新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スマート フォーツー mhd 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

スマート フォーツー mhd 【マイナーチェンジ】 / navi

(2009/01/28)

見た目ファンシー系、中身は超社会派系

  • スマートカブリオ フォーツー mhd 走り|ニューモデル試乗
  • スマート フォーツーカブリオ mhd リアスタイル|ニューモデル試乗
↑8km/h以下でエンジンが切れるが、実際は停車とほぼ同時に止まるイメージで、違和感はない(左)初代スマートの初期モデルはややガサツな感触もあったが、最新世代のスマートの走りは「上質!」とさえいえるレベルだ
ハイブリッドというとエンジンと電気モーターとのハイブリッド(雑種)をイメージするが、新たに登場したスマート フォーツー mhd(マイクロハイブリッドドライブ)は、オルタネーターにスターター機能を与えたアイドリングストップ機能付き……という意味。具体的には8km/h以下になると自動的にエンジンがストップし、ブレーキから足を離すと同時にエンジンがかかる、というものだ。

その昔、テレビ番組で「車はエンジン始動時に多量の燃料を使うため、アイドルストップをすると燃費は逆に悪くなる」という話を聞いた記憶がある。しかし実態はさにあらずのようで、インポーターの説明によると、エンジン始動時に必要な燃料はアイドリング5秒分に過ぎないとのこと。ということは、信号待ちなどで5秒以上停止する場合には、アイドルストップはかなり有効なわけだ。

では、そのドライブフィールならぬ「アイドルストップ&スタートフィール」はどんな塩梅か、報告しよう。

「これからのコンパクトカーかくあるべし!」

  • スマート フォーツーカブリオ mhd インパネ|ニューモデル試乗
  • スマート フォーツーカブリオ mhd シート|ニューモデル試乗
↑内装の質感もまずまず。10・15モード燃費は23km/hをマークしている(左)完全2人乗りであることを割り切れば、キャビンは意外に広々と感じるかも(右)
8km/hでエンジンが切れるといわれると「まだ走ってるうちにエンストするんかい!?」と思うが、実際は停止とほぼ同時にエンジンがスッと止まるイメージで、違和感はゼロ。急に静寂となった室内に、周囲の車が発するやかましいアイドリング音が流れ込んでくる。「無駄にガソリンを撒き散らしやがって……」と、なぜか急に上目線で周囲を睥睨するワタシ。信号が変わり、ブレーキペダルから足を離すと瞬時に(実際は0.35秒後に)エンジンがかかるわけだが、ストップ時のような自然な「切り替わりフィール」ではなく、ブルルルッという若干安っぽい身震いを伴う。が、これはスマートの車格と価格を考えれば致し方ない部分だろう。

ブレーキから足を離せば0.35秒でエンジンがかかるとはいえ、流れの速い幹線道路へ停止状態から合流する場合などは、その0.35秒のタイムラグがドライバーに軽い恐怖を与える。しかし本来、そういったシーンでは車の流れが十分に途切れるのを待って合流するべきゆえ、これもまた非難するのはお門違いだ。

また、縦列駐車の際などにいちいちエンジンがストップしてわずらわしい場合には、システムのキャンセルボタンを押せば超低速でもエンジンはカットされない。「これからのコンパクトカーかくあるべし!」と強く思わせる、カワイイ見た目と裏腹な、硬派かつ社会派な一台であった。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード フォーツーカブリオ mhd
駆動方式 2WD
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 2720×1560×1540
ホイールベース(mm) 1865
車両重量(kg) 850
乗車定員(人) 2
エンジン種類 直3DOHC
総排気量(cc) 999
最高出力[ps/rpm] 71ps/5800rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 9.4kg-m/4500rpm
10・15モード燃費(km/L) 23.0
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/33
車両本体価格 213.0万円
(Tester/谷津正行(インポートカーセンサー デスク) Photo/向後一宏)
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027