新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキアルトラパンは制約のなかの優れもの 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

スズキアルトラパンは制約のなかの優れもの 【試乗by西川淳】 / navi

(2009/02/02)

超実用車なのに遊び心もちゃんと盛り込んできた

軽自動車は、超のつく実用車。だから燃費ももっとがんばってもらいたいし、いつまでも生活者の味方でいてほしい。その一方で、あまりに車として完成度が高くなりすぎると、逆に厄介なことになりやしないかと心配。だって、そもそも軽自動車って、小型乗用車に比べて何かを我慢したり妥協しなきゃいけないから、税制とか優遇されているわけで…。

これだけデキが良くなってくると、どうしても不公平感って出てくる。ワゴンRなんてすごいもんね。縛り=軽規格そのものも、良し悪しだな。規制があったからここまで進化できた(実に日本的で素晴らしい)とも言えるし、軽の規格に縛られているうちは世界に通用するミニカーを作れない気もするし。難しいよね。まあ、いまは内需拡大、日本オリジナルな車であればいいとは思う。将来的には軽のユーザーがごっそり電気自動車に乗り替えるかも、だし。

それはさておき、ラパン。実用の軽だからこそ、遊び心って必要だと思う。ボクはこういうの、割と好きです、実は。ヤンママ向きの強面仕様もいいけど、微笑ましいくらいにほっこり温かい雰囲気って、軽に似合うと思うんだよなあ。で、やるからには徹底的に貫き通してほしいな、と。中途半端に可愛くするから“しょっぱく"見えるんであって、やり抜けばファンも増える。そういう意味では新型ラパン、けっこうやり抜いてる。だから、第一印象がいい。

専用インパネ、よくできている。バブル期の日産パイクカーを思い出した。ちょっと前のスズキ車じゃ考えられない。オーディオ回りのデザインなんか、ホント、恐れ入りましただもの。カラードの明るい内装がやっぱりいいな。ターボで選べないのが残念。黒しかないんだよね、ターボには。変じゃない?

シートもいい。広さや空間的なことはもちろん、感触や座り心地がいい。色合いやデザインもいい。センスが良くなってきた。ヒップポイントも高くなって、運転もしやすい。室内で不満は、ハンドルとシフトレバーかな。周りのデキがあまりに良すぎて、完全に浮いてしまっている。日常的に触る(当たり前だね)ところだけに、もうひと工夫ほしかった、なんて言うのは贅沢すぎるかな。それこそ、軽なんだしねえ。

走りはといえば、ワゴンR由来のものだけに、ほとんど文句なし。というか、ホイールベースがワゴンRより40mm長いぶん、街中でもしっとりしているし、リアタイヤの動きや反応も自然。ワゴンRで気になった、タウンユースの乗り心地の悪さもほぼ気にならないレベルに。ただ、パワーステアリングの初期応答に若干、違和感があった。

エンジンは、そりゃターボであるにこしたことはないけれど、NAでも不満なし。燃費を考えるとCVTを選びたい。昔のように、音だけ盛大で前に進まない、なんてことないからね。個人的には、やっぱりウサギらしく時にはすばやく走りたいのでターボが欲しいところだけど、そうすると2トーンカラー(Xのみ)もカラフル内装も選べない。やっぱり買うならXかな、なんて四十過ぎのおっさんに思わせるあたりが、もう凄いっしょ?

今回登場した車、メーカーたち

スズキアルトラパン

超実用主義のなかの遊び心がイイ

ライバルの車たち

スズキワゴンR

日本で一番人気の軽自動車

三菱eKワゴン

質実剛健にまとめられた渾身の力作

スバルステラ

スライド式リアシートが特徴的

ホンダザッツ

箱型をカッコよくデザインに生かした

スバルR2

コンセプトカーが販売されたかのような衝撃

ダイハツソニカ

ロングホイールベースと低重心で長距離もラク

フォトコレクション

写真:ちゃんとデザインされている|試乗by西川淳
ちゃんとデザインされている

ミニやフィアット500といったヨーロッパのコンパクトカーから拝借している気もするけど、それはご愛嬌。この値段で彼らに負けない作り込みをやってのけたことをまずは評価したい

写真:曲線と直線を融合させたカタチ|試乗by西川淳
曲線と直線を融合させたカタチ

角張っているようで、ちゃんと丸みを帯びたデザインに仕上げられている。ボディパネルの節々に直線のアクセントを入れているからなせる業。意外とがんばっています

写真:走りはワゴンR以上かも|試乗by西川淳
走りはワゴンR以上かも

ホイールベースがワゴンRより40mm長いぶん、街中でもしっとりしているし、リアタイヤの動きや反応も自然。タウンユースの乗り心地もワゴンRほど気にならない

写真:本当にセンスの良さが光る|試乗by西川淳
本当にセンスの良さが光る

シートもいい。広さや空間的なことはもちろん、感触や座り心地がいい。色合いやデザインもいい。センスが良くなってきた。ヒップポイントも高くなって、運転もしやすい

写真:ウサギマークはラパンのチャームポイント|試乗by西川淳
ウサギマークはラパンのチャームポイント

室内で不満は、ハンドルとシフトレバーかな。周りのデキがあまりに良すぎて、完全に浮いてしまっている。日常的に触るところだけに、もうひと工夫ほしかった

Report / 西川 淳

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027