新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 フェアレディZ 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 フェアレディZ 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2009/02/06)

性能が大きく“Jump”した新型フェアレディZ
所有する喜びが得られる希有なスポーツカー

PERFORMANCEエンジン種類やミッション、最新装備などを解説
Z33の延長線上からさらに大きくジャンプした新型
  • 日産 フェアレディZ エンジン|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ シフトレバー|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ パドルシフト|ニューモデル試乗
初代S30から約40年。「もはややり尽くした(CPS=開発責任者の湯川伸次郎氏)」という旧型Z33から、その性能を大きく「Change」ではなく「Jump」とすることでZ33の延長線上に置かれた新型。エンジンは336psを発揮する最新型のVQ37VHR、これに世界初の機構を搭載する6MT、そしてATも一気に7速化するなど注目ポイントが満載だ。
DRIVING実際に運転してのドライビングフィールを解説
攻めれば確かに速いが、普通に流すだけでも凄い
  • 日産 フェアレディZ 走り|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ アルミホイール|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ メーター|ニューモデル試乗
小難しい理屈はいらないと思う。スキルのあるドライバーが攻めれば凄いパフォーマンスを発揮するだろうが、流して走るだけでも車との一体感や気持ちよさは誰でも感じ取れる。6MTに搭載する新開発のシンクロレブコントロールは回転数をピシッと合わせてくれるし、新7ATのダイレクト感もたまらない。これを“カイカン”と言わずして何と言うのだろうか。
SPACE室内空間の広さや演出を解説
質感の大幅な向上、特にシートの出来に注目せよ
  • 日産 フェアレディZ 3連メーター|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ フロントシート|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ ラゲージ|ニューモデル試乗
別にZ33が悪いというわけではないが、室内のそれぞれのパーツは一種のつながり感が欠けていた気がする。しかしZ34は操作&機能性も高めながらしっくりとくる質感に好感がもてる。またシートの材質は今回特に滑りにくいものを採用しているというが、これはよく考えられている。ステアリングと並んで一番身体が触れる場所ゆえに、この進化は凄い。
OWNERSHIPスタイルや品質など所有する喜びなどを検証
湯川さん、加藤さんありがとう。日本にはいい車があります
  • 日産 フェアレディZ リアスタイル|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ エンブレム|ニューモデル試乗
  • 日産 フェアレディZ インパネ|ニューモデル試乗
テレビCMでもおなじみの現代の名工こと加藤博義さんにお話を聞いたが、ハードドライビングとかではなく、デイリーユースでの気持ち良さを作り込んだとのこと。ゆえにサーキットのタイムとは無縁。「車は人が作る」は名コピーだが、本当にその通り。日本にはいいスポーツカーがあります。所有する喜びが得られる希有な一台だろう。
SPECIFICATIONS
グレード バージョンST
駆動方式 FR
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4250×1845×1315
ホイールベース(mm) 2550
車両重量(kg) 1520
乗車定員 2人
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3696
最高出力 247kW(336ps)/7000rpm
最大トルク 365N・m(37.2kg-m)/5200rpm
車両本体価格 435.75.1万円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する
EQUIPMENT(装備)

カーウイングス対応ナビはオプション扱いだがバージョンSTとTにはBOSEサウンドシステムが標準装備。スポーツカーにおけるオーディオとはどうあるべきかを形にした良質な音を聴かせてくれる逸品。

SAFETY(安全性)

VDCはもちろんエアバッグはサイドのほか、カーテンシールドタイプも全車標準装備する。また万が一歩行者との接触の際にもポップアップフードで傷害を軽減するなど、現状でも十分な内容をもつ。

ECO(環境性能)

平成17年基準排出ガスは50%と星3つを達成。スポーツカーだから3つでいいというわけではないが、より実際の走行に近く、厳しいJC08モード試験によるもの。さらなる性能向上に期待したい。

MILEAGE(燃費)

バージョンSTのMT車の10・15モード燃費は9.5km/L。AT車は9.4km/Lとその差は少ない。大幅にパフォーマンスアップしながらAT車は旧型より燃費性能を向上させているのだからここは素直に褒めたい。

VALUE(バリュー)

CPS(開発責任者)を務めた湯川氏が発表会で述べた「Z33から大きくジャンプした」という意味は試乗することでさらに理解することができた。Zの持つ価値は今後の進化も含め極めて高い位置にある。

総合評価
16
RATING 総合評価|ニューモデル試乗
写真:尾形和美、篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027