしい。ハンドリングとエンジンフィールはBMW独特である。4気筒の320はやや古さが目立った。というのも、やけに重いパワーステアリングが“健在”だったからだ。4気筒にはアクティブステアリングが装備できないため、アクティブ付きの6気筒モデルとはまるで違う乗り味になっている。

走りが楽しめる、という点ではライバルたちを寄せつけないが。335のパフォーマンスは相変わらず過剰なくらいに高い。トルクが気持ちよく乗りつつも、ターボを感じさせないところがBMWらしい。以前ならM3と言っていいほどの高性能、フツウは必要ないだろうが、3シリーズを極めたい人はどうぞ。

今回登場した車、メーカーたち

BMW3シリーズ

思いのほか値落ちしているマイナーチェンジ前はお得かも

ライバルの車たち

M・ベンツCクラス

デビューしたてとあってまだまだ高値

シトロエンC5

強烈な個性を前面に押し出しエンスーに人気

アウディA4

一回り大きくなってすべてが事足りてしまうエントリーモデル

VWパサート

高品質な割にリーズナブルになる中古車

プジョー407

シトロエンC5の兄弟車はネコ足で勝負

フォトコレクション

写真:変わっていないようで、変わった|試乗by西川淳
変わっていないようで、変った

フロントマスクは彫刻的になり、よりシャープになった印象だ。特徴的なキドニーグリルもぐっとワイドに。そのほかトレッドが20mm拡大されたことが目立つ程度だ

写真:日本専用部品まで装着している|試乗by西川淳
日本専用部品まで装着している

日本市場向けに専用のドアアウターハンドルを採用し、全幅を1800mm以内に収めたことで、数字上で拒否された立体駐車場への駐車が可能になった。これはなかなか凄い配慮だ

写真:ハードウェアの進化ぶりはPC並み|試乗by西川淳
ハードウェアの進化ぶりはPC並み

従来に比べ4倍の解像度を誇る8.8インチモニターを搭載したり、日本仕様のiドライブボタン(NAVをMAPに)を設定したり、さらには最新(日本未発売)の7シリーズと同様の装備も

写真:エンジンの気持ち良さは相変わらず|試乗by西川淳
エンジンの気持ち良さは相変わらず

4気筒にはアクティブステアリングが装備できないため、アクティブ付きの6気筒モデルとはまるで違う乗り味になっている。ツインターボ搭載の3.5Lエンジンはかなりの逸品

写真:セダン同様に走りを満喫できる|試乗by西川淳
セダン同様に走りを満喫できる

ステーションワゴンモデルのツーリングも同様にマイナーチェンジした。乗って楽しいと思いたい人にはBMWが一番。ドライビングプレジャーを追求すればクラス随一

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
【試乗】新型 ボルボ S60|スポーティさとコンフォートな乗り心地を両立したボルボのフラッグシップセダン(2019/11/16)
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
【試乗】新型 ルノー トゥインゴ|小さくとも満足感のいく乗り心地と走り(2019/11/08)
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027